Store Importerアプリを使用してMailchimpから連絡先をインポートする

このページでは、Store Importerアプリを使用して、MailchimpからShopifyに連絡先をインポートする方法について説明します。

Mailchimpから連絡先をエクスポートする

連絡先リストをShopifyにインポートする前に、Mailchimpから連絡先リストをエクスポートする必要があります。Mailchimpからエクスポートするお客様グループを見つけ、エクスポートするフィールドを選択して整理します。

Store Importerアプリのしくみ

Store Importerアプリを使用して、Shopifyのお客様リストに一致するメールアドレスまたは電話番号がないか確認します。

  • 一致がない場合は、新しいお客様レコードが作成されます。

  • 一致するメールアドレスがある場合:

    • メールマーケティングでは、連絡先がMailchimpのメールを購読している場合にはtrueに設定され、連絡先がメールを購読していない場合にはfalseに設定されます。Shopifyストアの既存のお客様があなたからのメールをオプトインまたはオプトアウトすることを選択していた場合、Store Importerアプリは両方のプロフィールで決定日付を比較し、最新の設定を選択します。
    • 次の表に示すように、すべての空白フィールドがインポートされます。
    • その他のフィールドはどれも変更なくインポートされます。
  • 一致する電話番号があっても別のメールアドレスがあると、Shopifyのお客様レコードは変更されません。

英語以外の言語のお客様リストはサポートされていません。インポートするフィールドが表の例と一致していることを確認してください。

次の表では、Mailchimpの連絡先のどのフィールドが、Shopifyのお客様レコードにインポートされるかを表しています。

インポートに関するShopifyとMailChimpのお客様レコードの比較
Shopifyのフィールド Mailchimpのフィールド 追加の詳細
電話番号 電話番号 (書式が正しい場合) 書式が正しくない電話番号はお客様に関するメモに追加されます。
メールマーケティング 購読しているか、購読を解除しているか サインアップされている連絡先の場合、メールマーケティングtrueに設定され、登録されていない連絡先の場合はfalseに設定されます。
国 (お客様の住所で指定された国)
住所 住所 (アメリカの住所で、書式が正しい場合) アメリカの住所でない場合、または書式が正しくない場合、お客様に関するメモとして追加されます。
お客様に関するメモ NOTES、OPTIN_TIME、TIMEZONE、誕生日、ウェブサイト、住所、および電話番号 (無効の場合) これらのフィールドの値は、お客様に関するメモにメモとして追加されます。

Shopifyに連絡先をインポートする

Mailchimpからリストをエクスポートすると、コンピューターにZIPファイルがダウンロードされます。

手順:

  1. 管理画面から、[アプリ] > [ストアをインポートする] をクリックします。

  2. データをShopifyにインポートするページで、ドロップダウンメニューから [MailChimp] を選択します。

  3. [ファイルを追加する] をクリックし、コンピューターからMailchimp ZIPエクスポートファイルを選択します。

  4. [インポート] をクリックします。

インポートが完了すると、サマリーページに詳細が表示されます。インポート中にお客様の連絡先情報が変更された場合、インポートサマリーの [レビューするお客様] セクションで、[お客様を表示する] をクリックして連絡先情報を編集します。

Shopifyへのインポートを削除する

インポートされたお客様リストを削除する場合は、30日以内に削除する必要があります。インポートされたお客様リストを削除すると、特定のインポートセッションで追加されたお客様のみが削除され、既存のお客様には影響しません。

手順:

  1. 管理画面から、[アプリ] > [ストアをインポートする] をクリックします。

  2. データをShopifyにインポートするページで、ドロップダウンメニューから [MailChimp] を選択します。

  3. 削除するインポートのサマリーの下にある [インポートを削除する] をクリックします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す