フランスのPayPalウォレット

Shopifyストアを作成し、フランスでのShopifyペイメントを設定すると、自動的にPayPalウォレットアカウントが付与されます。PayPalウォレットを使用すると、管理画面からPayPal取引を管理できます。

PayPalウォレットを使用するには、Shopify Checkoutを使用する必要があります。Shopify Plusプランに加入している場合、Checkout Extensibilityを使用する必要があります。

PayPalウォレットの主な利点と機能

PayPalウォレットを使用することにより、主に以下のような機能が利用可能になります。

  • PayPalが関連する設定と取引は (異議申し立てや返金を含む)、管理画面内ですべて管理できます。
  • 支払いはまとめられて、希望の銀行口座に振り込まれます。
  • PayPalによるカードの取引とPayPalウォレットの取引は、1回の支払いで決済されます。
  • PayPalウォレットは、新しいサブスクリプションと定期的な支払いに対応しています。

フランスにおけるPayPalウォレット

PayPalウォレットはShopifyペイメントに直接紐付けされ、Shopifyペイメント内の1つの決済方法として機能するため、取引の管理が簡単になります。

ビジネスの拠点がフランスにあり、Shopifyペイメントを使用している場合、PayPalウォレットの統合を通じてPayPalを提供することができます。Adyen、Braintree、Stripeなどのサードパーティゲートウェイを使用している場合、これらの統合に加えてPayPalエクスプレスチェックアウトの提供を継続できます。

PayPalの詳細については、フランスのマーチャントに適用されるPayPalサービスに関する法的契約を参照してください。

PayPalウォレットの使用に対象外または非対応の機能

PayPalウォレットには多くのメリットがありますが、以下の機能はPayPalウォレットでは使用できません。

  • PayPalエクスプレス:この選択肢は、Shopifyペイメントが有効になっている場合、[決済] 設定の [追加の決済方法] セクションでは利用できません。Shopifyペイメントが有効な場合、PayPalはShopifyペイメントウォレットを通じてのみ統合できます。
  • Shopify Checkout:PayPalウォレットを使用するには、Shopify Checkoutを使用する必要があります。Shopify Plusプランに加入している場合、Checkout Extensibilityが必要になります。
  • 返金:返品なしの全額返金のみに対応しています。
  • 異議申し立て:異議申し立てに関する決定に異議を申し立てることはできません。

PayPalウォレットの取引に関する異議申し立てを管理する

お客様がPayPal問題解決センターで問題を報告すると、問い合わせステージが開始されます。PayPalが関与することなくお客様と直接問題の解決に取り組むための20日間の猶予があり、ストアオーナーのアカウントから手数料や資金が引き落とされることはありません。

手順

  1. 管理画面からコミュニケーションを取る:お客様とのすべてのコミュニケーションは、管理画面から行ってください。
  2. 解決に向けた選択肢

    • 全額返金を行う:お客様のクレームが有効であると判断した場合、全額返金を行い、問い合わせを終了することができます。
    • 話し合って説得する:購入に対してそれ以上のアクションを取る必要がないと判断した場合、お客様と話し合います。お客様の同意が得られた場合、問い合わせを終了することができます。あるいは、20日後に期限切れになります。
  3. エスカレーションを監視する:お客様は、20日以内であればいつでも問い合わせをクレームにエスカレーションすることができ、チャージバックや問い合わせの手続きと同様に、解決プロセスをPayPalに移行することができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す