ドメイン関連の用語

「ドメイン」または「ドメイン名」とは、利用者があなたのインターネット上のウェブサイトにアクセスする際に使用するアドレスです。ドメインは、ウェブブラウザー (Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safariなど) のアドレスバーに表示されます。

Shopifyまたは外部のドメインレジストラからカスタムドメイン名を購入することができます。

ドメインを購入すると、ルートドメインを選択し、オンラインストアのサブドメインを作成できます。

いくつかの用語を理解するのに役立つ、ドメインに関する一般的な用語の定義を以下に示します。

Aレコード

Aレコードは、ドメイン名に関連付けられたIPアドレスがあるかを確認するためのDNS設定です。ここでは、AレコードにShopifyのIPアドレスを指定する必要があります。

別名: アドレスレコード、ホストレコード

CNAMEレコード

CNAMEレコードは、サブドメインに別のドメイン名を指定するためのDNS設定です。ここでは、shops.myshopify.com Copy を使用して、CNAMEレコードにShopifyでホストされているドメインを指定する必要があります。

別名: CNAMEリソースレコード、エイリアス

DNS

Domain Name System (DNS) はドメイン名のデータベースです。すべてのドメインには独自のDNSエントリーが付いています。DNSエントリーでは、ドメイン名を整理し、単語 (shopify.comなど) を数値 (ShopifyのIPアドレスである23.227.38.32など) に変換します。このため、ユーザーはIPアドレスを覚えていなくてもウェブサイトにアクセスすることができます。通常このプロセスはバックグラウンドですばやく動作していますが、ドメインをShopifyストアに接続する際には、DNS設定の変更が必要な場合があります。

別名: DNSレコード、DNS設定、リソースレコード、DNSファイルゾーン

ドメイン名

ドメイン名は、利用者があなたのインターネット上のウェブサイトにアクセスする際に使用するアドレスです。これはウェブブラウザーのアドレスバーに表示され、特定のIPアドレスと関連付けられています。

別名: ドメイン

ドメインプロバイダー

ドメインプロバイダーは、ドメイン名を登録する代行業者です。通常、ドメインをサブスクリプションベースで購入し、ドメインプロバイダーに定期的に料金を支払うことでドメイン名を継続的に使用します。

別名: ドメインレジストラ、ドメインホスト

Eメール転送

メール転送は、独自ドメインのメールを、Gmail、Outlook、Yahoo、または別のプロバイダーを使用して既存のメールアカウントに誘導するサービスです。たとえば、あなたがドメイン名johns-apparel.comを所有している場合、お客様へのメールinfo@johns-apparel.comを作成できます。お客様がメールをinfo@johns-apparel.comに送る際、そのメッセージは、たとえば、john@gmail.comといった既存の個人アカウントに転送されます。

ICANN

Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN) は、DNS (Domain Name System) やその他のインターネットプロトコルの運営および管理を行う組織です。

IPアドレス

IPアドレスは、インターネット上のコンピューターやデバイスの位置を特定し、他の機器と識別するための固有の数字列です。IPアドレスは、インターネットに接続されたコンピューター間での通信に必要です。

ShopifyのIPアドレスは 23.227.38.32

別名: Internet Protocolアドレス

MXレコード

MXレコードは、ドメイン名にメールサーバーを指定するためのDNS設定で、独自ドメインでメールを処理するために使用されます。MXレコードを1つ以上設定して、バックアップ用メールアドレスを追加することで、メインのメールサーバーが停止した場合でも確実にメールを受信することができます。

別名: Mail Exchangeレコード、Mail eXchangerレコード、メールサーバーレコード

プライマリドメイン

Shopifyでは、顧客がオンラインストアを閲覧しているときにアドレスバーに表示されるドメイン名が、プライマリドメインとなります。ルートドメインまたはサブドメインをプライマリドメインとして使用できますが、プライマリドメインは1つしか使用できません。

ルートドメイン

ルートドメインは、ドメインプロバイダーから購入したドメイン名です。ルートドメインにはwww.のようなプリフィックスは含まれませんが、.com.org、または.netのようなトップレベルドメイン (TLD) の拡張機能を持っています。ルートドメインの一例はshopify.comです。

別名: ベースドメイン、トップレベルドメインとセカンドレベルドメイン

SSL証明書

SSL証明書は、サーバーとブラウザー間に安全な接続を構築して、あなたとあなたのお客様の情報を安全に保つセキュリティープロトコルです。Shopifyでは、SSL証明書を有効にして、オンラインストアのコンテンツを暗号化し、HTTPの代わりにHTTPSを使い安全に公開することができます。SSLを有効にすると、アドレスバー上のオンラインストアのURLの横にSSL有効を示す南京錠のアイコンが表示されます。

別名: Secure Sockets Layer

サブディレクトリー

サブディレクトリーはメインウェブサイトの1つのセクションで、ドメイン名の最後に表示される/によって定義されます。たとえば、shopify.com/pricingの場合は/pricingがサブディレクトリーになります。サブドメインは、まったく異なるウェブサイトに誘導できるのに対して、サブディレクトリーは、主にウェブサイトを整理するために使用されるため、サブドメインとは異なります。オンラインストア内のサブディレクトリーの一例は/collectionsです。

サブドメイン

サブドメインは、ルートドメインのプリフィックスとして表示されるルートドメインのサブセットです。たとえば、次のURLhelp.shopify.comでは、shopify.comがルートドメイン、help.がサブドメインになります。サブドメインを使用してウェブサイトを整理し、訪問者が探している情報を見つけやすくできます。

トップレベルドメインとセカンドレベルドメイン

トップレベルドメイン (TLD) およびセカンドレベルドメインは、ドメイン構造に階層を与えるルートドメインのコンポーネントです。たとえば、ルートドメインであるshopify.comのトップレベルドメインは.comであり、セカンドレベルドメインはshopifyです。

TXTレコード

TXTレコードはDNS設定です。これには、ドメイン外のサービスで使用される可能性があるテキスト情報が含まれます。たとえば、外部のサービスからドメインを所有していることを確認するために提供されたテキストレコードを追加することができます。

別名: テキストレコード

WHOISプライバシー

WHOIS (フーイズ) は、ドメイン名の所有者に関する情報を照会するサービスです。

WHOISプライバシーは、WHOIS検索からドメイン情報を隠し、あなたの連絡先情報をcontactprivacy.comの連絡先詳細に置き換えるサービスです。これにより、個人の連絡先情報を非公開にすることができます。WHOISプライバシーは、ドメインプロバイダーより追加料金で購入することができます。Shopifyで購入したドメインにはWHOISプライバシーが含まれています。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す