2022年のBFCMに向けてSFNを活用しShopifyストアを設定する

readiness hubと書かれたボックスの画像

BFCMやホリデーショッピングシーズン中は、お客様の需要に対応することが特に難しくなる時期となります。この課題に取り組むため、通常、以下の分野で、ストアとShopify フルフィルメントネットワーク (SFN) アプリの設定を行う必要があります。

  • 需要予測と在庫管理
  • 注文とフルフィルメントの管理のワークフロー
  • 不正注文防止の措置
  • お客様にとって便利な返品方法の提供

BFCMやホリデーショッピングシーズンは、あなたのビジネスにとっては1年の中で最も忙しい時期ではないかもしれませんが、フルフィルメントや配送のネットワーク全体では膨大な業務があるため、あなたのビジネスにも影響が及びます。そのため、あらかじめ準備をしておく必要があります。このページの情報を確認して、BFCMやホリデーショッピングシーズンに向けて、Shopifyストアでどんな準備をすべきかについて理解しましょう。

ストアの連絡先の各種設定を確認する

注文のフルフィルメントに関連して遅延や問題が発生した場合には、SFNがあなたのビジネスの担当者に問い合わせることができるように、SFNアプリの連絡先の各種設定を確認し、情報が正確であるようにしておきます。

予想注文を定期的に確認して更新する

SFNがフルフィルメントの増加量に対応できるようにするため、予想注文を定期的に確認して更新することは重要です。予想注文の情報を最新の状態に保つことで、SFNはネットワークを最適化して、お客様に対して迅速に配達することができます。

予想注文の確認と更新について、詳しくはこちらをご覧ください。

ストアの不正注文防止の設定を行う

不正注文に対するチャージバックにより、ビジネスは損失を被る可能性があります。ビルトイン不正解析は、機械学習アルゴリズムを使用しており、疑わしい注文を見つけるのに役立ちます。また、不正注文を防止するために、ストアで以下の設定を行うことができます。

リスクの高い注文や高額な注文を保留にするワークフローを設定することで、SFNが注文をフルフィルメントする前に、リスクの高い注文や高額な注文を手動で確認する時間を確保できます。保留の注文を迅速に見つけられるようにするため、[保留] ステータスの注文をすべて表示する保留注文ビューを作成することができます。

フルフィルメントの遅延を設定する

SFNにフルフィルメントリクエストが送信される前に注文を確認する時間を確保するために、フルフィルメントの遅延を設定することができます。フルフィルメントの遅延を設定すると、フルフィルメントリクエストのステータスは、遅延設定の際に選択した時間の間、[保留中] になります。遅延時間の終了時に、フルフィルメントリクエストは自動でSFNに送信されます。

確認の必要がある注文を管理しやすくするため、[保留中] ステータスのすべての注文に迅速にアクセスできる注文ビューを作成することができます。

SFNフルフィルメントセンターへの返品を設定する

BFCMやホリデーショッピングシーズン中の返品を管理しやすくするため、お客様がSFNフルフィルメントセンターに返品できるようにすることを検討してください。SFNに返品される商品は、あなたがSFNアプリで設定する返品ルールに従って、また商品が販売不可能なアイテムや制限されているアイテムであるかどうかに応じて、検査および処理されます。お客様がSFNに直接返品できるようにすることにより、商品を販売可能な状態に保ち、迅速に在庫に戻すことが可能になります。

SFN返品処理を有効にする

  1. 管理画面から、[設定] > [アプリと販売チャネル] の順にクリックします。

  2. [アプリと販売チャネル] ページで、[Shopify Fulfillment Network] をクリックします。

  3. [アプリを開く] をクリックします。

  4. [設定] をクリックします。

  5. [返品] セクションで、[有効化する] をクリックします。

返品処理を有効にした後で、返品ラベルを手動で作成してお客様に提供するか、事前承認された返品用ラベルを有効化して、SFNでフルフィルメントされるすべての注文に返品用ラベルを同封することができます。返品はSFNの請求書で請求されます。料金はSFN料金カードで確認することができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す