メタフィールドベースのお客様セグメントの絞り込み

お客様のメタフィールド定義を作成した場合、そのメタフィールドを絞り込みとして使用できます。お客様セグメントは、以下のデータタイプを使用したメタフィールドからのみ作成できます。

  • 日時
  • number
  • text
  • trueまたはfalse

メタフィールドについて詳しくは、こちらをご覧ください。

開発者は、メタフィールドの開発者向けドキュメントを参照できます。

演算子 利用可能な演算子は、メタフィールドで使用されているコンテンツタイプによって異なります。

日時:

  • 過去7日間: >= 7_days_ago
  • 過去30日間: >= 30_days_ago
  • 過去90日間: >= 90_days_ago
  • 過去12か月: >= 12_months_ago
  • 日付どおり: =
  • 日付以前: <=
  • 日付以降: >=
  • 日付の間: BETWEEN <date1> AND <date2>
数値:

  • 一致する: =
  • 一致しない: !=
  • 上回る: >
  • 下回る: <
  • 以下: <=
  • 以上: >=
  • 2つの値の間: BETWEEN
定義された値を含むテキスト:

  • 含む: CONTAINS
  • 含まない: NOT CONTAINS
定義された値を含まないテキスト:

  • 一致する: =
  • 一致しない: !=
trueまたはfalse:

  • 一致する: =
  • 一致しない: !=
存在するまたは存在しない:

  • 存在しない: IS NULL
  • 存在する: IS NOT NULL
数値 利用可能な値は、その値がメタフィールドに追加されたかどうか、またはデータをメタフィールドに取り込むために外部アプリを使用するかどうかによって異なります。値を手動で入力する必要がある場合があります。
フォーマット 入力されるデータのフォーマットは、メタフィールドに設定された内容によって異なります。

ポイント残高の例:
customer.points_balance >= 100

メモ
  • 絞り込み名はメタフィールドの名前に基づいて表示されます。コードは、メタフィールドのネームスペースとキーに基づいています。
  • お客様セグメントにメタフィールドを使用する一般的な使用例には、ポイント残高、ロイヤリティと報酬、お客様の誕生日があります。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す