注文状況ページのカスタマイズ

サポートされている配送業者を利用しているかどうかに関係なく、ストアのチェックアウトページが想定通りになっていることを確認しましょう。

概要

注文を発送 (更新)して追跡番号を追加すると、注文状況ページへのリンクが記載されたメールがお客様に届きます。デフォルトでは、以下の各メールテンプレートに、お客様の注文状況ページのURLが記載されます。

  • 注文の確認
  • 配送確認
  • 配送状況

管理画面の注文ページから、注文のステータスを確認することができます。

手順:

  1. 注文から、追跡する注文を開きます。
  2. [アクション] ボタンをクリックし、次に [注文状況ページを表示する] をクリックします。

注文状況ページは、配送ステータスが変化するとリアルタイムで更新されます。ステータスは以下のいずれかになります。

  • 確定済 - お客様により注文が作成されているが、商品の発送またはフルフィルメントが完了していない状態。支払いの確定に適したタイミングです。
  • 商品準備中 - 管理画面で注文を発送済 (または一部発送済) としてマークしており、商品を配送網に乗せた状態。
  • 商品配達中 - 商品がお客様の地域に到着し、お届けが近い状態。
  • 配達完了 - 商品のお届けが完了した状態。
  • 商品持戻 - 運送業者が商品を指定の住所まで配達したものの、お渡しができなかった状態。

お客様には、注文状況ページへのリンクをメールでお伝えします。メールを自動送信するには、以下の手順に従ってください。

  1. メールテンプレートを設定する。

  2. 注文に追跡番号を追加する。

  3. 動作テストを行う。

メールテンプレートを設定する

メールテンプレートでは注文確認メール配送メールを管理します。これらのメールは、注文を発送 (または更新) 時にお客様に送信されます。注文状況ページのURLをお客様に自動送信できることを確認しましょう。このURLは注文状況ページへのリンクです。デフォルトのSMSテンプレートには、注文状況ページのURLがすでに含まれています。

状況に応じた項目をクリックしてください。

  • メールテンプレートをカスタマイズしていない。
  • メールテンプレートをカスタマイズしている。
  • メールテンプレートがカスタマイズされているかわからない。

注文確認メールまたは配送メールのテンプレートをカスタマイズしていない

注文確認テンプレート、または配送通知テンプレートをカスタマイズしておらず、デフォルトのテンプレートを利用している場合、このステップは省略可能です。Shopifyは、お客様に注文状況ページへのリンクをお伝えできるようにメールテンプレートを更新済みです。

次のステップに進んでください。

  • 注文に追跡番号を追加する - 注文状況ページへのリンクが記載されたメールが自動的にお客様に送信されます。
  • 動作テストを行う。

注文確認メール、または配送メールのテンプレートをカスタマイズしている

注文確認テンプレート、または配送通知テンプレートがカスタマイズされている場合、Shopifyはカスタマイズ内容を破棄せずにテンプレートを自動更新することができません。

以下のどちらかの方法により、メールテンプレートには必ずorder status URLが含まれるようにしてください。お客様に必要なリンクとなります。

  • [デフォルトに戻す] をクリックする (カスタマイズ内容は削除されます)
  • 注文状況ページのURLを手動でテンプレートに追加する

メールテンプレートがカスタマイズされているかわからない

メールテンプレートがカスタマイズされているかわからない場合には、次の方法で確認します。

  1. メールテンプレートセクションで、注文確認メールおよび配送確認メールのテンプレートを見つけます。

  2. メールテンプレートがカスタマイズされていれば、テンプレートページの一番下に [デフォルトに戻す] ボタンが表示されます。

[デフォルトに戻す] ボタン

注文確認、または配送確認のテンプレートページに [デフォルトに戻す] ボタンが表示されている場合は、上記のステップに従ってください。

注文状況ページのURLを手動でメールテンプレートに追加する

注文確認および配送メールのテンプレートに必ずorder status URLが含まれるように、Liquidコードをテンプレートに追加する必要があります。

手順:

  1. [配送確認] をクリックして、オンラインエディタで開きます。

  2. 以下のセクションを見つけます。

For shipping status on these items:
{% for tracking_url in fulfillment.tracking_urls %}
  {{ tracking_url }}
{% endfor %}

このコードが存在しない場合は、メール内のリンクを表示したい場所にステップ4のコードを追加します。

  1. ステップ3のコードを以下のコードに置き換えます。
Track the status of your order: {{ order_status_url }}.

メッセージはブランドに合わせて変更可能です。コピー (PCでは ctrl + C、Macではcommand + C) ・ペースト (PCでは ctrl + V、Macではcommand + V) を行い、{{ order_status_url }}のコードを正確に表示できれば問題ありません。

  1. 配送更新メール、および注文確認メールについて、ステップ1~5を繰り返します。

注文に追跡番号を追加する

メールテンプレートでorder_status_urlの送信を設定したら、注文に追跡番号を追加します。すると、注文状況ページのURLを記載したメールがお客様に自動送信されるようになります。

追跡番号を追加するには、以下のガイドに従ってください。

スクリプトを追加した後は特に、チェックアウトの動作テストを行うことで、正常に動作しているかを確認してください。

注文の更新を通知するためのオプトインを追加する

注文に関する更新情報はチェックアウト時にお客様が入力された情報に応じて、メールまたは電話で通知されます。注文の確定後、お客様が注文に関する更新情報の通知にオプトインするためのボタンを有効にすることができます。ボタンを有効にすると、お客様は電話番号またはメールアドレスを注文状況ページに追加することができます。

手順:

注文の更新オプトイン

  1. 管理画面で [設定] をクリックし、次に [チェックアウト] をクリックします。
  2. お客様の連絡先セクションを見つけ、追加の連絡方法の下にあるオプションをクリックします。
    注文の更新オプトイン設定
  3. 保存をクリック

動作テストを行う

トラッキングピクセルなどのコードや外部アプリからのカスタムコードを追加のスクリプトボックスに追加すると、テスト注文を行うことでチェックアウトページの動作をテストすることができます。

手順:

  1. チェックアウト時に自身のメールを使用し、サポートされている配送業者を選択したら、手順に従ってテスト注文を実行します。
  2. 管理画面で注文を発送し、その注文に追跡番号を追加します。

異常が発生した場合、外部アプリのカスタムコードが競合している可能性があります。問題を解決するには、アプリ開発者に問い合わせてください。Shopifyアプリストアからアプリ名を検索することで、開発元の情報を確認できます。

スクリプトを追加する

注文状況ページのテンプレートにコードを挿入するには、追加のスクリプトボックスを使用します。以下のコードを追加することができます。

  • HTML - 有効なHTML5コード (スクリプト、スタイル、iframe、オブジェクトなどの要素) を使用できます。

  • Liquidコード - Liquidオブジェクト (チェックアウト、ショップ) を使用できます。

  • ROI/コンバージョントラッキングスクリプト

  • 参照トラッキングスクリプト

追加のスクリプトを使用したカスタマイズ例

追加のスクリプトフィールドを使用したカスタマイズ例をいくつか紹介します。

追加のスクリプトボックスにアクセスする

  1. 注文処理セクションを見つけます。そのセクションの下部に追加のスクリプトボックスがあることを確認します。

追記事項テキストボックス

追加情報

注文状況ページは開発中の新機能です。注文状況ページの現状、および近日中に実装予定の新機能については、以下を参照してください。

  • サポートされている配送業者
  • サポートされていない配送業者
  • 複数回にわたる配送、または複数の配送業者を利用しての注文 (分割発送)
  • 注文状況ページへのメモまたはメッセージの追加
  • 顧客情報

サポートされている配送業者

現時点で新しい注文状況ページを完全にサポートしている配送業者は、アメリカ合衆国郵便公社 (USPS)、ユナイテッド・パーセル・サービス (UPS)、フェデックス (FedEx)、カナダ郵便公社 (Canada Post) のみとなっています。

サポートされている配送業者を利用する場合、注文状況ページにリアルタイムで更新される配送マップが表示されます。

サポートされていない配送業者

注文状況ページでは現在、アメリカ合衆国郵便公社 (USPS)、ユナイテッド・パーセル・サービス (UPS)、フェデックス (FedEx)、DHLエクスプレス (DHL Express)、カナダ郵便公社 (Canada Post) 以外の配送業者をサポートしていません。サポートされていない配送業者を利用する場合でもメールテンプレートを更新し、注文の発送時に追跡番号を追加することで、お客様にorder status URLが送信されます。

注文状況ページには、サポートされていない配送業者を利用する注文であっても追跡番号が表示されます。追跡番号は配送業者ウェブサイトへのリンクとなっており、お客様はリンク先で注文状況に関する情報を確認することが可能です。

サポートされている配送業者とは異なり、注文状況は表示されず、マップ上のピンもリアルタイムでは更新されません。

複数回にわたる配送、または複数の配送業者を利用しての注文 (分割発送)

注文状況ページでは分割発送 (複数回の配送を伴う注文) をサポートしています。Shopifyの注文状況ページには、追跡番号と内容品を含む2番目の注文状況ブロックが作成されます。

配送業者の異なる分割発送もサポートしています。

メモまたはメッセージを追加

追加のスクリプトボックスによる機能性の変化に伴い、JavaScriptオブジェクトを使用して、チェックアウトの注文状況ページにコンテンツボックスを追加できるようになりました。

Shopifyのガイドを参考にすると、HTMLに関するわずかな知識だけで、メモやメッセージといったコンテンツを注文状況ページに追加することができます。

顧客情報

注文状況ページへのリンクは一般にアクセス可能なURLに見えますが、お客様の配送先住所は保護されており、他の誰も見ることはできません。

チェックアウトの完了に使用されたものとは異なるデバイスで注文状況ページにアクセスする場合は、顧客情報を保護するために、ログイン要件の確認が行われます。お客様がページにアクセスするには、以下の2つの資格情報が必要となります。

  • 注文番号 (お客様のメールに記載)
  • チェックアウトの完了に使用したメールアドレス

注文状況ページを翻訳する

注文状況ページで使用される言語は、Shopifyストアの他のページと同様に管理されています。テーマ全体の言語を翻訳文に変更している場合、注文状況ページはすでに選択した言語に翻訳されています。

デフォルトのテキストがあなたのブランドになじまない場合、メッセージを行単位で翻訳することも可能です。たとえば、注文状況ページの1行目が「Thank you, John」となっていれば、これを「Thanks, John!」に変更することも可能です。

手順:

  1. 編集したいテーマを見つけて、[アクション][言語を編集する] の順にクリックします。

  2. [チェックアウトメッセージ] の見出しまでスクロールダウンします。

[チェックアウトメッセージ] のヘッダー

[チェックアウトメッセージ] 見出しから [チェックアウトショップポリシー] 見出しまでは、注文状況ページに表示される翻訳可能なメッセージとなっています。

  1. 各フィールドに、翻訳したテキストを入力してください。

  2. 保存をクリック

高度なカスタマイズ

Shopify Plusプランにご加入いただくと、checkout.liquidレイアウトおよびcheckout.scss.liquidアセットファイルを利用した、チェックアウトページの高度なカスタマイズが可能となります。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す