購入注文の需要予測

注文書を作成する際、Stockyでは、注文する必要がある商品と数量についての提案を行うことができます。また、ストアの売上情報を使用して、どの商品を再注文するかを決定するのに役立ちます。Stockyは、商品の最近の注文履歴、特定の時点での注文履歴に基づいて商品の推奨を行い、あるいは選択した商品の在庫レベルを維持することができます。

需要予測を使用して注文書を作成する

  1. Stockyで、[購入する] > [新規注文書] をクリックします。
  2. 注文書が販売元用またはサプライヤー用かを選択します。
  3. [生成する] で、[提案の使用] を選択します。
  4. 残りの詳細を入力し、[注文書を作成する] をクリックします。

需要予測のタイプを選択する

異なる基準を使用して商品の需要を予測することができます。

予測のタイプ 説明
過去X日間

Stockyの場合、入力したサンプル期間内の1日あたりの平均注文数を受け取り、提案フィールドに入力した日数で乗算します。

たとえば、過去7日間で14枚のシャツを販売したとします。これは1日あたり平均2枚の販売です。サンプル期間として7日間を入力し、提案フィールドに14日を入力すると、Stockyは28枚のシャツの注文をすすめます。

カスタム日付範囲

Stockyの場合、入力したサンプル期間内の1日あたりの平均注文数を受け取り、提案フィールドに入力した日数で乗算します。

たとえば、3ヶ月前に2日間の販売を行い、その間に50枚のシャツを販売したとします。もう一度同じセールを実行したいと考えますが、この度は5日間です。販売日を選択し、提案フィールドに5日と入力すると、Stockyは125枚のシャツの注文をすすめます。

去年の同期間

Stockyの場合、提案フィールドに入力したサンプル期間内に行われた注文を受け取り、注文したのと同じ量の在庫を注文することを提案します。

たとえば、昨年と同じ期間に基づいて、今後30日間に必要な在庫量を把握したいとします。30を入力すると、Stockyは、同じ日付範囲で去年販売された在庫量を調べ、注文する商品の量を提案します。

棚を埋める

Stockyでは、棚の上限に達するために必要な在庫の量を提案します。

棚を埋めるオプションを使用するには、サプライヤーのページまたは販売元のページで商品の棚の上限を入力する必要があります。

棚を埋める (最小以下の場合)

Stockyは、最小在庫レベルを下回る商品が棚の上限に達するために注文する必要がある在庫の量を提案します。

棚を埋める (最小以下の場合)オプションを使用して、サプライヤーのページまたは販売元のページで商品における棚の上限と最小在庫レベルを入力する必要があります。

目標在庫レベル

目標数量を入力すると、各商品に対して入力した目標数量に達するために必要な在庫の量が、Stockyにより提案されます。

たとえば、3個、6個、10個の在庫を持つ3つの商品があるとします。目標数量を15で入力すると、Stockyは、それらの商品に対して12個、9個、5個の注文を提案します。

注文書を作成したら、Stocky内で直接メーカーやサプライヤーに送信することができます。在庫を受領した後、注文書を受領済としてマークして在庫レベルを更新します。

Stockyの注文書の詳細については、「Stockyのヘルプセンター」を参照してください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す