国際価格

商品価格と配送料に対する端数処理ルールの設定に加えて、国や地域の商品価格と価格調整を個別に設定することで、国際価格も管理できます。

固定の商品価格を設定すると、国や地域の商品価格を指定できます。固定の商品価格を設定したい商品の数が多い場合は、CSVファイルを使用して価格をインポートすることができます。外部アプリまたは統合機能を使用している場合、Shopify APIを使用して国や地域の商品価格を設定することができます。

価格調整は、ストアの基本価格に対する割合の増減です。価格調整は、国や地域のお客様に販売される全商品に適用されます。

各市場での各商品価格の計算方法における内訳を表示できます。

両替手数料

通貨両替手数料は、すべての複数通貨の注文に適用され、変換された価格に自動的に組み込まれます。市場の定価を設定する場合は、通貨両替手数料を定価に含める必要があります。

チェックアウトの挙動

国際価格は、お客様が注文の支払いに使用する通貨ではなく、お客様の配送先住所に基づいて決まります。お客様がストアフロントで選択したものとは異なる国または地域に配送することを選択した場合、チェックアウトの制限により配送先と一致するように価格が変更されます。チェックアウトの制限に対応していない決済方法を使用している場合、あなたが有効にした通貨であれば、お客様は配送先住所と一致していない通貨でもチェックアウトできます。

たとえば、あなたがカナダの主要な市場とすべての商品の定価を含むアメリカの市場を持つマーチャントだとします。お客様がカナダドル (CAD) でチェックアウトに到達し、アメリカの住所に配送しようとすると、Shopifyは価格を定価に合わせてアメリカドル (米ドル) に変更します。

次の表では、Shopify ペイメントの主要な決済サービスと、そのサポートレベルが列挙されています。

対応済みの決済サービス
決済方法 決済ゲートウェイサービス サポート
クレジットカード クレジットカードのチェックアウト 全面対応
エクスプレス決済方法 Shop Pay 全面対応
Apple Pay 対応済み (ただし、チェックアウトの制限なし)
Google Pay 対応済み (ただし、チェックアウトの制限なし)
現地の決済方法 Klarna 全面対応
Sofort 全面対応
iDEAL 全面対応
EPS決済 全面対応
Bancontact 全面対応
代替決済方法 PayPal エクスプレス 対応済み (ただし、チェックアウトの制限なし)
Amazon Pay サポート対象外。価格はショップの通貨に換算
その他 サポート対象外。価格はショップの通貨に換算

外部サービスの主要決済サービスは非対応です。ただし、Bogusのテストゲートウェイを使用して、国際価格注文のシミュレーションを行うことができます。

国際価格が機能するのは、Shopifyカートページとチェックアウトを使用する決済サービスのみです。Apple PayとGoogle Payを含む商品ページから [今すぐ購入] 動的チェックアウトボタンを直接使用すると、カートは回避され、国際価格は適用されません。この状況を避けるために、国際価格を使用している場合は、商品ページの [今すぐ購入] ボタンを無効にします。

市場の価格調整を設定する

価格調整を設定すると、特定の国や地域の全商品の価格を増減させることができます。価格調整は割合 (%) で表示されます。+100%の調整でアイテムの価格は2倍となります。-50%の調整でアイテムの価格は半分になります。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [マーケット] に移動します。

  2. [その他の市場] セクションで、価格を調整する市場の横にある [管理] をクリックします。

  3. [通貨と価格設定] の横にある [管理] をクリックします。

  4. [価格調整] セクションで、[+] をクリックして価格調整を増額させるか、[-] をクリックして価格調整を減額させます。

  5. 調整の割合を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

PriceList APIを使用して、国や地域の価格調整を作成することもできます。

市場で商品の定価を設定する

管理画面の [市場] ページから、アクティブな市場ごとに個別の商品価格を設定することができます。商品やバリエーションの一部またはすべての固定価格を設定することができます。複数の国にまたがる市場では、市場の基本通貨を使用して固定価格のみを設定できます。固定価格を設定すると、有効にした各市場の変換国際価格は自動的に上書きされます。

固定の商品価格を設定したい商品の数が多い場合は、CSVファイルを使用して価格をインポートすることができます。

定価を設定するには、各市場の基本通貨で国際価格を入力します。たとえば、ガブリエルの主要な市場はアメリカ (基本通貨はアメリカドル) です。彼はカナダを含む単一国の市場 (基本通貨はカナダドル) と、オーストラリアおよびニュージーランドを含む複数の国の市場 (基本通貨はオーストラリアドル) を持っています。ガブリエルは、以下のように各市場の定価を入力します。

  • カナダを含む市場では、カナダのお客様に表示したい価格を入力します。たとえば、5カナダドルと表示したい商品の場合、5.00と入力します。

  • オーストラリアを含む市場では、オーストラリアのお客様に表示したい価格を入力します。たとえば、6オーストラリアドルと表示したい商品の場合、6.00と入力します。

同じ市場内の複数の国に定価を入力することはできないので、ガブリエルのニュージーランドのお客様には、オーストラリアドルの基本価格がニュージーランドドルに変換された価格が表示されます。たとえば、ニュージーランドのお客様には、価格が6オーストラリアドルの商品が約6.25ニュージーランドドルと表示されます。

その後、ガブリエルがニュージーランドドルでニュージーランドの定価を入力する判断した場合、ニュージーランドの新しい市場を作ることができます。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [マーケット] に移動します。

  2. [その他の市場] セクションで、価格を表示する市場の横にある [管理] をクリックします。

  3. [通貨と価格設定] の横の [管理] をクリックします。

  4. 検索バーに、定価を入力する商品の名前を入力します。

  5. 編集する商品の横にある価格をクリックし、新しい定価を入力します。商品に複数のバリエーションがある場合、[価格を表示] をクリックし、各バリエーションの定価を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

定価を使用しなくなった場合は、商品の横にある価格をクリックし、[リセット] をクリックします。価格は自動的に変換された前の価格にリセットされます。

CSVファイルを使用して固定の商品価格を設定する

固定の商品価格を設定したい商品の数が多い場合は、CSVファイルを使用して価格をインポートすることができます。

商品価格を追加するには、市場別に価格を設定する商品のCSVファイルをエクスポートします。CSVエクスポートファイルには、有効にした市場すべての商品価格と割引前価格の列が追加で含まれています。このファイルには、各市場の名前が使用されています。CSVファイルを編集して価格を追加した後、ストアにCSVファイルをインポートします。

詳細については、「CSVファイルの使用」を参照してください。

ステップ1: CSVファイルで商品をエクスポートする

管理画面でCSVファイルをエクスポートできます。このファイルには、有効にした市場ごとの価格と割引前価格の列が含まれます。

一部の商品のみをエクスポートする場合、商品リストを絞り込むことにより、特定の商品をエクスポート用として表示し、選択できます。

詳細な手順については、「商品のエクスポート」をご覧ください。

ステップ2: CSVファイルを変更する

管理画面からエクスポートした商品のCSVファイルを編集して市場で使用する価格を追加します。市場に設定した既存の商品価格を削除する場合、その値を列から削除してからそのCSVファイルをインポートします。有効にした市場の列全体を削除すると、既存の価格は変更されることはありません。

市場ごとに表示する正確な商品価格をアップロードします。

動的な税込価格を使用して、お客様のロケーションに基づいて税金を含めたり除外したりする場合、デフォルトで価格に税金が含まれる国や地域を確認してください。これらの国や地域で販売する際に税務上の義務が生じる場合は、現地の税率を含めた商品価格をアップロードしてください。

次の画像は、個々の市場の商品価格設定が記載されているCSVファイルの一部分の例です。

国際価格のCSVファイル

CSVファイルの列ヘッダーには、各市場の名前を反映させてください。たとえば、北アメリカという市場がある場合、その市場の価格をインポートする列ヘッダーは、[価格/北アメリカ] とします。

同じ市場内の複数の国や地域に異なる定価をインポートすることはできません。これを行う必要がある場合は、国や地域をそれぞれの市場として作成する必要があります。

商品価格は、各市場に選択した基本通貨で設定します。市場に複数の国や地域がある場合、定価はその時点での為替レートを使用して各現地通貨に換算されます。1つの市場で単一の通貨を使用して複数の国や地域に販売する場合、その市場の複数通貨の機能を無効にすることができます。

ステップ3: CSVファイルで商品をインポートする

商品価格を追加および消去するために商品のCSVファイルを変更してから、そのファイルを管理画面にインポートできます。商品のCSVファイルには、すべての商品情報が含まれている必要はありませんが、少なくとも、[ハンドル][タイトル][バリエーションのオプション] の列、インポートする市場の価格の列が必要です。

詳細な手順については、「CSVファイルで商品をインポートする」をご覧ください。

ステップ4: 国際価格を表示する

各市場の価格は、管理画面内の基本通貨で表示できます。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [マーケット] に移動します。

  2. [その他の市場] セクションで、価格を表示する市場の横にある [管理] をクリックします。

  3. [通貨と価格設定] の横にある [管理] をクリックします。

  4. 価格は、その市場の基本通貨で表示されます。複数のバリエーションがある商品の場合は、商品名をクリックして各バリエーションの価格を表示します。

同一の市場内の複数の国や地域の価格をプレビューするには、Geolocationアプリなどのサポートされている国セレクターを設置していること、ストアフロントでそれらの価格をプレビューすることが必要です。

Shopify APIを使用して固定の商品価格を設定する

外部サービスのアプリまたは統合機能を使用している場合は、PriceList APIを使用して、国や地域の商品価格を設定できます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す