拡張カタログ

拡張カタログにより、お客様がInstagramおよびFacebookのカテゴリーを使用して商品を閲覧および検索できるようになります。拡張カタログを使用することで、ストアを見つけやすくして、広告パフォーマンスを向上させることができます。

商品カテゴリーの要件

拡張カタログを使用するには、Instagramで販売し、ストア内のすべての商品にGoogle商品カテゴリー (GPC) が追加されていることが必要です。

ストアを見つけやすくするには、各商品に商品カテゴリーを追加することで、販売する商品の種類を説明する必要があります。Facebookでは、Google商品カテゴリーをデフォルト形式で使用可能です。管理画面で商品の一括編集を使用して、各商品に適切なGPCを追加できます。Shopifyでは、そのデータとその他のカタログデータが一括でFacebookに同期されます。

お客様がFacebookとInstagramでチェックアウトする場合、商品カテゴリーが必要です。商品のカテゴリーを設定すると、お客様が支払う必要がある税金の金額や、カスタム返品ポリシー対象の商品が、Facebookで判別されやすくなります。

お客様がShopifyストアでチェックアウトする場合、商品カテゴリーの設定はオプションですが、設定することをお勧めします。

Google商品カテゴリーを使用する方法

商品をFacebookに初めて同期する場合、Google商品カテゴリー (GPC) に自動で商品情報が入力されるため、使いやすくなっています。GPCを設定していない商品については、商品の一括編集を使用してGPCを追加できます。Facebookチャネルの一括編集にアクセスするには、概要ページの商品のステータスセクションで、[すべての商品を表示する] をクリックします。商品のGoogle商品カテゴリーフィールドを編集して、[保存] をクリックします。ShopifyでカタログデータがFacebookと同期される際に、入力した値も同期されます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す