新しいFlowの変数

変数は、ワークフローの実行時に値に置き換えられるプレースホルダーです。これらの変数は、ワークフローに関係するお客様、注文、商品の属性を表します。たとえば、注文番号、注文価格、お客様名などの変数があります。

ほとんどの変数の名前は自己記述型です。たとえば、商品の名前を表示する変数は、{{ product.title }}です。メッセージが送信されると、この変数は、Large Coffee Mugのような注文された商品の名前に置き換えられます。

アクションに変数を追加する

[変数を追加する] のリンクを含むテキストフィールドに変数を追加することができます。関連するフィールドの下にある [変数を追加する] のリンクをクリックして、リストから変数を選択します。

[変数を追加] リストの変数はフィルタリングされているため、選択したトリガーに適用される変数のみが表示されます。リストから変数を選択すると、変数が適切にフォーマットされ、テキストボックスに追加されます。

Flowは、ほとんどすべてのGraphQL Admin APIをサポートしています。

Liquid変数

Shopify Liquidのコードを記述した経験がある開発者の場合、Liquidを使用して変数を記述するか、[変数を追加する] リンクを使用して挿入した変数を編集することができます。詳しくは「Liquidテンプレート言語の参考情報」を参照してください。

条件タグと繰り返しタグ

Liquidの変数タグをワークフローメッセージに手動で追加できます。これらのタグを使用して、メッセージにさらに情報を含めることができます。

たとえば、for loopオブジェクトを使用して、注文の項目といったオブジェクトのリスト全体を繰り返し処理できます。このようなタグを使用すると、商品名、SKU、価格、注文数量など各項目の詳細を含むメッセージを作成できるため、受信者が管理画面でこの情報を調べる必要がなくなります。

Flowは以下のすべてのShopify Liquid条件 (または制御フロー) タグをサポートします。

https://shopify.dev/api/liquid/tags/control-flow-tags#if

また、Flowは以下のすべてのShopify Liquidの繰り返しタグもサポートしています。

絞り込み

Flowは以下のShopify Liquidフィルターをサポートしています。

Shopify LiquidがFlowでサポートするフィルター
フィルター名 フィルターのタイプ
abs Math
append String
at_least Math
at_most Math
capitalize String
ceil Math
concat Array
date Additional
デフォルト Additional
divided_by Math
downcase String
escape String
first Array
floor Math
join Array
last Array
lstrip String
map Array
minus Math
modulo Math
newline_to_br String
Shopifyプラス Math
prepend String
削除する String
remove_first String
replace String
replace_first String
reverse Array
round Math
rstrip String
サイズ Array
slice String
並び替え Array
split String
strip String
strip_html String
strip_newlines String
times Math
truncate String
truncatewords String
uniq Array
upcase String
url_encode String
where Array

変数の例

たとえば、お客様が500ドルを超える注文をしたときに従業員にメールを送信するワークフローを作成するとします。[注文が作成されたとき] トリガーを使用するワークフローを作成し、注文合計が500ドルより多い場合にtrueとする条件を設定して、[メールを送信する] アクションを使用します。[メールを送信する] アクションの [メッセージ] セクションに、以下の変数を使用できます。

お客様の詳細情報を知らせるために使用する変数の例。
入力 出力
{{ order.customer.firstName }} {{ order.customer.lastName }}({{ order.customer.email }})に、 {{ order.totalPriceSet.shopMoney.amount }}ドルの注文に関するサンキュー通知を送信してください。 Jeanne Dupont (jeanne@example.com) に763.42ドルの注文に関するサンキュー通知を送ってください。

あなたは、商品在庫が少なくなり在庫を増やすための入荷が必要になったタイミングでスタッフメンバーに通知をする必要があると考えます。[在庫数量が変更されたとき] トリガーで起動するワークフローを作成し、[数量が変わる前の商品バリエーションの在庫数量] が10以下の場合にtrueとなる条件を設定します。[メールを送信する] アクションの [メッセージ] セクションに、以下の変数を使用できます。

<アイテムの詳細情報を知らせるために使用する変数の例。
入力 出力
{{ product.title }}を再入荷してください。owner@store.comにメールを送信して先方が注文書を受け取ったかどうかを確認してください。 ハイウエストレギンス - 黒を再入荷してください。owner@example.comにメールを送信して先方が注文書を受け取ったかどうかを確認してください。

あなたは、リスクレベルの高い注文をキャンセルする場合に、スタッフの手動による注文のキャンセルを希望します。[注文が作成されたとき] トリガーで起動するワークフローを作成し、注文のリスクレベルが「高」と一致する場合にtrueとなる条件を設定します。[メールを送信する] アクションの [メッセージ] セクションに、以下の変数を使用できます。

不正注文に関する情報を知らせるために使用する変数の例。
入力 出力
Shopifyストアが、不正注文のリスクが高い注文を受け取りました。この注文内容が製造工程に送られる前に、以下の注文を即座にキャンセルしたいと思います。

{{ order.name }}
{{ order.billingAddress.lastName }},{{ order.billingAddress.firstName }}
{{ order.email }}

その後の注文状況を確認してください。よろしくお願いします。
Shopifyストアが、不正注文のリスクが高い注文を受け取りました。この注文内容が製造工程に送られる前に、以下の注文を即座にキャンセルしたいと思います。

#1001
Dupont, Jeanne
jeanne@example.com

その後の注文状況を確認してください。よろしくお願いします。

forループの例

注文を受け付けた際には、注文の商品情報を含むメッセージを送信すると便利です。それを行うのに、for loopを使用すると、コードブロックを繰り返し実行してくれます。変数に対応しているテキストフィールドはfor loopsおよびforloopオブジェクトにも対応しています。

たとえば、注文内のすべてのSKUと数量のリストを返すワークフローを作成するとします。[メールを送信する] アクションの [メッセージ] セクションに、以下の変数を使用できます。

for loopを使用して注文情報を知らせる例。
入力 出力
注文サマリー:
{% for a in order.lineItems %}
SKU: {{a.sku}} ({{a.quantity}}),
{% endfor %}
注文サマリー:
8987097979 (50)
8877778887 (3)
888998898B (1)

メールに商品名、SKU、アイテムごとの価格、お客様の配送情報ななどの詳細情報を追加することにしたとします。[メールを送信する] アクションの [メッセージ] セクションに、以下の変数を使用できます。

for loopを使用して、より広範囲の注文情報を知らせる例。
入力 出力
注文サマリー:
{% for a in order.lineItems %}
商品: {{a.title}}
SKU: {{a.sku}}
価格 (単価): {{a.originalUnitPriceSet.shopMoney.amount}}ドル
数量: {{a.quantity}}
{% endfor %}
注文サマリー:
商品: ハイウエストレギンス - 黒
SKU: 8987097979
価格 (単価): $8.49
数量: 5
商品: アスレチックソックス - 青
SKU: 888998898B
価格 (単価): 5.61ドル
数量: 2

特定の販売元から仕入れて販売したアイテムを追跡する必要があるとします。[メールを送信する] アクションの [メッセージ] セクションに、以下の変数を使用してfor loopif文を加えることができます。

特定の販売元の注文情報を知らせるためにif文とfor loopを使用する例。
入力 出力
販売済みのAcme商品:
{% for x in order.lineItems %}
{% if x.vendor == 'acme-vendor' %}
商品名: {{x.title}}
SKU: {{x.sku}}
{% endif %}
{% endfor %}
販売済みのAcme商品:
商品名: ハイウエストレギンス - 黒
SKU: 8987097979

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す