ブログ記事から執筆者の名前を削除する

ヒント: DebutMinimalには、テーマ設定で執筆者を削除するオプションがあります。テーマエディタにアクセスし、ブログと記事の両方のセクションに執筆者を表示するオプションのチェックを外します。

メモ: このチュートリアルの手順は、セクション対応またはセクション非対応のテーマのどちらを使用しているかによって異なります。セクション対応のテーマを使用している場合は、ドラッグアンドドロップでホームページのレイアウトを配置できます。セクション非対応のテーマを使用している場合は、ドラッグアンドドロップができません。

お使いのテーマがセクションに対応しているかを確認するには、テーマのコードを編集するのページに移動します。セクションディレクトリーにファイルがある場合、お使いのファイルはセクション対応のテーマを使用しています。セクション非対応のテーマは、2016年10月以前にリリースされたものであり、セクションディレクトリーにファイルはありません。

セクション対応のテーマを使用している場合は、[セクション対応のテーマ] ボタンをクリックして表示される手順に従ってください。セクション非対応の古いテーマを使用している場合は、[セクション非対応のテーマ] ボタンをクリックして表示される手順に従ってください。

執筆者の名前を削除する

ブログ執筆者の名前を削除するには、blog.liquidおよびarticle-template.liquidテンプレートでLiquidを編集する必要があります。Boundlessを使用している場合は、blog.liquidテンプレートとarticle.liquidのテンプレートでLiquidを編集する必要があります。

  1. [テンプレート] フォルダで、blog.liquidをクリックします。

  2. PCでctrl + F、Macでcommand + Fを使用して、次のLiquidタグを見つけて削除します。

{{ article.author }}

SimpleSupplyの場合、執筆者と日付は同じliquidタグを共有しています。両方とも削除するには、PCでctrl + F、Macでcommand + Fを使用して、次のLiquidタグを見つけて削除します。

{{ 'blogs.article.author_on_date_html' | t: author: author, date: date }}

日付のみを残す場合は、上記のコードを次に置き換えます。

{{ date }}
  1. [保存] をクリックします。

  2. セクションフォルダで、[article-template.liquid] をクリックします。Boundlessの場合、テンプレートフォルダで、[article.liquid] をクリックします。

  3. PCでctrl + F、Macでcommand + Fを使用して、次のLiquidタグを見つけて削除します。

{{ article.author }}

[Simple][Supply] では、記事の筆者および記事の日付は同じliquidタグを共有します。両方とも削除するには、PCでctrl + F、Macでcommand + Fを使用して次のLiquidタグを見つけて削除します。

{{ 'blogs.article.author_on_date_html' | t: author: author, date: date }}

日付のみを残す場合は、上記のコードを次に置き換えます。

{{ date }}
  1. [保存] をクリックします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す