Monerisカードリーダー

スタンダードプラン以上でiPad向けShopify POSを使用している場合、Moneris iPP320端末を使用して、タップ、チップ、スワイプの決済を受け付けることができます。Moneris iPP320端末を使用して、主要なクレジットカード、デビットカード、およびApple PayやAndroid Payなどの非接触決済で決済を受け付けることができます。

このガイドを使用して端末を設定し、Shopify POSアプリから [クレジット/デビット] をタップしてカードの決済を行ってください。

Moneris iPP320端末

POSデバイスでMoneris端末を有効にすると、Monerisはそのデバイスのカード取引のみを処理します。ストアの決済サービス設定でMonerisを有効にする必要はありません。

引き続きオンラインストアのためにShopify ペイメントをクレジットカード決済サービスとして使用でき、別のサポートされているカードリーダーを取り付けた他のPOSデバイスでShopify ペイメントを使用できます。

このカードリーダーはどのようなユーザー向けですか?

Moneris iPP320端末は、移動がない店舗を持つカナダのマーチャント向けです。

Moneris端末は、お客様に最も幅広い決済オプションを提供したいカナダのマーチャントにとって理想的です。英語とフランス語の両方で動作し、Interac専用のカード (デビットMastercardやVisaデビットではないInteracカードなど) を受け付けることのできるShopifyでサポートされている唯一のカードリーダーです。

Moneris端末は、別の外部カード端末を使用する場合に発生する可能性のあるエラーのリスクを軽減します。別の外部カード端末を使用する場合、すべての取引金額を手動で入力して、Shopify POSに個別で販売を記録する必要があります。このプロセスは手間がかかるので遅く、エラーが発生しやすくなります。Moneris端末はShopify POSと統合されているため、アプリが取引を処理し、端末とやり取りが必要なのはお客様のみです。このプロセスは手間がかからず迅速で、ユーザーエラーを防ぎます。

Shopifyのサポートされている他のカードリーダーとは異なり、Moneris端末はインターネットネットワークに接続して電源に差し込む必要があるため、移動することがない1箇所のロケーションで使用するのに最適です。

必要事項

ShopifyでMoneris iPP320端末を使用するには以下が必要です。

  • スタンダードプラン以上のiPad向けShopify POS (バージョン3.5以上)。
  • カナダに拠点を置くShopifyアカウント。
  • ストアの通貨がカナダドルに設定されている。
  • 有効なMonerisマーチャントアカウント
  • 電源に接続できる。
  • POSでイーサネットとWi-Fi両方のネットワークアクセスが可能である。
  • iPad (端末はiPhoneまたはAndroid向けのShopify POSと互換性がありません)。

Moneris端末を取得する

Moneris iPP320端末の使用を始める前に、Monerisマーチャントアカウントにサインアップする必要があります。アプリケーションが承認されると、MonerisはShopifyで使用するための適切なソフトウェアを付属したMoneris iPP320端末を送ります。

既にMonerisアカウントをお持ちの場合は、MonerisのShopifyで動作する端末をMonerisに対してリクエストする必要があります。

ステップ1: 端末を接続する

端末には、端末をネットワークとAC電源アダプターに接続する1本の接続ケーブルが含まれています。

手順:

  1. 接続ケーブルのネットワークプラグをイーサネットジャックに差し込みます。
  2. 電源アダプターを接続ケーブルのポートに接続し、電源アダプターを電源に差し込みます。
  3. 接続ケーブルを決済端末の底の部分に差し込みます (コネクターはHDMIプラグに似ています)。端末付属のねじを使用して、ケーブルを端末に固定します。

端末を接続すると、ビープ音が鳴り、画面が点灯します。

ステップ2: 端末を設定する

端末を初めて起動すると、言語オプションで始まる端末設定を入力するよう求められます。端末に設定メニューの代わりに「ようこそ/Bonjour」が表示される場合、このガイドの「トラブルシューティング」セクションの手順に従って、再起動する必要があります。

Shopify POSで端末の使用を始める前に、正しい端末設定を入力する必要があります。以前に入力した端末設定の1つをキャンセルする必要がある場合は、赤のXボタンをクリックして再起動します。

設定処理の各手順で選択する必要がある設定は次のとおりです。

初期設定のデバイス設定
言語/Langue 英語F1フランス語はF4を押します。端末と印刷領収書のデフォルト言語を設定します。
非接触リーダー 非接触 (「タップ」) カードを有効にするにはF1を押します。
Mode F1を押してリストを下に移動させて [PCI] を選択し、緑のOボタンを押して確定します。
イーサネットIPタイプ 端末は動的アドレスを使用してネットワーク接続することも、ネットワーク設定を手動で指定することもできます。ほとんどの場合、動的アドレスを使用する必要があります。F4を押して [動的] を選択します。
IPホスト設定 [公開]、[作成] の順に選択します (F1またはF4を押して選択を変更し、緑のOボタンを押して確定します)。

[IPG1] を選択し、緑のOボタンを押して確定します。設定が完了してもカードリーダーが接続されない場合、IPG2またはIPG3を使用して設定手順を繰り返します。
自動DNS 特別なネットワーク要件がない場合は、F1を押して [はい] を選択します。
IP設定再試行期間を入力する このデフォルトは10です。緑のO ボタンを押して確定します。
ホスト接続タイムアウトを入力する デフォルトは20です。緑の O ボタンを押して確定します。
カードのビープ音を消す お客様が購入完了後にカードを挿入したままにしておくと、端末がビープ音を鳴らすかどうかを管理します。F1を押して [オン] を選択すると、カードが残っているときにビープ音が鳴りF4を押すと [オフ] が選択されます。
キャッシュバック F4を押して [いいえ] を選択します。Shopify POSはキャッシュバックをサポートしていません。
サーチャージ [なし] (F1またはF4を押して選択を変更) を選択し、緑のOボタンを押して確定します。Shopify POSはサーチャージをサポートしていません。
ステータスレポート この機能を有効にするにはF1を押します。
ERNEX ERNEXロイヤルティカードシステムを無効にするには F4を押します。Shopify POSはERNEXをサポートしていません。

設定を入力すると、端末はほぼ使用できる状態です。緑のOボタンを2回押して、ようこそ/Bonjour画面を表示します。端末のネットワーク設定を変更した場合は、ようこそ/Bonjour画面が表示される前に自動的に再起動します。

ステップ3: 新しい端末を使用するためにShopify POSを設定する

端末を設定したら、iPadのShopify POSアプリで端末を有効にできます。この手順を完了するには、端末またはメールでMonerisから受け取った『Monerisマーチャント情報シート』を参照する必要があります。

手順:

  1. Shopify POSから [ストア] > [決済タイプ] の順にタップします。
  2. [Moneris端末] をタップします。
    Shopify POSの決済設定画面のMoneris端末ボタン
  3. [トグルボタン] をタップしてMoneris端末を有効にします。そうするとIPアドレスマーチャントIDおよびECR IDの入力が必要な3つのフィールドが表示されます。
    Monerisの設定画面
  4. 端末のIPアドレスを入力します。F2およびF3の順に押すと、端末にIPアドレスが表示されます。そのIPアドレスを端末に表示されるのと同じ方法でiPadに入力します。アドレスはピリオドで区切られた複数の数字4セットの組み合わせです。
  5. マーチャントIDを入力します。これは『Monerisマーチャント情報シート』に含まれています。マーチャントIDは一般に0030で始まる13桁の番号です。Moneris端末が複数ある場合、マーチャントIDはあなたのアカウント番号であるため、すべて同じになります。
  6. Monerisマーチャント情報シート』に含まれているECR IDを入力します。ECR IDは、各端末固有の番号です。これは一般に8桁の長さで、『Monerisマーチャント情報シート』のデビット/クレジットECRに表示されます。ECR IDは端末のシリアル番号と同じではありませんのでご注意ください。
  7. これらの設定を入力したら、iPad画面の右上にある [端末を初期化] をタップします。初期化には1分ほどかかる場合があります。完了すると、Shopify POSから通知されます。この処理により、設定が正しいことを確認し、端末をマーチャントアカウント情報で更新します。

Monerisでアカウントを変更した場合は (処理限度や受け付ける決済の形式を変更するなど)、設定画面に戻り [端末を初期化] を再度タップして変更を有効にすることができます。

取引コード

Moneris iPP320で取引を処理した後、注文の詳細ページのタイムラインセクションで取引に関する情報を探せます。取引の参照番号の最後に、決済の処理方法を示す文字が表示されます。

コード 説明
S カードをスワイプした
M カード情報を手動で入力した
C チップカードを挿入した
H EMVカードをタップした
T 非接触磁気ストライプカードをタップした
F チップ失敗後にフォールバックスワイプをした
G すべてのカードインターフェイス (タップ、チップ、スワイプ) に失敗した後の手動入力
Q チップ失敗によりカードが拒否された

手順:

  1. 管理画面の注文ページで、Moneris端末で処理した注文番号をクリックします。
  2. タイムラインセクションで [xx.xxドルは半統合Monerisで決済を処理しました] をクリックします。
    注文のタイムラインセクションのMoneris取引メッセージ
  3. [ゲートウェイからの情報] をクリックします。
    ゲートウェイボタンからの情報

EMV領収書の詳細セクションにおいて、取引コードは参照番号の末尾にある文字です。

注文のタイムラインセクション内の取引コード

高度なネットワーク

ネットワークに問題がある場合、端末のイーサネットIPタイプを動的IPアドレスから静的IPアドレスに変更してから、端末に使用するアドレスを予約するためにネットワークルーターを設定できます。

手順:

  1. このガイドのトラブルシューティングセクションの手順に従って、端末を再起動します。
  2. 上記の設定表 (「手順2」を参照) の手順に従いますが、[動的] ではなくイーサネットIPタイプのプロンプトで [静的] を選択します。
  3. [静的] を選択したら、ルーターのIPアドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイ、およびプライマリとサブのDNSサーバーを入力します (この情報はルーターの設定で確認できます)。
  4. 端末の設定を完了します。

トラブルシューティング

  • 端末エラーの初期化に失敗した
  • 端末のモデルとソフトウェアのバージョンを確認する
  • 複数のiPadの使用
  • 端末の設定メニューに戻る
  • Shopify POSの接続エラー
  • Moneris端末を再度初期化する
  • PEDのシリアルナンバーエラー不一致の初期化に失敗した
  • サポートへの問い合わせ

端末エラーの初期化に失敗した

場合によっては、Moneris端末でIPアドレスを変更されることがあります。端末を再度初期化する前に、上記の接続エラーの手順に従ってIPアドレスを確認して更新する必要があります。

端末のモデルとソフトウェアのバージョンを確認する

Shopify POSを使用するには、Moneris端末は、正しいソフトウェアがインストールされたiPP320である必要があります。端末の再起動時に表示されるシリアルナンバーを使用して、端末のソフトウェアのバージョンを確認できます。

手順:

  1. Moneris端末の背面にある端末のモデル番号がiPP320であることを確認します。
  2. 端末のプラグを抜き、再度差し込んで再起動します。
  3. 端末を再起動すると、4番目の画面に、ソフトウェアシリアル番号がUxxxx-xxxxxxxxの形式で表示されます。xは数字です。最初の4つの数字はソフトウェアのバージョンを表しています。最初の4つの数字が次のパターンのいずれかであることを確認します。 - 02240253
    • 1117以上。

数字がこれらのパターンのいずれかと一致する場合、端末のソフトウェアはShopify POSと互換性があります。

複数のiPadの使用

Moneris端末は、一度に1台のiPadのみで接続する必要があります。複数のiPadを1台の端末に接続すると、ネットワーク接続が失敗し、売上が消えてしまう危険性があります。

店舗で複数のiPadを使って販売する場合、iPadごとにMoneris端末を追加する必要があります。

端末の設定メニューに戻る

新しい端末の電源を初めて入れると、端末の設定メニューが自動的に表示されます。端末の設定を変更する場合は、端末を再起動し、手動で設定メニューを開く必要があります。

手順:

  1. 端末を再起動するには、黄色の<ボタンと句読点.,#*ボタンを同時に長押しします。端末の画面が点滅したら、ボタンを放します。
  2. 端末が再起動し、画面に「U-0224-NNNNNNNNN」のようなメッセージが表示されたら、赤色のXボタンを押して放し、すぐに緑色のOボタンを押して設定メニューを開きます。
  3. 設定表の手順に従って (「手順2」を参照) 端末を設定します。

Shopify POSの接続エラー

ストア内のネットワーク接続が安定していない場合、Shopify POSは端末に接続できない場合があります。

端末のイーサネットIPタイプ動的に設定されている場合、ストア内のインターネット接続が失敗すると、Shopify POSとの接続が失われる可能性があります。この場合、Shopify POSのチェックアウト画面に「カードリーダーが接続されていません」というメッセージが表示され、続行する前に端末のIPアドレスを含めるようShopify POSの設定を更新する必要があります。

手順:

  1. Shopify POSの [設定] メニューを開き [決済タイプ] をタップします。
  2. [Moneris端末] をタップします。
  3. 端末で F2F3を押して現在のIPアドレスを表示します。
  4. Shopify POSに端末の新しいIPアドレスを入力します。
  5. [端末を初期化] をタップして変更を保存します。

この問題が頻繁に発生する場合、端末のイーサネットIPタイプ動的ではなく静的に変更できます (上記の「高度なネットワーク」セクションを参照)。

Moneris端末を再度初期化する

Moneris端末を再度初期化する必要がある場合がありますが、それは、Shopify POSの決済設定でオフまたはオンに切り替えたり、Monerisアカウントで何かを変更したりする場合などです。

場合によっては、Moneris端末でIPアドレスを変更されることがあります。端末を再度初期化する前に、上記の接続エラーの手順に従ってIPアドレスを確認して更新する必要があります。

IPアドレスを更新する必要があるため、Shopify POSアプリが初期化モードで停止した場合、IPアドレスを更新する前にアプリを強制終了できます。

手順:

  1. iPadのホームボタンを2回押すと、iPadで実行しているすべてのアプリが表示されます。
  2. Shopify POSアプリを探して、それを上にスワイプしてアプリのリストから削除します。
  3. iPadのホームボタンを押して、iPadのホーム画面に戻ります。
  4. Shopify POSアプリを見つけタップして開き、接続エラーの手順に従います。

PEDのシリアルナンバーエラー不一致の初期化に失敗した

PEDのシリアルナンバー不一致を初期化できませんでしたエラーは、次の2つのいずれかを意味します。

  • 端末で動作するようにShopify POSを設定した際にマーチャントIDまたはECR IDが正しく入力されなかった。
  • 端末がMonerisによって正しく有効化されなかった。

Shopify POSでマーチャントIDとECR IDが正しく入力されているかを確認してください。IDが正しく入力されている場合、Monerisサポートにお問い合わせください。

サポートへの問い合わせ

これらのトラブルシューティング手順を試しても、端末をShopify POSに接続できない場合は、Shopifyサポートにお問い合わせください。取引、支払い、または端末の使用に関する支援が必要な場合、サポートページからMonerisサポートに問い合わせるか、1-866-319-7450に電話してください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す