Googleスマートショッピングキャンペーンを管理する

Googleスマートショッピングでは、Google Merchant Centerから送信されたフィードを使用し、機械学習を活用してビジネスの広告を作成します。スマートショッピングキャンペーンでは、Googleとストアからのインサイトを活用して、新しい購入者にアプローチしたり、以前オンラインストアにアクセスした既存のユーザーにリマーケティングを行ったりします。

キャンペーンの追跡

Googleスマートショッピングでは、お客様が行う特定のアクションを追跡することで、マーケティングキャンペーンの効果を確認することができます。キャンペーンを作成すると、一部のコンバージョンアクションがGoogle広告アカウントに自動的に追加されます。

Shopifyの [マーケティング] ページから [オートメーション] ページに進み、Googleスマートショッピングキャンペーンの影響度を確認できます。そこでは、以下の情報を確認できます。

  • 販売合計 - Googleショッピングのキャンペーンの販売の合計数
  • インプレッション合計数 - Googleショッピングの広告がGoogleに表示された回数
  • クリック合計数 - 広告がクリックされた合計回数
  • 注文合計数 - Googleショッピングのキャンペーンから受けた注文の合計数
  • 1クリックあたりの費用 - 広告を1回クリックする際に支払われた平均金額
  • 獲得件数1件あたりの費用 - 広告の合計金額を注文の合計数で割った値

また、広告キャンペーンからの販売合計を総広告費用で割ることにより、広告費用対効果 (ROAS) を手動で計算することもできます。効果が0よりも大きい場合は、広告キャンペーンはプラスの結果を示しています。

すべてのイベントは、Google広告アカウントで確認することができます。

手順

  1. Google広告アカウントで、[ツール] をクリックします。

  2. [測定] > [コンバージョン] をクリックします。

  3. イベントをクリックします。

  4. [設定を編集] > [コンバージョン列に含める] をクリックします。

[キャンペーンを管理] をクリックして、キャンペーンを一時停止したり1日の平均予算を編集したりすることができます。

スマートショッピングキャンペーンの効果を最大限に活用する

Googleスマートショッピングキャンペーンでは、スマートテクノロジーを利用して広告を最適化し、ショッピング、YouTube、ディスプレイネットワーク、Gmailで商品を検索している人に広告を表示します。

Googleのスマートテクノロジーが広告の最適な表示方法を学習するのには14日かかるので、パフォーマンスを変更したりパフォーマンス評価したりする前に、少なくとも14日間はキャンペーンを実施してください。14日後、キャンペーンに1つの変更を加え、さらに14日間待って、その変更が改善されたかどうかを判断します。

キャンペーンを最大限に成功させるため、以下の変更を確認してください。

予算を設定する

キャンペーンの予算を選択することは複雑になり得ますが、適切な予算を設定すると、キャンペーンを最大限に成功させることができます。

1日の予算を調整する

商品カテゴリーに応じて、必要な1日の平均予算は異なります。たとえば、ジュエリーや自転車のような価格が高い商品は、コンバージョンあたりの費用が高くなる傾向にあります。

Google広告では、毎日設定した金額を用いるのではなく、1日あたりの平均額予算に合うよう費やされます。たとえば、予算を10ドルに設定すると、Googleはある日に5ドル、次の日には15ドルを費やす場合があります。1日の平均予算の最低額は5ドルを想定してください。

広告費用対効果を測定する

現在設定されている予算を使用したキャンペーンのパフォーマンス状況を理解するために、広告費用対効果 (ROAS) を計算できます。この計算を行うには、販売合計広告費用の合計で割ります。

  • 広告費用対効果が1より大きい場合、現在のキャンペーン予算でプラスの結果が得られていることになります。

  • 広告費用が1の場合、広告費用が売上でカバーされていることになります。

ROASを決定し、広告キャンペーンのパフォーマンスを把握した後、予算をどのように調整するかを決定します。

  • ROASがプラスの場合は、予算を増やすことについて検討してください。

  • ROASがマイナスの場合は、良い結果が得られるようにキャンペーンの最適化を検討してください。

たとえば、Kadeは25米ドルの売上でブレスレットを販売しています。Kadeは20米ドルの小規模なマーケティングキャンペーンを実施し、1件の販売を行いました。そのキャンペーンのROASは25/20 = 1.25です。ROASがプラスであることから、Kadeは1日の平均予算を20米ドルとし、毎月600米ドルの予算でキャンペーンを実施することにします。

商品フィードを構築する

商品フィードとは、宣伝する商品のリストのことです。管理画面から商品を追加、編集、削除すると、Google販売チャネルでは、商品フィードが自動的に更新されます。

広告キャンペーンを最大化するために、商品フィードの商品属性を手動で調整できます。商品属性とは、商品名、説明、価格など、商品に関する情報のことです。商品属性は、オーディエンスの共感を呼ぶ方法で書き込むようにしましょう。

商品名

商品名は、広告または無料リスティングの重要な部分です。具体的で正確な商品名は、Googleがあなたの商品を適切なお客様に表示するのに役立ちます。良い商品名をつけるためには、以下のいくつかのポイントがあります。

  • 商品を検索する際にユーザーが使用するであろうフレーズのリストを作成します。
  • 競合他社が商品についてどのように説明しているかを調査します。
  • Google Trendsを使用して商品名の候補を試します。

商品名の書き方の詳細は、Google Merchant Centerを参照してください。

価格

市場で競争力のある価格設定にしてください。お客様にはあなたの商品と別の代替商品が表示されます。そのため、比較しても遜色のない価格の商品であることが重要です。

商品タイプ

Googleでは商品タイプを使用してあなたの販売商品を把握し、関連する検索に広告をマッチさせます。商品を分類する際には、以下のルールに従うことが重要です。

  • >を使用して、商品カテゴリーのレベルを分けます
  • 商品タイプに次のフォーマットを使用します。商品タイプ > 商品サブタイプ1 > 商品サブタイプ2 > 季節/機会/トピック。たとえば、動物 & ペット用品 > ペット用品 > ドッグ用品 > ドッグアパレル

手順:

  1. 管理画面から [Google] をクリックします。
  2. 編集する商品を選択し、[Googleフィールドを編集] をクリックします。
  3. [Google商品カテゴリー] フィールドに編集した商品タイプを入力します。
  4. [保存] をクリックします。

商品ID

固有の商品IDは、Googleが販売している商品を確認するのに役立ちます。Googleスマートショッピングキャンペーンで商品を表示できるように、これらのIDを正しく設定してください。詳細については、「固有の商品ID」を参照してください。

お客様のショッピング体験を最適化する

キャンペーンの成功は、お客様が広告をクリックした後のアクションに基づいて判断できます。お客様がストアにアクセスした時の行動を把握することで、お客様のショッピング体験を向上させることができます。

買い物客のドロップオフポイントを特定する

Googleスマートショッピングキャンペーンのデータを利用し、お客様がストアを離れるタイミングを把握するならば、ウェブサイト体験を向上させることができます。

[Shopify レポート][マーケティング] セクションを使用して、[セッション][カートに追加済み][注文管理] の指標を分析します。これらは、お客様の購買プロセスの進捗度合を理解するのに役立ちます。

管理画面でのマーケティングレポートの詳細については、「マーケティングレポート」を参照してください。

ストアの機能を改善する

Googleスマートショッピングキャンペーンの広告は、オンラインストアの商品ページにリンクします。商品ページに複数の画像を追加したり、商品ページを編集したりして、お客様に良い第一印象を与えるようにしてください。

また、ストアを改善する方法に関する推奨事項として、GoogleのGrow My Storeを使用できます。

お客様からの信頼を得る

お客様からの信頼を得られるように、オンラインストアの文字コンテンツを充実させることについて検討してください。商品情報、カスタマーサポート、返品ポリシーなど、すべてが明確でわかりやすく書かれていることを確認してください。

商品ページを表示した後にお客様がストアを離れる場合は、以下の点を考慮してください。

  • 速達配送、24時間体制のカスタマーサポート、無料の返金など、独自のセールスポイントを追加します。
  • 商品ページには、カスタマーレビュー、メディアで取り上げられた内容、その他の宣伝を含めます。
  • ウェブサイトの品質を向上させます。これには、読み込み時間の短縮商品画質の向上商品説明の編集が含まれます。

オンラインストアを改善する方法についてのアイデアについては、Shopifyブログの「販売向上のために商品ページを最適化する方法」を参照してください。

Googleのスマートショッピングキャンペーンを編集、一時停止、または削除する

管理画面からGoogleスマートショッピングキャンペーンを管理できます。[マーケティングセクション] から、下書き広告と公開済み広告を編集、一時停止、または削除できます。

マーケティングアクティビティまたはオートメーションの下書きを編集する際には、変更を保存または公開することができます。マーケティングページにはマーケティングアクティビティの下書きが表示され、マーケティング > オートメーションページにはオートメーションの下書きが表示されます。

Shopifyで作成したマーケティングアクティビティを削除するには、管理画面の [マーケティング] セクションに移動し、[キャンペーン] をクリックします。削除するマーケティングアクティビティを選択し、[アクティビティを削除する] をクリックし、[アクティビティを削除する] をもう一度クリックして選択を確定します。

Shopifyのマーケティングアクティビティまたはオートメーションを削除すると、以後それについて請求が発生することはありません。Shopifyは、関連するサービスと同期して、あなたが行った変更をアカウントに反映し更新しています。アクティビティまたはオートメーションがShopifyの外部で削除されている間は、Shopifyのステータスは削除中と表示されます。Shopifyの外部で完全に削除されたアクティビティは、Shopifyのリストから削除されます。マーケティングアクティビティやオートメーションは、永続的に削除されます。

Shopify以外で作成されたマーケティングアクティビティは、作成されたサービスから削除する必要があります。

Google広告に関するヘルプ

次のトピックに関するヘルプを受けるには、Google広告ヘルプにお問い合わせください。

  • Google広告の請求情報と請求書
  • ポリシー、広告レビュー、キャンペーンの最適化
  • Googleチャネルでサポートされていない広告のタイプ (ビデオキャンペーンなど) を設定する
  • Google Merchant Center
  • Googleアナリティクス

Shopify サポートに連絡して、Googleチャネルの設定や使用に関するヘルプを受けることができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す