新しいFlowのトリガーとアクション

ワークフローで使用できるアクションは、ワークフローを起動するために使用するトリガーによって決まります。アクションは、トリガーイベントが発生したときに実行されるか、条件と照合するように設定できます。

トリガーとアクションのリファレンス

下書き注文が作成されたとき

[下書き注文が作成されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが下書き注文を作成したときに起動します。

留意事項

このトリガーは、新たに作成された下書き注文にのみ適用されます。[下書き注文が作成されたとき] トリガーを使用するワークフローの作成前に作成された下書き注文や、項目が含まれない下書き注文では、このトリガーを使用するワークフローは起動しません。

下書き注文トリガーを使用するワークフローは、注文には影響しません。[注文が作成されたとき] トリガーを使用すると、注文に影響が及びます。

アクション

[下書き注文が作成されたとき] トリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[下書き注文が作成されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 顧客タグを追加する
  • 下書き注文タグを追加する
    下書き注文を注文に変換すると、下書き注文タグは注文タグとなります。
  • 注文項目を追加
  • 下書き注文のメタフィールドを作成する
  • リダイレクトURLを作成する
  • ショップのメタフィールドを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 顧客タグを削除する
  • 下書き注文タグを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{customer.note}} The content that you want to add to the note.
  • 下書き注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

下書き注文が作成されたときにお客様にタグを追加するワークフローの例

このワークフローの例では、お客様アカウントに関連付けられている下書き注文が作成されると、タグが追加されます。

下書き注文が削除されたとき

[下書き注文が削除されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用しているユーザーが下書き注文を削除したときに起動します。

留意事項

下書き注文トリガーを使用するワークフローは、注文には影響しません。[注文が削除されたとき] トリガーを使用すると、注文に影響が及びます。

アクション

[下書き注文が削除されたとき] トリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[下書き注文が削除されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する

下書き注文が削除されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、下書き注文が削除されるとメールが送信されます。

商品が削除されたとき

[商品が削除されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが管理画面から商品を削除したときに起動します。

留意事項

削除された商品は復元できません。それで削除を元に戻すワークフローを作成することはできません。

アクション

[商品が削除されたとき] トリガーを使用すると、Product Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[商品が削除されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する

商品が削除されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフローの例では、商品が削除されるとメールが送信されます。

お客様プロフィールが作成されたとき

[お客様プロフィールが作成されたとき] トリガーは、新しいお客様が注文を行うか、お客様プロフィールがユーザーによって手動で作成されたときに起動します。

留意事項

このトリガーは、新しく作成されたお客様プロフィールにのみ適用されます。既存のお客様プロフィールの編集の場合は [お客様プロフィールが作成されたとき] トリガーは起動しません。

アクション

[お客様プロフィールが作成されたとき] トリガーを使用すると、Customer Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは [お客様プロフィールが作成されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • お客様のメタフィールドを追加する
  • 顧客タグを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • お客様のメタフィールドを削除する
  • 顧客タグを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{customer.note}} The content that you want to add to the note.

お客様プロフィールが作成されたときにお客様タグを追加するワークフローの例

このワークフローの例では、お客様プロフィールが作成されたときにお客様アカウントにタグが追加されます。

お客様が削除されたとき

[お客様が削除されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが管理画面からお客様プロフィールを削除したときに起動します。

留意事項

注文履歴のあるお客様プロフィールを削除することはできませんが、無効にすることはできます。お客様アカウントが無効になったときに実行されるワークフローを作成するには、「[お客様アカウントが無効になったとき] トリガー」を参照してください。

アクション

[お客様が削除されたとき] トリガーを使用すると、Customer Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[お客様が削除されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

ストアの例

お客様が削除されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、お客様が削除されるとメールが送信されます。

お客様アカウントが有効になったとき

[お客様アカウントが有効になったとき] トリガーは、お客様プロフィールがお客様アカウントになったときに起動します。このステータスの変更は、お客様がアカウント作成の招待メールを承諾したときか、オンラインストアでチェックアウト時に情報を送信したときに起動します。

アクション

[お客様アカウントが有効になったとき] トリガーを使用すると、Customer Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[お客様アカウントが有効になったとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • お客様のメタフィールドを追加する
  • 顧客タグを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除します
  • お客様のメタフィールドを削除する
  • 顧客タグを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{customer.note}} The content that you want to add to the note.

お客様アカウントが有効になったときにお客様タグを追加するワークフローの例

このワークフロー例では、お客様アカウントが有効になるとお客様タグが追加されます。

お客様アカウントが無効になったとき

[お客様アカウントが無効になったとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが管理画面でお客様アカウントを無効にしたときに起動します。

アクション

[お客様アカウントが無効になったとき] トリガーを使用すると、Customer Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[お客様アカウントが無効になったとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • お客様のメタフィールドを追加する
  • 顧客タグを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除します
  • お客様のメタフィールドを削除する
  • 顧客タグを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{customer.note}} The content that you want to add to the note.

お客様アカウントが無効になったときにお客様タグを追加するワークフローの例

このワークフローの例では、お客様アカウントが無効になったときにお客様タグが追加されます。

在庫数量が変更されたとき

[在庫数量が変更されたとき] トリガーは、注文が行われて特定の商品の利用可能な在庫が減少したときに起動します。

留意事項

[在庫数量が変更されたとき] トリガーを使用したワークフローを起動するには、商品の [在庫を追跡する] にチェックを入れる必要があります。下書き注文が注文に変わるまでは、利用可能な在庫が影響を受けることはありません。このトリガーは商品に影響を与える条件やアクションの使用に対応しています。在庫アイテムに影響を与えるワークフローについては、「[在庫アイテムが作成されたとき] トリガー」を参照してください。

アクション

[在庫数量が変更されたとき] トリガーを使用すると、Product Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは [在庫数量が変更されたとき] トリガーで起動するワークフローで使用できます。

  • 商品タグを追加する
  • コレクションに商品を追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 商品のメタフィールドを作成する
  • 商品バリエーションのメタフィールドを作成する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 商品を非表示にする
  • 商品を公開する
  • コレクションから商品を削除する
  • 商品のメタフィールドを削除する
  • 商品タグを削除する
  • 商品バリエーションのメタフィールドを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

ストアの例

在庫が0未満から0より多くなったときに商品を公開するワークフローの例

このワークフローの例では、商品の在庫数量が0未満から0より大きい値に変更された場合に、商品が公開されます。

商品がストアに追加された

[商品がストアに追加されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが管理画面から新しい商品を追加したときに起動します。

留意事項

このトリガーは、新しい商品にのみ適用されます。既存の商品に新しいバリエーションが追加されたときには起動しません。新しいバリエーションが追加されたときに起動するワークフローについては、「[商品バリエーションが追加されたとき] トリガー」を参照してください。[商品がストアに追加されたとき] トリガーは、新しい商品がオンラインストア販売チャネルに追加されたかどうかにかかわりなく、管理画面に追加されたときに起動します。

アクション

[商品がストアに追加されたとき] トリガーを使用すると、Product Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[在庫数量が変更されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 商品タグを追加する
  • コレクションに商品を追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 商品のメタフィールドを作成する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除します
  • 商品を非表示にする
  • 商品を公開する
  • コレクションから商品を削除する
  • 商品のメタフィールドを削除する
  • 商品タグを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

商品がストアに追加されたときに商品をコレクションに追加するワークフローの例

このワークフローの例では、商品がストアに追加されたときに、その商品がコレクションに追加されます。

注文がキャンセルされたとき

[注文がキャンセルされたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが未発送の注文をキャンセルしたときに起動します。

留意事項

注文をキャンセルすると処理中の注文が停止されます。これは注文の削除とは異なります。注文が削除されたときに起動するワークフローについては、「[注文が削除されたとき] トリガー」を参照してください。返金と在庫補充の設定によっては、注文をキャンセルすると、[返金が作成されたとき] トリガーや [在庫アイテムが作成されたとき] トリガーを使用するワークフローを起動する条件が作成される場合があります。複数のトリガーを同時に起動するワークフローを作成すると、想定していない結果になることがあるので作成しないようにしてください。

アクション

[注文がキャンセルされたとき] トリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[注文がキャンセルされたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 顧客タグを追加する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • 注文のメタフィールドを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 顧客タグを削除する
  • 注文タグを削除する
  • 注文のメタフィールドを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • フルフィルメントをリクエストする
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。 {{customer.note}} The content that you want to add to the note.
  • 注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

注文がキャンセルされたときに注文をアーカイブするワークフローの例

このワークフローの例では、注文がキャンセルされるとその注文はアーカイブされます。

注文が作成されたとき

[注文が作成されたとき] トリガーは、お客様が注文を行ったとき、あるいは下書き注文が支払い済みとマークされて注文に変わったときに起動します。

アクション

[注文が作成されたとき] トリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[注文が作成されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 顧客タグを追加する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • 注文のメタフィールドを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 顧客タグを削除する
  • 注文タグを削除する
  • 注文のメタフィールドを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • フルフィルメントをリクエストする
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。 {{customer.note}} The content that you want to add to the note.
  • 注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

注文が作成されたときにお客様に関するメモを更新するワークフローの例

このワークフローの例では、お客様が新しい注文を作成すると、お客様に関するメモが更新されます。

注文が削除されたとき

[注文が削除されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用しているユーザーが注文を削除したときに起動します。

留意事項

注文を削除すると、その注文は管理画面に表示されなくなります。これは注文のキャンセルとは異なります。注文がキャンセルされたときに起動するワークフローについては、「[注文が削除されたとき] トリガー」を参照してください。

アクション

[注文が削除されたとき] トリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは [注文が削除されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

注文が削除されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、注文が削除されるとメールが送信されます。

注文がフルフィルメントされたとき

[注文がフルフィルメントされたとき] トリガーは、注文のすべての項目がフルフィルメントされたときに起動します。

留意事項

このトリガーは、自動でフルフィルメントされた注文と手動でフルフィルメントされた注文の両方に適用されます。一部がすでに発送済みの注文の場合、[注文がフルフィルメントされたとき] トリガーを使用したワークフローは起動しません。

アクション

[注文がフルフィルメントされたとき] トリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[注文がフルフィルメントされたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 顧客タグを追加する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • 注文のメタフィールドを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 顧客タグを削除する
  • 注文タグを削除する
  • 注文のメタフィールドを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • フルフィルメントをリクエストする
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。 {{customer.note}} The content that you want to add to the note.
  • 注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

注文がフルフィルメントされたときに注文をアーカイブするワークフローの例

このワークフローの例では、注文がフルフィルメントされるとその注文がアーカイブされます。

注文が支払われたとき

[注文が支払われたとき] トリガーは、注文の決済ステータスが支払い済みに変わったときに起動します。

クレジットカード決済が確定されたとき、または手動の決済方法を使用した注文が支払い済みとマークされたときに、注文のステータスは支払い済みになります。

留意事項

代金の一部をすでに支払っている場合、または資金を承認した場合では、[注文が支払われたとき] トリガーを使用したワークフローは起動しません。

アクション

[注文が支払われたとき] トリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[注文が支払われたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 顧客タグを追加する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • 注文のメタフィールドを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 顧客タグを削除する
  • 注文タグを削除する
  • 注文のメタフィールドを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • フルフィルメントをリクエストする
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。 {{customer.note}} The content that you want to add to the note.
  • 注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

支払い済みの注文にタグを追加するワークフローの例

このワークフローの例では、注文の支払いが行われると注文にタグが追加されます。

注文リスクが分析されたとき

[注文リスクが分析されたとき] トリガーは、注文の不正解析が完了すると起動します。

留意事項

不正解析の処理には時間がかかるので、[注文のリスクが分析されたとき] トリガーを使用したワークフローは、注文の作成後すぐには実行されません。

アクション

[注文リスクが分析されたとき] トリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[注文リスクが分析されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 顧客タグを追加する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • 注文のメタフィールドを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 顧客タグを削除する
  • 注文タグを削除する
  • 注文のメタフィールドを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • フルフィルメントをリクエストする
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。 {{customer.note}} The content that you want to add to the note.
  • 注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

リスクレベルが高い場合に注文をキャンセルするワークフローの例

このワークフローの例では、リスクレベルが高い注文はキャンセルされます。

注文取引が作成されたとき

order transaction createdトリガーは、注文取引が作成されたときに開始されます。

アクション

order transaction createdトリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを起こすことができます。以下のアクションは、order paidトリガーで始まるワークフローで使用できます。

  • 顧客タグを追加する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • 注文のメタフィールドを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 顧客タグを削除する
  • 注文タグを削除する
  • 注文のメタフィールドを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。 {{customer.note}} The content that you want to add to the note.
  • 注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

注文取引が作成された時にメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、注文取引が作成されるとメールが送信されます。

返金が作成されたとき

[注文の返金が作成されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが注文の返金を一部またはすべて行ったときに起動します。

留意事項

注文が返金された後に注文の返金を作成することはできません。そのような場合、注文の返金の作成を試みるアクションは失敗します。[注文の返金が作成されたとき] トリガーによって起動するワークフローでは、注文の返金を作成するアクションを使用しないでください。

返金と在庫補充の設定によっては、注文への返金を行うと、[注文がキャンセルされたとき] トリガーや [在庫アイテムが作成されたとき] トリガーを使用したワークフローを起動する条件が作成される場合があります。複数のトリガーを同時に起動するワークフローを作成すると、想定していない結果になることがあるので作成しないようにしてください。

アクション

[返金が作成されたとき] トリガーを使用すると、Order Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは [返金が作成されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 顧客タグを追加する
  • 顧客タグを削除する
  • お客様に関するメモを更新する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • 注文タグを削除する
  • 注文メモを更新する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • フルフィルメントリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • メールを送信する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 注文のメタフィールドを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する

返金が作成されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、返金が作成されるとメールが送信されます。

コレクションが削除された

[コレクションが削除されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用しているユーザーが管理画面からコレクションを削除したときに起動します。

留意事項

削除されたコレクションは復元できません。それで削除を元に戻すワークフローを作成することはできません。

[コレクションが削除されたとき] トリガーで起動するワークフローは、手動のコレクションと自動のコレクションの両方に適用されます。

アクション

[コレクションが削除されたとき] トリガーを使用すると、Collection Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[コレクションが削除されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

コレクションが削除されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、コレクションが削除されるとメールが送信されます。

コレクションが作成された

[コレクションが作成されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが管理画面からコレクションを作成したときに起動します。

留意事項

[コレクションが作成されたとき] トリガーによって起動するワークフローは、手動コレクションと自動コレクションの両方に適用されます。

アクション

[コレクションが作成されたとき] トリガーを使用すると、Collection Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[コレクションが削除されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • ショップのメタフィールドを追加する
  • コレクションのメタフィールドを作成する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • コレクションのメタフィールドを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

コレクションが作成されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、コレクションが作成されるとメールが送信されます。

商品バリエーションが更新されたとき

[商品バリエーションが追加されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが既存の商品にバリエーションを追加したときに起動します。

留意事項

新しい商品を追加するとデフォルトのバリエーション1つが作成されるため、[商品バリエーションが追加されたとき] トリガーを使用するワークフローは、新しい商品が管理画面に追加されると起動します。このトリガーは、新しい商品の追加、既存の商品のバリエーションの作成、バリエーションの複製、または一括操作など、あらゆる方法で作成されたバリエーションに影響します。

アクション

[商品バリエーションが追加されたとき] トリガーを使用すると、ProductVariant Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[商品バリエーションが追加されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

商品バリエーションが追加されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフローの例では、商品バリエーションが追加されるとメールが送信されます。

商品バリエーションは削除された

[商品バリエーションが削除されたとき] トリガーは、あなたの組織のユーザーまたは外部アプリを使用するユーザーが商品からバリエーションを削除したときに起動します。

留意事項

既存の商品のバリエーションの作成すると、その商品のデフォルトのバリエーション1つが削除されるので、すでに管理画面にある商品にバリエーションが追加されると [商品バリエーションが削除されたとき] トリガーを使用したワークフローが起動します。このトリガーは、商品の削除、商品バリエーションの削除、または一括操作など、方法に関わらず削除されたバリエーションに影響します。

アクション

[商品バリエーションが削除されたとき] トリガーを使用すると、ProductVariant Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[商品バリエーションが削除されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

商品バリエーションが削除されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、商品バリエーションが削除されるとメールが送信されます。

フルフィルメントが作成されたとき

[フルフィルメントが作成されたとき] トリガーは、新しいフルフィルメントが作成されたときに起動します。

アクション

[フルフィルメントが作成されたとき] トリガーを使用すると、Fulfillment Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[フルフィルメントが作成されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 顧客タグを追加する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • 注文のメタフィールドを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 顧客タグを削除する
  • 注文タグを削除する
  • 注文のメタフィールドを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • フルフィルメントをリクエストする
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • お客様に関するメモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。 {{customer.note}} The content that you want to add to the note.
  • 注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

フルフィルメントが作成されたときに注文タグを追加するワークフローの例

このワークフローの例では、フルフィルメントが作成されたときに注文タグが追加されます。

フルフィルメントイベントが作成された

[フルフィルメントイベントが作成されたとき] トリガーは、既存の注文のフルフィルメント状況が変更されたときに起動します。

留意事項

[フルフィルメントイベントが作成されたとき] トリガーは、受取済み、配送中、配達済みなど、外部フルフィルメントサービスからの状況更新には適用されますが、手動のフルフィルメントイベントでは、[フルフィルメントイベントが作成されたとき] トリガーを使用したワークフローは起動しません。手動のフルフィルメントワークフローについては、「[注文がフルフィルメントされたとき] トリガー」を参照してください。

アクション

[フルフィルメントイベントが作成されたとき] トリガーを使用すると、FulfillmentEvent Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[フルフィルメントイベントが作成されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • 注文のメタフィールドを追加する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 注文のメタフィールドを削除する
  • 注文タグを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • フルフィルメントをリクエストする
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • 下書き注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.
  • 注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

フルフィルメント状況が受取の準備完了となったときにメールを送信するワークフローの例

このワークフローの例では、フルフィルメント状況が受取の準備完了になるとメールが送信されます。

在庫アイテムが作成されたとき

[在庫アイテムが作成されたとき] トリガーは、商品バリエーションに関連付けられている在庫アイテムが作成されたときに起動します。

留意事項

[在庫アイテムが作成されたとき] トリガーは、特定の商品バリエーションの在庫追跡が有効であるかどうかにかかわりなく起動するので、このトリガーを使用したワークフローは、新しいバリエーションが作成されたときを含め、在庫が追加されたときにはいつでも起動します。商品に影響するワークフローについては、「[在庫数量が変更されたとき] トリガー」を参照してください。

アクション

[在庫アイテムが作成されたとき] トリガーを使用すると、InventoryItem Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは [在庫アイテムが作成されたとき] トリガーで起動するワークフローで使用できます。

  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

追跡されていない在庫アイテムが作成されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフローの例では、追跡されていない在庫アイテムが作成されるとメールが送信されます。

在庫アイテムが削除されました

[在庫アイテムが作成されたとき] トリガーは、商品バリエーションと関係付けられている在庫アイテムが削除されたときに起動します。

留意事項

[在庫アイテムが作成されたとき] トリガーは、特定の商品バリエーションの在庫追跡が有効であるかどうかにかかわりなく起動します。

アクション

[在庫アイテムが削除されたとき] トリガーを使用すると、InventoryItem Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[在庫アイテムが削除されたとき] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する

在庫アイテムが削除されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、在庫アイテムが削除されるとメールが送信されます。

支払い取引が作成されたとき

[支払い取引が作成されたとき] トリガーは、決済や返金など金銭に関係するアクションが発生したときに起動します。

アクション

[支払い取引が作成されたとき] トリガーを使用すると、TenderTransaction Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できます。以下のアクションは、[支払い取引が作成されたとき] トリガーで起動するワークフローで使用できます。

  • 注文のメタフィールドを追加する
  • 注文項目を追加
  • 注文タグを追加する
  • ショップのメタフィールドを追加する
  • 注文をアーカイブ
  • 注文をキャンセルする
  • 支払いを確定する
  • リダイレクトURLを作成する
  • リダイレクトURLを削除する
  • 注文を支払い済みとしてマークする
  • 注文のメタフィールドを削除する
  • 注文タグを削除する
  • ショップのメタフィールドを削除する
  • フルフィルメントをリクエストする
  • メールを送信する
  • HTTPリクエストを送信する
  • 注文のアーカイブを解除
  • 注文メモを更新する
    デフォルトでは、この操作によってメモの内容が変更されます。既存のメモに内容の追加を希望する場合、メモフィールドに次のように入力します。{{order.note}} The content that you want to add to the note.

10,000件以上の支払い取引が作成されたときにメールを送信するワークフローの例

このワークフローの例では、支払い取引が10,000件以上作成されるとメールが送信されます。

条件の順序

複数の条件を持つワークフローを作成でき、各条件はそれぞれ異なるアクションとなります。条件の順序は重要です。条件は上から下に向かって確認され、条件が満たされると確認が停止します。

条件とアクションを組み合わせる

複数の条件を組み合わせて1つの大きな条件を作成できます。条件が組み合わされている場合、条件全体がtrueとなるためには、すべての条件を満たす必要があります。いずれかの条件が満たされないと、条件全体がfalseとなります。以下の例では、お客様がマーケティング情報の受領を承認する必要があり、注文の合計金額が特定の基準値を満たしている必要があります。

お客様の支払い額の合計を検証してタグを追加するワークフローの例

同様に、複数のアクションを実行できるように、アクションをまとめて組み合わせることができます。この例では、複数の条件を使用して、お客様がストアで支払った合計金額に基づいてロイヤリティプログラムの対象になるかどうかを確認します。上記の画像では、以下の条件が表示された順番で検証されています。

  1. 合計金額が1,000ドルを超えており、お客様がマーケティング資料の受領に同意している場合、「金」のロイヤリティタグでタグ付けします。
  2. 合計金額が500ドルを超えており1,000ドル未満で、お客様がマーケティング資料の受領に同意している場合、「銀」のロイヤリティタグでタグ付けします。
  3. お客様の支払いが200ドルを超えており、マーケティング資料を受け入れることに同意している場合、「銅」のロイヤリティタグでタグ付けします。

メッセージを送信するアクション

あなた自身またはスタッフにメッセージを送信するというアクションをワークフローに追加することができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す