在庫調整

Stockyは、商品の在庫を追跡するのに役立ちます。これにより、特定の商品が在庫不足になる、再注文する必要がある、または他のロケーションに転送する必要があるタイミングを知ることができます。

在庫調整

在庫調整は、在庫レベルに加えた小さな変更を追跡するためのよい方法です。

以下のいずれかの理由により、在庫調整の必要がある場合があります。

  • 倉庫に不良品がある
  • Facebook上にまたはPR用に商品を提供した
  • プロモーションで余った在庫がある
  • Amazonのフルフィルメントセンターに在庫を送った

在庫調整を実行する

  1. Stockyで、[在庫] > [在庫調整] > [過剰在庫調整] の順にクリックします。
  2. 検索フィールドを使用して調整する商品を選択します。
  3. 調整する数量を設定します。正の値を設定すると在庫レベルが上がり、負の値を設定すると在庫レベルが下がります。
  4. [調整を実行] をクリックします。
  5. 任意: 調整の理由と調整を行った従業員を記録します。

不足在庫

Stockyアプリの [不足在庫バリエーション] タブには、在庫切れまたはリードタイムより早く在庫切れになる商品バリエーションの概要が表示されます。在庫切れの商品は赤で表示され、在庫切れになる商品はオレンジ色で表示されます。

商品バリエーションは、1日あたりの損失収益、つまりその商品バリエーションが在庫切れになった場合に失われると推定される収益額によって注文されます。これは、サンプル期間の平均販売率を使用して計算されます。サンプル期間はデフォルトで過去30日間に設定されています。

[ROP] 列には、自動計算された各商品バリエーションの再注文ポイントが表示されます。再注文ポイントは推定リードタイムと1日当たりの販売数を使用して計算されます。たとえば、1日当たり5足の青いソックスを販売するとして、サプライヤーのリードタイムが10日である場合、青いソックスの在庫が50足になった時点で、不足在庫の警告が表示されます。

Stockyアプリの自動ROPを上書きするには、[設定] > [再注文ポイント] の順にクリックします。

販売元ごとにリードタイムを変更するには、販売元ページに移動し、[設定] > [リードタイムと補充時間] の順にクリックします。

[必須在庫量] 列には、各商品バリエーションのリードタイムをカバーするのに必要な在庫の量が表示されます。

[残存日数] 列には、商品バリエーションが在庫切れになるまでの推定日数が表示されます。

不足在庫の商品

[不足在庫の商品] ページには、在庫が少ない、または在庫切れであるアイテムの概要が商品別にグループ化して表示されます。

このページは、1日あたりの損失収益によって並べ替えられます。損失収益が最も大きい商品が上位に表示されます。

不足在庫の販売元

[不足在庫の販売元] ページでは、次の2つの方法に基づいて、次に商品を注文するべき販売元を示します。

  • 在庫切れのみ - 現在在庫切れのものに基づいて、どの販売元が現在収益を損失しているか。

  • リードタイム内 - 在庫切れの状態で、販売元のサプライヤーリードタイムに基づいて収益を失うことになる販売元。たとえば、販売元Aのリードタイムが10日間で、商品Bが8日で在庫切れになる場合、商品Bの損失収益もこのレポートに含まれます。

在庫転送

Shopifyの複数ロケーション機能を使用すると、Stocky内で在庫転送を作成することができます。これにより、ロケーション間で在庫を移動させることができます。

手順:

  1. Stockyで、[在庫] > [新規在庫転送] をクリックします。
  2. 転送元と転送先のロケーションを選択し、[作成] をクリックします。
  3. 転送する各商品と数量を選択します。
  4. [受け取る] をクリックして、配達先ロケーションの在庫レベルを上げます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す