お客様セグメンテーションに移行する

保存されたお客様検索をお客様セグメンテーションにShopifyが移行したときに、既存のすべての保存された検索は自動的にお客様セグメントに変換されました。新しいお客様セグメントでは、保存された検索とまったく同じ条件と同じ名前を使用します。新しいお客様セグメントでは、同じお客様リストも生成します。

新規のお客様がお客様セグメントの条件と一致すると、そのお客様セグメントに自動的に追加されます。既存のお客様が条件と一致しなくなると、自動的に削除されます。

保存された検索に基づくお客様グループを以前使用していたディスカウントでは、保存された検索を置き換えるために作成されたお客様セグメントを使用する必要があります。

例外的に正確に移行できなかった保存された検索

保存された検索はすべて、お客様セグメントに移行されました。ごく一部のマーチャントで、保存された検索を正確に移行できなかった可能性があります。この主な原因として、保存された検索でデフォルトの絞り込み条件ではなく、フリーテキストが使用されていたことが挙げられます。この場合でも、保存された検索の代わりとなるお客様セグメントが作成され、同じお客様で構成されています。

そのお客様セグメントと関連付けられているお客様プロフィールには、プリフィックスArchived saved searchが付いたタグが割り当てられています。たとえば、保存された検索の名前がInternational-VIPsの場合、その保存された検索と関連付けられているすべてのお客様プロフィールには、Archived saved search: International-VIPsという名前のタグが割り当てられています。

正確に移行できなかった保存された検索を管理する

[顧客管理] ページで、保存された検索を正確に移行できなかったお客様セグメントには、その名前の横に青色の円で囲まれたiアイコンが表示されます。

The i icon is displayed next to customer segments that could not be migrated precisely

正確に移行できなかった保存された検索を使用していたディスカウントがある場合、[ディスカウント] ページのディスカウントの横にもiアイコンが表示されます。ディスカウントをクリックすると、ディスカウント詳細ページの [お客様のディスカウント資格] セクションに、お客様セグメントの名前とiアイコンが表示されます。

お客様セグメントを修正する

移行中に作成されたタグとタグに基づくお客様セグメントは引き続き使用できます。この場合、お客様プロフィールからタグを手動で追加または削除する必要があります。お客様プロフィールの編集について詳しくはこちらをご覧ください。

または、タグに基づくお客様セグメントの代わりに、自動的にお客様を追加したり削除したりできるお客様セグメントに置き換えることができます。お客様セグメントについて詳しくはこちらをご覧ください。

ディスカウントを修正する

以前、ディスカウントをお客様グループに関連付けることができました。現在、それらのディスカウントはお客様セグメントに関連付けられています。ほとんどの場合、ディスカウントは正しく、想定どおりに機能します。ただし、正確に移行できなかったお客様セグメントにディスカウントが関連付けられている場合、次のいずれかの手順を実行できます。

  • [顧客管理] ページに移動し、移行されたお客様セグメントを編集します。[ディスカウント] ページから、ディスカウント詳細ページの [お客様のディスカウント資格] セクションでお客様セグメントが最新の状態であることを確認します。

  • [ディスカウント] ページに移動し、ディスカウント詳細ページの [お客様のディスカウント資格] セクションからお客様セグメントを削除し、そのディスカウントに別のお客様セグメントを選択します。

ディスカウントの作成と編集について詳しくはこちらをご覧ください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す