ワークフローの例

素晴らしい例を見て、作成できる様々なタイプのワークフローについて詳しく知りましょう。

このページの例に加えて、以下の方法でもワークフローを見つけることができます。

注文作成時に実行されるワークフロー

  • 注文にディスカウントが含まれるかどうかに基づいてお客様にタグを付けます。

ワークフローの例

ダウンロードの例

  • 注文金額に基づいて、お客様にロイヤリティータグを追加します。

    ワークフローの例
    ダウンロードの例

  • お客様の購入総額に基づいて顧客タグを使用し分類することで、ロイヤリティーおよび顧客維持のイニシアチブを簡単に実装できます。

    ワークフローの例
    ダウンロードの例

Shopifyによって注文のリスクが分析されたときに実行されるワークフロー

注文のリスクレベルが高いときに、その注文にタグを付けるとメールが届きます。リスクレベルが中程度または低い場合は、支払いを確定します。

ワークフローの例
上記のワークフローが機能するように、支払いを手動で確定するようにストアを設定する必要があります。

ダウンロードの例

注文が支払われたときに実行されるワークフロー

  • トップ顧客が大量注文を作成するときに報酬を与えます。支払われた注文の合計金額が500ドルを超える場合は、顧客タグを追加して顧客サービスチームにお客様へ個人的な感謝を送信するようSlackメッセージを送信します。
    ワークフローの例
    ダウンロードの例

注文がフルフィルメントされたときに実行されるワークフロー

  • 卸売注文が地域でフルフィルメントされたときに、オンボーディングコールを開始するように、ローカライズされた法人営業担当者に指示します。
    ワークフローの例
    ダウンロードの例

注文が返金されたときに実行されるワークフロー

商品の在庫が変更されたときに実行されるワークフロー

  • 商品がほとんど売り切れになったら、販売元に再注文のメールを送ってください。このタイプのワークフローでは、在庫変更前後の両方の量をチェックする必要があります。在庫が変更された後にのみ量を確認する場合、商品が再補充されるまで、注文のたびに再注文メールが送信されます。

    ワークフローの例
    上記の例では、ストア内に6枚のTシャツがあります。JohnがTシャツを1枚注文します。在庫が5になり、再注文のメールが送信されます。その後、KarimがTシャツを1枚注文します。在庫が4になりましたが、再注文のメールは送信されません。Product variant inventory quantity prior条件を省略した場合、Karimの注文後に別のメールが送信されます。

    ダウンロードの例

  • 商品が在庫切れで、中止タグがある場合は、オンラインストアから商品を非表示にし、手動コレクションから削除します。

    ワークフローの例

    ダウンロードの例

  • 顧客には、商品の在庫がなくなったときに再注文されていることを通知します。在庫切れの商品に間もなく公開タグを付けます。テーマを編集して、商品はすぐに利用可能になるメッセージをストアに表示します。

    ワークフローの例

    ダウンロードの例

商品が追加されたときに実行されるワークフロー

商品タイトルに基づいて、新しく作成された商品に自動的にタグを追加します。商品のタイトルにT シャツという単語が含まれている場合は、T シャツの商品タグを追加して、手動コレクションに追加します。

ワークフローの例

ダウンロードの例

顧客作成時に実行されるワークフロー

メールアドレスに基づいてお客様にタグを付けます。作成されたお客様のメールに.eduが含まれている場合は、次のように教育用のディスカウントタグを追加してください。

ワークフローの例

ダウンロードの例

以下のリストには、テンプレートまたLiquid変数を使用したメッセージとメモの例が含まれています。

テンプレート変数とLiquidの例

テンプレートまたLiquid変数を使用したワークフローアクションの例

  • たとえば、お客様が500ドル以上の注文をしたときにメールを送信するワークフローがあります。
To Joe@mycompany.com

Please send a personal thank you note to {{order.customer.firstName}} {{order.customer.lastName}}({{order.customer.email}}) for placing an order for  {{order.totalPrice}}

Jeanne Dupontというお客様が1000ドルの注文を作成すると、以下のメッセージがワークフローによって送信されます。

Joe@mycompany.com

Please send a personal thank you note to Jeanne Dupont (jeanne@jeanneemail.com) for placing an order for $1000.00
  • 以下の例では、販売を中止した商品のタイトルがメッセージに表示されます。
Discontinued product {{product.title}} has just hit an inventory level of 0.
  • 以下の例では、バリエーション名がメッセージに表示されます。
Please pause all ad campaigns involving {{product_variant.title}}.
  • 以下の例では、お客様の名前とメールアドレスが、最後の注文の合計とともにメッセージに表示されます。
Please send a personal thank you note to {{order.customer.firstName}}({{order.customer.email}}) for placing a recent order for  {{order.totalPrice}}
  • 以下の例では、商品名がメッセージに表示されます。
Please reorder {{product.title}}. Email owner@store.com to verify that they've received the purchase order.
  • 以下の例では、注文IDがメッセージに表示されます。
{{order.id}} has been cancelled due to high risk.
  • 以下の例では、注文番号、お客様の名前、およびメールアドレスがメッセージに表示されます。
Our Shopify store has received an order with a high risk of fraud. We would like to cancel this order right away, before it is sent to production:

      {{order.name}}
      {{order.billingAddress.lastName}} {{order.billingAddress.firstName}}
      {{order.email}}

Please confirm the new order status. Thanks!
  • 以下の例では、お客様の名前、メールアドレス、最後の注文の合計金額が、管理画面の注文へのリンクと合わせてメッセージに表示されます。
Please send a personal thank you note to
{{order.customer.firstName}} ({{order.customer.email}}) for placing a recent order for $ {{order.totalPrice}}

View order: https://store.myshopify.com/admin/orders/{{order.id}}

関連リンク

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す