USPSによる配送を有効にする

アメリカおよびカナダに拠点を置くフルフィルメントロケーションからの配送にShopify Shippingを利用している場合、管理画面での送料の自動計算がデフォルトで有効となっています。USPSユーザーIDを別途作成する必要はなく、次回の注文の配送ラベルを購入するところから開始できます。

USPSと配送料のディスカウントの交渉を行った場合、管理画面でUSPSのサービスを有効にする際にユーザーIDを入力することで、お客様のチェックアウト時にディスカウントされた送料を表示することができます。

USPSのユーザーIDを作成する

USPSのウェブツール登録フォームに記入して、USPSウェブツールユーザーIDを登録します。

サインアップの処理が完了すると、ユーザーIDが記載されたメールがUSPSから送信されます。このUSPSユーザーIDは、Shopifyで有効化を完了するために必要です。

USPS Web ToolsのユーザーIDは、文字と数字の組み合わせです。たとえば123ABCDE1234ですが、これはUSPSにより自動的に生成されます。

ユーザーIDを取得することにより、登録時にUSPSでのパッケージ追跡、送料、サービス配達標準APIにアクセスすることが可能となります。

アカウントを接続すると、USPSの商用料金がデフォルトでチェックアウト時に表示されます。USPSの商用料金は、小売価格よりも安価で、ラベルをオンラインで購入する必要があります。より高い料金を表示する場合は、USPSの自動計算された送料を追加する際に、小売価格を有効にできます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す