カスタムのメタフィールド定義を編集する

カスタムのメタフィールド定義を使用している場合、以下の情報を変更することができます。

  • メタフィールドの名前
  • 説明
  • 検証ルール

カスタムのメタフィールド定義を編集することができる理由は以下のようなものです。

  • 管理画面の対応するページに表示されるメタフィールドの名前や説明を変更する
  • メタフィールドでサポートされている値の範囲を更新する

たとえば、整数の数値タイプを使用し、1から5までの値をサポートするカスタムのメタフィールド定義があるとします。商品ページの対応するメタフィールドに8という値を追加したい場合は、検証ルールを編集して最大値を8に増やす必要があります。

カスタムのメタフィールド定義を編集する

  1. 管理画面から、[設定] > [メタフィールド] の順に移動します。
  2. メタフィールドを編集するストアの構成部分を選択します。たとえば [商品管理] です。
  3. 編集するメタフィールドをクリックします。
  4. オプション: [名前] フィールドで、定義の名前を編集します。
  5. オプション: [説明] フィールドに、メタフィールド値の新しい説明を入力します。
  6. オプション: アプリ、カスタムストアフロント、チャネルが、このメタフィールドの値にアクセスできるようにするには、[ストアフロントAPIリクエストへのアクセスを許可する] を選択します。
  7. オプション: [検証] セクションで、[追加ルール] を設定して、値の許容範囲を変更します。
  8. オプション: 次のいずれかの手順を実行して、管理画面の対応するページにメタフィールドを表示するかどうかを変更します。

    • メタフィールドを非表示にするには、[定義がピン止めされました] をクリックします。
    • メタフィールドを表示するには、[定義をピン止めする] をクリックします。
  9. [保存] をクリックします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す