Google商品カテゴリーを提供する

商品カテゴリー情報を提供することにより、お客様はInstagramやFacebook上であなたのストア商品を閲覧および検索できるようになります。そうすることにより、お客様はストアを見つけやすくなり、広告パフォーマンスが向上します。

商品カテゴリーとは、販売するアイテムの種類を説明する命名規則のことです。管理画面で、一括編集を使用して、各商品に適切なGoogle商品カテゴリーを追加することができます。Google商品カテゴリーおよびその他の商品データは、Metaコマースマネージャの商品カタログと同期されます。

お客様がFacebookやInstagram上で直接チェックアウトする場合、商品カテゴリーが必要です。商品カテゴリーを設定すると、お客様が支払う必要がある税額やカスタム返品ポリシー対象の商品かどうかを判別しやすくなります。

お客様がShopifyストアでチェックアウトする場合、商品カテゴリーの設定はオプションですが、設定することをお勧めします。

Google商品カテゴリーを使用する方法

初めて商品をFacebookと同期する際、Google商品カテゴリー (GPC) が商品に自動で入力されるので、簡単に使用を開始できます。Shopifyではすべての商品に適切なGPCが割り当てられていない場合があるので、商品に適切なGPCが割り当てられているかを確認する必要があります。GPCが追加されていない商品があれば、Facebookチャネルの商品一括編集を使用して商品を追加することができます。

Google商品カテゴリーリストから最も具体的なカテゴリーを選択する必要があります。税務上の理由から、[ファッション・アクセサリー] > [衣料品] のように、少なくとも2段階のGoogle商品カテゴリを選択する必要があります。

Google商品カテゴリーを編集する

商品にGoogle商品カテゴリーが自動で割り当てられた場合、Facebookチャネルの一括編集を使用して商品情報を編集することができます。

手順:

  1. 管理画面から、[Facebook] に移動します。
  2. [概要] ページの [商品ステータス] セクションで、[すべての商品を表示する] をクリックします。
  3. 商品の [Google商品カテゴリー] フィールドを編集します。
  4. [保存] をクリックします。

次回、商品をFacebookチャネルと同期する際、編集した値が同期されます。商品の詳細は、商品の変更が保存されてから15分以内に同期されます。

コマースマネージャの税額自動計算用カテゴリー

FacebookやInstagramのチェックアウトで直接販売するアイテムに対して有効な商品カテゴリーを追加していない場合、Metaにより商品カテゴリーが自動で割り当てられます。Metaは、アイテムの画像、タイトル、およびその他の商品情報から最も適切と思われるカテゴリーを判断する自動ソフトウェアを使用してカテゴリーを割り当て、その商品カテゴリーと対応する税コードを一致させて税金を計算します。

商品に有効な商品カテゴリーが追加されていない場合、Metaにより自動的にカテゴリーが割り当てられます。あなたが商品カテゴリーを追加した後で、Metaがカテゴリーを上書きすることは決してありません。コマースマネージャの自動カテゴリーについて詳しくはこちらをご覧ください。

Facebookチャネルの一括編集を使用して、自動でGoogle商品カテゴリを割り当てた商品を編集することができます。次回、商品とFacebookチャネルを同期する際、編集した値が同期されます。商品の詳細は、商品の変更が保存されてから15分以内に同期されます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す