カスタムのメタフィールド定義を作成する

標準メタフィールド定義の中に、Shopifyストアに追加したい特定の情報がない場合、カスタムのメタフィールド定義を作成できます。また、既存のメタフィールドを定義に移行する際もカスタム定義を作成できます。

メタフィールドのカスタム定義を作成する際、以下の情報を指定します。

  • ネームスペースとキー (たとえば、ストアの特定の部分のメタフィールドをグループ化するため)
  • テキスト、ファイル、URLなどのコンテンツタイプ
  • 文字制限、最小値と最大値などの検証ルール
  • メタフィールドに入力する値に関する情報などの説明 (オプション)

メタフィールド定義の構成部分について詳しくはこちらをご覧ください。

一部のコンテンツタイプには、選択が必要な追加設定オプションがあります。設定オプションには、次のものが含まれます。

  • デフォルトでの測定の単位
  • 単一行または複数行のフィールド
  • 最小値と最大値
  • デフォルト通貨

カスタム定義を作成する

  1. 管理画面から [設定] > [メタフィールド] の順に移動します。
  2. [メタフィールドを管理する] セクションで、追加するメタフィールドのタイプを選択します。たとえば、[商品のメタフィールド] です。
  3. [メタフィールドの定義を追加する] をクリックします。
  4. [名前] フィールドに、定義の名前を入力し、ドロップダウンメニューから入力した名前を選択します。
  5. オプション: [ネームスペースとキー] フィールドで、メタフィールドのデフォルトIDを編集します。
  6. オプション: [説明] フィールドに、メタフィールド値の説明を入力します。
  7. [コンテンツタイプを選択する] をクリックし、ドロップダウンメニューから使用するメタフィールドに最適なコンテンツタイプを選択します。
  8. 次のコンテンツタイプと検証情報を設定します。 - コンテンツタイプに追加の設定オプションがある場合、メタフィールドに適したオプションを選択します。たとえば、測定のタイプなどです。

    • オプション: [検証] セクションで、[追加ルール] を設定して、値の許容範囲を制限します。
    • コンテンツタイプに [デフォルト] セクションがある場合、ドロップダウンメニューからデフォルトの単位を選択します。
    • オプション: カスタム定義のコンテンツタイプや検証ルールを変更したい場合、[変更] をクリックし、ドロップダウンメニューから別のコンテンツタイプを選択します。
  9. [保存] をクリックします。

次のステップ

メタフィールドの定義を追加した後、以下の事柄を実行できます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す