ワークフローのガイドラインと制限事項

リスクの分析、在庫の確認、注文の取り消しといったワークフローのヒントを含む、ワークフローを作成するためのガイドラインです。

ワークフローのタイミング

通常、ワークフローはすぐに実行されます。ただし、トリガーが実行されてからそのアクションが完了するまでに時間がかかる場合があります。Shopify Flowでは、ワークフローの開始または終了のタイミングを保証できません。

リスク分析のワークフロー

注文のリスク分析トリガーを選択することにより、注文のリスクレベルをチェックするワークフローを作成できます。このタイプのワークフローには他のトリガーを使用しないでください。

注文のリスク分析トリガーおよびその条件は、Shopifyリスク分析の結果のみを参照します。外部サービスの不正解析アプリの結果は適用されません。

注文のリスクレベルが高い場合、注文にタグを追加し、カスタマーサービスチームに注文を確認するよう通知できます。リスクレベルが中または低程度でストアが手動で支払いを確定するように設定されている場合、ワークフローで支払いを確定できます。

ワークフローの例

支払い確定のワークフロー

支払いを確定するアクションを使用して、注文の支払いを確定できます。ただし、支払いを手動で確定するようにストアを設定する必要があります。ワークフローによって自動支払いの確定が中断されることはありません。

在庫を追跡するワークフロー

在庫の変更を追跡するワークフローを作成するには、在庫数量の変更トリガーを使用します。条件を作成する場合、Product variant inventory quantityProduct variant inventory quantity priorの両方の条件を持つものを含めます。

Product variant inventory quantity prior条件は、在庫がProduct variant inventory quantity条件と最初に一致したときに初めてワークフローが実行されるようにします。quantity prior条件を使用しない場合、ワークフローが予想よりも頻繁に実行される可能性があります。

  • たとえば、バリエーションの在庫が5件未満のときに通知するには、Product variant inventory quantityを5に設定し、Product variant inventory quantity priorを6に設定します。

    ワークフローの例

    上の例では、ストア内に6枚のTシャツがあります。JohnがTシャツを1枚注文します。在庫が5枚になると再注文のメールが送信されます。その後、KarimがTシャツを1枚注文します。在庫が4枚になりましたが、再注文のメールは送信されません。Product variant inventory quantity prior条件を省略する場合、Karimの注文後にさらにメールが送信されます。

  • たとえば、バリエーションの在庫が100件を超える場合に通知するには、Product variant inventory quantityを100に設定し、Product variant inventory quantity priorを99に設定します。

注文をキャンセルするワークフロー

注文をキャンセルするアクションを使用して、注文をキャンセルできます。しかし、このアクションによってお客様に返金をすることはできません。管理画面から返金を行う必要があります。注文をキャンセルするワークフローを作成する場合、簡単に見つけて返金することができるように注文にタグを付けることを検討してください。

注文をキャンセルするアクションを使用し、Shopifyで在庫を追跡する場合、アイテムを補充する時期を決定する必要があります。ワークフローによるアイテムの補充、または注文の返金時にアイテムの補充が可能です。ほとんどの場合、注文を返金する際に商品を補充するのが最善です。

注文を返金するまで商品の補充を待つことができる場合、注文をキャンセルするアクションで、[この注文の商品を補充する] が選択されていることを確認します。

注文されたアイテムを補充しない**注文をキャンセルする**アクションの設定。

注文がキャンセルされたときに注文された商品を補充する必要がある場合、注文を返金するときに [アイテムを補充する] オプションを無効にする必要があります (無効に設定しない場合、同じ商品をもう一度補充する可能性があります)。

アイテム補充オプション付きの支払いの返金が無効化されました

手動でワークフローをトリガーする

ワークフローを手動で開始することはできません。すべてのワークフローは、Shopify Flowまたはアプリから、トリガーを使って開始します。

下書き注文また注文のワークフローをトリガーする

注文に影響を与えるワークフローは、注文が下書き中の場合は適用されません。下書きが注文に変換された後に注文ワークフローが適用されます。

コネクターの制限事項

アプリのトリガーはアプリのアクションとペアリングすることができますが、Shopifyのアクション (お客様タグを追加するなど) とペアリングすることはできません。

アクションはShopifyおよびアプリのトリガーとペアリングできます。つまり、アプリのアクションを使用するワークフローは、Shopify Flowからのトリガー (注文を作成しましたなど) またはアプリからのトリガーで開始することができます。

ワークフロー内でタグを使用する

注文、商品、お客様に関連付けられているタグが250個を超える場合、タグが関係する条件を含むワークフローが動作しない可能性があります。

関連リンク

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す