レポートの絞り込みと編集

ストアでShopify Basicプラン以上のプランを利用している場合は、レポートを絞り込んで必要とする特定の情報を表示できます。また、レポートの列を追加または削除することもできます。

ストアでAdvanced Shopifyプラン以上のプランを利用している場合は、絞り込んで編集したレポートを保存したり、最初からカスタムレポートを作成したりできます。ストアでShopifyプランを利用している場合は、適用する絞り込みや編集は一時的なものです。

絞り込みの概要

絞り込みは、数や単語を使用する数式のように考えることができます。以下の例をご覧ください。

Billing country is Australia

販売レポートでこの絞り込みが使用されている場合、オーストラリアで立てられた売上のみがレポートに表示されます。その他のすべての売上はレポートから除外されます。

レポートのデータの上に絞り込みが表示されます。

2番目の例をご覧ください。

Billing country is not Australia

販売レポートでこの絞り込みが使用されている場合、オーストラリアを除く世界中の売上がレポートに表示されます。オーストラリアの売上はレポートから除外されます。

絞り込みの構成要素

絞り込みは、常に次の順序で3つのコンポーネントにより構成されます。

name operator values

  • 名前は特定のフィルターを識別し、列に対応します。例: Billing city
  • 演算子は、指定した値を実際のデータと比較します。現在、2つの演算子を使用できます。isis notです。isの演算子には等号のような正確な一致が必要です。
  • は、絞り込むための特定の単語または数です。たとえばAustralia、またはToronto or New Yorkがあります。

たとえばBilling country is Australiaの絞り込み:

  • Billing country名前です。
  • is演算子です。
  • Australiaです。

絞り込みの例をいくつか次に示します。

  • Sale channel name kind is Online Storeこの絞り込みを使用するレポートには、オンラインストアの売上のみが表示されます。他のチャネルを通じた売上は除外されます。

  • Product type is not Braceletこの絞り込みを使用する販売レポートには、ブレスレットを除くすべての商品の売上が表示されます。

複数の絞り込みを使用する

レポートに複数の絞り込みを設定できます。

  • 絞り込みに1つの名前のコンポーネントがあり、is演算子を複数ので使用する場合、値のいずれかが一致すると、レポートにデータが含まれます。例えば、Billing city is Toronto or New York Cityの場合を考えます。この絞り込みを使用したレポートでは、トロントとニューヨーク市の両方の売上に関するデータが表示されます。

  • 絞り込みに1つの名前のコンポーネントがあり、is not演算子を複数ので使用する場合、その値のいずれとも一致しないとデータがレポートに含まれます。たとえば、Billing city is not Toronto or New York Cityの場合を考えます。この絞り込みを使用したレポートには、トロントとニューヨーク市を除いた売上に関するデータが表示されます。

  • 絞り込みがis演算子であり、異なる名前のコンポーネントを持つ場合、すべての絞り込みが一致する場合にのみデータが含まれます。例えば、Billing city is TorontoSales channel name is Online Storeの場合を考えます。この例では、オンラインストアで行われたトロントの販売にのみデータが含まれます。トロントのPOS売上は含まれません。ニューヨークのオンラインストアの販売も含まれません。

レポートを絞り込む

レポートを絞り込んで、デフォルトで表示される情報を狭めることができます。たとえば、特定の販売チャネルまたは特定の配送エリアの売上のみを表示する絞り込みを追加することができます。

手順:

  1. レポートを開きます。

  2. [絞り込み] をクリックします。

  3. [絞り込みを追加] をクリックします。

  4. ドロップダウンリストで、絞り込みを選択します。絞り込みはカテゴリー別にグループ化されます。

  5. 絞り込みを設定します。

    1. フィールドの横にある演算子isか、is notを選択します
    2. 検索エリアで、絞り込みをするいずれかの値を入力するか、ドロップダウンリストから値を選択します。ドロップダウンリストには、レポートに現在表示されていない値であっても、レポートおよび時間範囲に関連する値が表示されます。

    空の値で絞り込みをする場合は、値が適用不可であることを示すためにN/Aを選択します。

    複数の値を指定できます。絞り込みが同じ名前の演算子を使用する場合、のいずれかが一致すると、データがレポートに含まれます。 3. さらに絞り込みを設定する場合は [絞り込みを追加する] をクリックして設定します。絞り込みが異なる名前の演算子を使用する場合、すべての絞り込みが一致する場合にのみデータが含まれます。

  6. [絞り込みを適用する] をクリックします。

絞り込まれたレポートを後で使用するためにレポートの保存を希望しており、ストアでAdvanced Shopifyプラン以上のプランを利用している場合は [名前を付けて保存する] をクリックし、名前を入力して [保存] をクリックします。その後、レポートページのカスタムレポートセクションでレポートを開くことができます。

ストアがShopifyプランを利用している場合は、絞り込みを適用したレポートを印刷またはエクスポートできますが、保存することはできません。

絞り込みを削除する

これ以上絞り込みを使用したくない場合は、絞り込みを完全に削除することができます。絞り込みを復元することはできません。したがって、複雑な絞り込みを設定している場合は、新しい名前でレポートを保存することをお勧めします。

絞り込みを削除するには、その横にあるXをクリックします。

例: 月別売上レポートを絞り込む

月別売上レポートには、すべての販売チャネルでの売上が表示されます。販売日をオンラインチャネルに限定することができます。

手順:

  1. [絞り込み] をクリックします。

  2. [絞り込みを追加] をクリックします。

  3. ドロップダウンリストで [販売チャネル名] を選択します。

  4. 検索フィールドにonlineと入力を開始し、[オンラインストア] を選択します。is演算子はデフォルトであるため、選択する必要はありません。

  5. [絞り込みを適用する] をクリックします。このレポートには、オンラインストアチャネルを通じての販売のみが表示されるようになりました。グラフの上に絞り込みが表示され、日付範囲の下にアクティブな絞り込み数が表示されています。データをさらに絞り込んで、そのチャネル内での特定の1つの商品を除くすべての商品の販売を表示するには、以下の操作を実行します。

  6. [絞り込み] をクリックします。

  7. [絞り込みを追加] をクリックします。

  8. 2番目の絞り込みのドロップダウンリストで [商品名] を選択します。

  9. 検索フィールドに商品名を入力し、表示されたら選択します。この例では、商品はDock Shoesです。

  10. [除外] を選択して、この商品を除外してください。

  11. [絞り込みを適用する] をクリックします。

このレポートには両方の絞り込みがあります。オンラインストアチャネルによる販売のみを表示し、ドックシューズ商品は除外されます。

これが1回限り使用するレポートであれば、そのレポートを印刷またはエクスポートすることができます。今後使用するためにレポートの保存を希望しており、ストアがAdvanced Shopifyプラン以上プランの場合は保存できます。

レポートの列を追加または削除する

ほとんどのレポートでは、デフォルトで表示されるより多くの情報や少ない情報を表示するために、列を追加および削除できます。

手順:

  1. レポートを開きます。

  2. [表示項目の変更] をクリックします。ドロップダウンリストには、追加または削除できる列が表示されます。デフォルトで表示される列にはチェックマークが付いています。

  3. 追加する列をチェックします。削除する列のチェックを外します。

後で使用するために編集されたレポートの保存を希望しており、ストアでAdvanced Shopifyプラン以上のプランを利用している場合は [名前を付けて保存する] をクリックし、名前を入力して [保存] をクリックします。その後、レポートページのカスタムレポートセクションでレポートを開くことができます。

例: 参照元によるセッションレポートに列を追加する

参照元によるセッションレポートを確認していて、参照元に関するより具体的な詳細情報が必要な場合は、[表示項目の変更] をクリックしてから [参照元サイト] を選択します。

レポート内に表示項目を変更した列と参照元サイトのデータが表示されます。

これが1回限り使用するレポートの場合、そのレポートを印刷またはエクスポートできます。今後使用するためにレポートの保存を希望する場合、Advanced Shopifyプラン以上のプランを利用している場合は保存できます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す