テーマアーキテクチャのバージョン

Shopifyは、2021年7月にOnline Store 2.0という新しいテーマアーキテクチャをリリースしました。以前のアーキテクチャを使用するテーマは、以前のテーマと呼ばれます。以前のテーマには、セクション対応タイプとセクション非対応タイプの2種類があります。テーマアーキテクチャのバージョンによって、テーマを構成するファイルタイプ、テーマをカスタマイズする方法、アプリをテーマに統合する方法が異なります。使用するテーマアーキテクチャのバージョンによっては、Shopifyの新しい機能を利用できることもあります。

Shopifyでは、Online Store 2.0のテーマを1つ無料で提供しています。そのテーマはDawnというテーマです。Dawnについて詳しくはこちらをご覧ください。

Online Store 2.0へのアップグレードは必須ではありません。ビジネスのニーズに合っていれば、以前のテーマを使い続けることもできます。

Online Store 2.0の機能と以前のテーマの機能

<table>
<caption>Compare theme features</caption>
  <thead>
    <tr>
      <th style="width:70%;">Feature</th>
      <th style="width:15%;">Vintage</th>
      <th style="width:15%;">OS 2.0</th>
    </tr>
  </thead>
  <tbody>
  <tr>
    <td scope="row"><strong>Sections on the home page</strong><BR>
    Customize the content on your online store's home page. Add, rearrange, or remove sections to create your page layout.</td>
    <td style='color: #7ab55c'>✓</td>
    <td style='color: #7ab55c'>✓</td>
  </tr>
  <tr>
    <td scope="row"><strong>Sections on every page</strong><BR>
    Customize the content on most of your online store's pages. Add, rearrange, or remove sections and blocks to create unique page layouts.</td>
    <td style='color: #7ab55c'>-</td>
    <td style='color: #7ab55c'>✓</td>
  </tr>
  <tr>
    <td scope="row"><strong>Enhanced app support</strong><BR>
    Install or change apps without touching any code. Add app functionality anywhere in your theme using <a href="/manual/online-store/themes/extend/apps#app-blocks">app blocks</a>.</td>
    <td style='color: #7ab55c'>-</td>
    <td style='color: #7ab55c'>✓</td>
  </tr>
  <tr>
    <td scope="row"><strong>Richer content using dynamic sources</strong><BR>
     Add dynamic, specialized information to any setting in your theme by connecting the setting to a <a href="/manual/online-store/themes/os20/theme-structure/sections#metafields-and-dynamic-sources">dynamic source</a>. A dynamic source can be a resource attribute or a metafield value.</td>
    <td style='color: #7ab55c'>-</td>
    <td style='color: #7ab55c'>✓</td>
  </tr>
  <tr>
    <td scope="row"><strong>Collection filtering</strong><BR>
     Allow customers to <a href="/manual/online-store/themes/os20/customize/filters">filter</a> collections in your store by availability, price, and more.</td>
    <td style='color: #7ab55c'>-</td>
    <td style='color: #7ab55c'>✓</td>
  </tr>
  </tbody>
</table>

テーマアーキテクチャのバージョンを確認する

以下のような場合には、テーマが使用しているテーマアーキテクチャのバージョンを確認する必要があります。

  • アプリまたはアプリの機能がテーマと互換性があるかどうかを調べている
  • Online Store 2.0のテーマでのみ利用可能な機能のいずれかを使用する
  • 特定のカスタマイズチュートリアルの内容がテーマにも当てはまるかどうかを確認する

テーマアーキテクチャのバージョンは、テーマライブラリーの各テーマによって異なります。テーマライブラリーには、Online Store 2.0のテーマと以前のテーマの両方を同時に含めることができます。

手順:

  1. [商品] > [デフォルトの商品] を選択します。そうすると、デフォルトの商品テンプレートが開きます。3. 商品テンプレートセクションの下のサイドバーを確認します。Online Store 2.0のテーマが表示されている場合は、セクションリストの下に [セクションを追加する] ボタンが表示されます。4. [セクションを追加する] ボタンが表示されていない場合は、以前のセクション対応テーマまたは以前のセクション非対応テーマを使用している可能性があります。その場合、「以前のテーマのアーキテクチャバージョンを確認する」の手順に従って、テーマのアーキテクチャバージョンを確認します。

Online Store 2.0のテーマを使用している場合は、商品ページにセクションを追加できます。

以前のテーマのアーキテクチャバージョンを確認する

以前のテーマを使用していることが分かったなら、セクション対応またはセクション非対応のテーマのどちらを使用しているか、これも確認してください。そうすることにより、テーマでカスタマイズできる部分と、テーマのカスタマイズ用チュートリアルにあるいくつかの操作手順を理解するうえで役立ちます。

テーマエディタで確認する方法は、ホームページのレイアウトを配置するためにドラッグアンドドロップができるかどうかを試してみることです。配置する要素のドラッグアンドドロップができる場合、セクション対応のテーマを使用していることになります。

使用しているバージョンを確認するには、テーマコード内のセクションフォルダを確認してください。

手順:

  1. サイドバーの次のフォルダ構造を確認します。 - セクションディレクトリーにファイルがある場合、セクション対応のテーマを使用していることになります。
    • セクションディレクトリーにファイルがない場合は、セクション非対応のテーマを使用していることになります。

テーマバージョンの詳細を確認する

テーマバージョンを判断できた後、次の該当するドキュメントとカスタマイズガイドを確認します。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す