カスタムのメタフィールド定義を作成する

標準メタフィールド定義の中に、Shopifyストアに追加したい特定の情報がない場合、カスタムのメタフィールド定義を作成できます。また、既存のメタフィールドを定義に移行する際もカスタム定義を作成できます。

メタフィールドのカスタム定義を作成する際、以下の情報を指定します。

  • ネームスペースとキー (たとえば、ストアの特定の部分のメタフィールドをグループ化するため)
  • テキスト、ファイル、URLなどのコンテンツタイプ
  • 文字制限、最小値と最大値、プリセット値などの検証ルール
  • メタフィールドに入力する値に関する情報などの説明 (オプション)

一部のコンテンツタイプには、選択が必要な追加設定オプションがあります。設定オプションには、次のものが含まれます。

  • デフォルトでの測定の単位
  • 単一行または複数行のフィールド
  • 最小値と最大値
  • デフォルト通貨

ストアフロントAPIでカスタムメタフィールドを使用する

デフォルトでは、カスタムメタフィールドの値を使用してカスタムストアフロントにアクセスできない設定になっています。カスタムストアフロントにカスタムメタフィールドの表示を許可する場合は、カスタムメタフィールド定義を作成または編集するときに、ストアフロントAPIにアクセス権を付与できます。Shopify以外のウェブサイト、ビデオゲーム、その他の顧客購買体験を通じて、Shopify商品を販売する場合は、ストアフロントAPIにアクセス権を付与することができます。ストアフロントAPIでのメタフィールドの使用について詳しくはこちらをご覧ください。

開始する前に

カスタムメタフィールド定義を作成する前に、定義の設定方法を理解するために以下の情報を確認して下さい。

カスタム定義を作成する

  1. 管理画面から [設定] > [メタフィールド] の順に移動します。
  2. メタフィールドを追加するストアの構成部分を選択します。たとえば、[商品管理] です。
  3. [定義を追加] をクリックします。
  4. [名前] フィールドに、定義の名前を入力し、リストから入力した名前を選択します。
  5. オプション: [ネームスペースとキー] フィールドで、メタフィールドのデフォルトIDを編集します。
  6. オプション: [説明] フィールドに、メタフィールド値の説明を入力します。
  7. オプション: カスタムストアフロントでメタフィールドの値を表示するには、[ストアフロントAPIリクエストへのアクセスを許可する] を選択します。
  8. [コンテンツタイプを選択する] をクリックして、リストからメタフィールドに一致するコンテンツタイプを選択します。
  9. 次のコンテンツタイプと検証情報を設定します。

    • コンテンツタイプに追加の設定オプションがある場合、メタフィールドに適したオプションを選択します。たとえば、測定のタイプなどです。
    • オプション: [検証] セクションで、[追加ルール] を設定して、値の許容範囲を制限します。
    • オプション: カスタム定義のコンテンツタイプや検証ルールを変更するには、[変更] をクリックし、リストから別のコンテンツタイプを選択します。
  10. オプション: 管理画面の対応するページでメタフィールドを非表示にするには、[定義がピン止めされました] をクリックします。

  11. [保存] をクリックします。

メタフィールド定義を追加した後のステップ

メタフィールドの定義を追加した後、以下の事柄を実行できます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す