Shop Payの分割払いのコンプライアンスおよび規制のガイドライン

マーケティングの資料と条件は、州および連邦の融資に関する法律、消費者信用機会均等法、貸付真実法 (TILA)、Controlling the Assault of Non-Solicited Pornography And Marketing (CAN-SPAM法)、連邦取引委員会 (FTC) の広告およびマーケティングに関する規則 (広告ガイドラインと完全開示要件を含む) など、さまざまな規制に準拠している必要があります。

Shop Payの分割払いを促進するためのマーケティング資料を作成する際には、承認済みメッセージとガイドラインを使用する必要があります。

公正な融資に関するガイドライン

公正な融資のガイドラインは、信用機会均等法 (ECOA) によって規定されています。Shop Payの分割払いを促進するには、以下のことが必要があります。

  • 申し込みプロセスに要件を追加しない。
  • どのお客様でもShop Payの分割払いを利用できるように、すべてのお客様に申し込みを呼びかける。
  • 幅広い層をターゲットとする。
  • 同じ状況にいる人を公平に扱う。

Shop Payの分割払いに関するマーケティング資料を、以下の1つ以上の項目に基づいて特定の層に対して使用しないでください。

  • 年齢 (応募者に契約能力がある場合)
  • 皮の色
  • 性別
  • 公共支援プログラムへの収入依存
  • 婚姻状況
  • 国籍
  • 人種
  • 宗教
  • 性的指向

Shop Payの分割払いに関するマーケティング資料が特定のグループを対象としている場合、すべての人にShop Payの分割払いを利用する機会を平等に与えていないことになります。融資に関するマーケティング資料の割合にもよりますが、特定のグループをターゲットにすることで、公正な融資に関する法に違反するリスクが高まります。これは、訴訟や罰金につながる可能性があります。

商品は特定の層にとって魅力的なものかもしれませんが、融資に関するコンテンツを含むマーケティング資料は、幅広い層をターゲットにする必要があります。

ECOAに関する連邦貿易コミッションの基本条項について詳しくはこちらをご覧ください。

不公正、欺瞞的、濫用的な行為または慣行 (UDAAP)

お客様に誤解を与えるリスクを減らすために、マーケティング資料では以下の点が求められます。

  • 虚偽表示、省略、その他の詐欺的な主張は使用しない
  • 誤った危機感を抱かせない
  • 正直さ
  • 明確で理解しやすい
  • すべての関連情報を含める
  • 商品に関する事実に基づく主張の裏付け

リスクフリーのトライアルや返金保証など、プロモーションやリベートを提供している場合は、そのプロモーションを常に実施する必要があります。

無料体験を宣伝する場合は、発生する可能性のある利息を含め、その体験がどんな場合でも本当に無料となるようにする必要があります。

UDAAPについて詳しくはこちら

貸付真実法 (TILA)

貸付真実法 (TILA) を遵守するには、お客様にローン返済義務が生じる前に重要な信用条件に関する情報を開示する必要があります。信用条件を公示する際は、有効な条件のみを表示します。

マーケティング資料で「トリガーとなる条件」として知られている特定の信用条件に言及する場合、お客様に返済条件全文を概略説明する必要があります。代表例を使用してトリガーとなる条件を明確にし、お客様には実際のローンがどのようなものになるかを示すことができます。

代表例には、次の情報を含める必要があります。

  • 購入価格 (ローン額)
  • 毎月の支払額
  • ローンの期間
  • 実質年率 (APR)

代表例の使用方法について次の事例を考察してください。

  • 800ドルの購入をすると、実質年率15%で毎月72.21ドルの12回払い、または2週間ごとに200ドルの無金利4回払いになります。

代表例を必要とするメッセージ

次のメッセージには、代表例を必要とするトリガーとなる条件が含まれます。

  • 4回払いを超える場合の支払回数。たとえば、6回払い。
  • 返済期間。たとえば、6か月または12か月。
  • 毎月の支払額。たとえば、月額60ドルから。
  • 金利。たとえば、10%の実質年率から。
  • 頭金の額または割合。たとえば、100ドルまたは25%。

次のメッセージには代表例は必要ありません。他の開示情報が引き続き必要となる場合があります。

  • 月払い
  • ゆっくり支払えます
  • 今すぐ購入して、後で支払う
  • 融資
  • 実質年率0%から
  • 実質年率0%または実質年率10~30%
  • 無金利
  • 無金利4回払い

貸付真実法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す