Fraud Protectが有効な注文のフルフィルメント

注文をフルフィルメントする際、どの注文が保護されているか見極める3つの方法があります。ホームページからフルフィルメント対象の保護されている注文を検索する、不正注文防止ステータスで注文ページを絞り込む、あるいは、個々の注文ページの不正注文防止ステータスを表示することにより、保護されている注文を見つけることができます。

ホームから保護されている注文を見つける

Fraud Protectを有効にすると、新しいタスクがホームページに表示されます。

Fraud Protectのホームタスク

[フルフィルメント対象の保護されている注文] をクリックすると、注文ページで絞り込んだビューに移動して、Fraud Protectによって保護されており未発送の注文のみが表示されます。

[確認が必要な注文] をクリックすると、注文ページで絞り込んだビューに移動して、保護されておらず未発送の注文をすべて表示します。これには、不正注文のリスクが高い、Fraud Protectを有効化する前、あるいはFraud Protectの対象外といった理由で保護されていない注文が含まれます。

保護ステータス別に注文を絞り込む

注文ページで未発送の保護された注文を見つけるには

  1. 管理画面から、[注文] をクリックします。
  2. 不正注文防止のステータスにフィルターをかける。

    1. [絞り込み] をクリックします。
    2. [保護のステータス] フィルターを選択します。
    3. [保護された] を選択し、[フィルターを追加] をクリックします。
  3. フルフィルメント状況にフィルターをかける。

    1. [絞り込み] をクリックします。
    2. [フルフィルメント状況] フィルターを選択します。
    3. [未発送] を選択し、[フィルターを追加] をクリックします。

支払い状況などの他の絞り込みを組み合わせてカスタム検索を作成することにより、注文のフルフィルメントを合理化できます。

カスタムフィルターを使用して注文フルフィルメントを効率化する例

この例では、Janeは自身のインテリア装飾のストアでFraud Protectを有効にしています。彼女は保護された注文すべてを速やかにフルフィルメントして、保護されていない注文すべてを確認したいと考えています。このワークフローを簡素化するために、彼女は次の手順に従って注文ページに2つのカスタム検索を作成します。

  1. 管理画面から、[注文] をクリックします。
  2. 注文をフィルタリングして、フルフィルメント状況が「未発送」のものだけを表示します。
  3. 保護ステータスフィルターを使用して、未発送の注文のリストを絞り込み、保護されている注文のみを表示します。
  4. カスタム検索を保存し、「`Protected Orders to Fulfill (フルフィルメント対象の保護された注文)」という名前を付けます。
  5. Janeはこれらの手順に従って作業を進めます。一方で、保護ステータスを「保護されていない」に設定し、検索名の保存テキストボックスに「Unprotected Orders to Review (確認対象の保護されていない注文)」と入力します。

これで、注文のフルフィルメント処理を合理化する2つのカスタム検索ができました。

注文の不正注文防止ステータスを確認する

各注文ページで不正注文防止のステータスを表示できます。

手順:

  1. 管理画面から、[注文] をクリックします。
  2. 確認する注文番号をクリックします。
  3. Fraud Protectカードを探します。

注文は、保護されている、保護されていない、不正注文防止ステータスの保留、不適格のいずれかになります。状態に応じて、注文ページに次のインジケーターが表示されます。状態に応じて、注文ページに次のインジケーターが表示されます。

保護された注文

保護されている注文の場合、Fraud Protectカードに「この注文は不正注文防止から保護されています」と表示されます。この注文は保護されているため、安心してフルフィルメントすることができます。この注文に不正なチャージバックがある場合、何もする必要はありません。Shopifyによりアカウントに返金され、チャージバックの異議申し立てが処理されます。保護された注文に不正なチャージバックがあった場合の対応について、ご確認ください。

保護されていない注文

保護されていない注文の場合、保護されていない注文バナーが表示され、Fraud Protectカードに「リスクのレベルが高すぎるため、この注文を保護することはできません」と表示されます。

この注文を慎重に確認し、キャンセルするか、自己責任でフルフィルメントしてください。この注文に不正なチャージバックがあった場合は、費用の返金が自動的に行われることはありません。保護されていない注文に不正なチャージバックがあった場合の対応について、ご確認ください。

不正注文防止ステータスの保留

注文がストアに入ると、通常は、その注文が保護されているかどうかがすぐにわかります。まれに、不正注文のリスクについて注文が解析されるまでに数分かかる場合があります。不正注文防止ステータスが保留中の場合は、保留中のバナーが表示され、Fraud Protectカードは「この注文の不正防止の状態が保留中です」という読み取りを行います。

この段階では、この注文のリスクはまだ解析されていません。不正解析が完了し、注文が「保護」または「保護されていない」のいずれかに分類されるまで、この注文をフルフィルメントするかどうかを決定するために待機します。ページを更新して、ステータスが変更されたかどうかを確認できます。

対象資格を満たさない注文

Fraud Protectの対象資格を満たさない注文の場合、Fraud Protectカードはありません。代わりに、不正解析カードが表示され、Fraud Protectの対象資格を満たさない注文が通知されます。その注文のリスクが低、中、高のどれに該当するかが示されます。対象資格を満たさない注文 (PayPal注文またはPOS注文など) は、Fraud Protectを設定する前と同じ方法で引き続き処理されます。

この注文は保護対象外であるため、注文をフルフィルメントして不正なチャージバックがあった場合、チャージバック額が自動的に返金されることはありません。チャージバックについてご確認ください

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す