アメリカまたはカナダ以外の税

アメリカまたはカナダ以外で税金を請求する必要がある場合、税金はその場所の税法に基づいてその国または地域レベルで適用されます。

アメリカまたはカナダ以外の国の税率を設定する

お客様に物品税を請求する義務があるかどうか、および商品が課税対象であるかどうかを判断する必要があります。多くの国では配送先ベースとなっており、商品が配送される地域の税率で物品税を請求することになります。詳細についてご不明な点は、税務専門家にご相談ください。

手順:

  1. ストアの住所がアメリカまたはカナダ以外であることを確認し、配送先の国の配送エリアを設定します。
  1. 税の地域セクションで、国名をクリックします。

  2. 基本税セクションには、その国や地域で適用する税率を入力します。連邦税ではなくその地域の税率が適用される、あるいはその地域の税率が連邦税に追加済み、または、組み合わされるかどうかを選択できます。これらのオプションの詳細については、「税金の重複を防ぐ」を参照してください。

  3. 保存をクリック

例: VATを欧州のお客様に請求し、アメリカのお客様には非課税にする

SunilはUKのロンドン在住です。彼のお客様は欧州のいくつかの国に在住していますが、アメリカ在住の方もいます。VATを欧州のお客様に請求し、アメリカのお客様には非課税にする必要があります。

税金を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. まず、配送と配達 ページで、イギリス、欧州の他の国、アメリカを含め、お客様が住む国のすべての配送エリアを追加します。配送エリアを作成すると、配送先の国が税金ページに表示されます。

  2. 次に、税金ページで、UKと欧州各国で適用されるVAT税率を追加します。

  3. 最後に、アメリカの税金ページで、Sunilは [税金を自動的に計算] のチェックを外し、税率を0%に設定します。

商品を税込価格にする

イギリスなどいくつかの国では、ほとんどの種類の商品表示価格に物品税を含める必要があります。

この機能を有効にすると、税金はTax = (Tax Rate X Price) / (1 + Tax Rate)の式を使用して計算されます。追加される税金は表示されませんが、あなたとお客様は税金を項目として確認できます。小計と合計は同額になりますが、注文に課税される送金が必要な税額が表示されます。

注文詳細と税金が別の項目として表示されている

手順:

  1. [商品を税込価格で表示する] にチェックを入れます。

  2. 保存をクリック

税込価格の設定完了後、商品ページの [商品価格に税を適用する] にチェックを入れることにより、表示される価格が税込みとなります。お客様には、チェックアウト時の合計の横に、含められた税額が表示されます。

税金を含めて価格を設定しても、税金のレポートには影響しません。

例: 税計算の比較

MayaとGabrielは同じ地域に在住しており、オンラインストアを経営しています。その地域では税率が10%で、経営者が価格を税込みとするか選択できます。

  • Mayaは税別価格を選択します。100ドルの商品をリストに掲載する場合、税金は10ドルと計算され、合計販売価格は110ドルになります。式は、Total = List Price X (1 + Tax Rate)です。

    100ドル x (1 + 0.1) = 100ドル x 1.1 = 110ドル

  • Gabrielは表示される価格にすべての税金を含めることにしました。表示される税込価格の合計を100ドルとするために、税込みの式を使用して税金の部分を計算します。式は、Tax = (Tax Rate X Price) / (1 + Tax Rate)です。

    価格の税金部分 = (0.1 x 100ドル) / (1 + 0.1) = 10ドル / 1.1 = 9.09ドル

    価格の商品部分 = 100ドル - 9.09ドル = 90.91ドル

    この計算は自動的に実行されます。税額はすべての注文の詳細で表示されるため、Gabrielもお客様も実際に請求される税額を確認できます。

配送料に課税する

いくつかの地域では、送料に課税する必要があります。ストアがカナダまたはアメリカ以外の場合、以下の手順に従って配送料に税金を請求します。

手順:

  1. [配送料に課税する] にチェックを入れます。

  2. 保存をクリック

税金の重複を防ぐ

国と地域に税金を設定する場合、地域の税金が連邦税に追加または組み合わされる、あるいは連邦税ではなく地域の税率が使用されるかどうかを確認する必要があります。その国のお客様が重複して税金が請求されている場合、地域の税金がその国の合計税額に追加される設定となっている場合があります。

たとえば、100ドルのアイテムがあるとします。お客様Aは、国と地域の税率が両方とも10%のエリアでそのアイテムを購入します。

  • [に追加済み] を選択した場合、国と地域の両方の税金が請求され、一緒に追加されます。この場合、国の税額は10ドル、地域税は10ドルです。これらを含め合計価格は120ドルになります。

  • [の代わり] を選択した場合、地域の税額が請求され、国の税額は請求されません。この場合、国税はなく、10ドルの地域税になります。アイテムの合計金額は110ドルです。

  • [の上に組み合わせる] を選択した場合、国の税額が決定され、その小計には地域の税額が請求されます。この場合、国の税額は10ドルです。110ドルの小計に地域税が適用され、地域の税額は11ドルです。その結果、合計金額は121ドルになります。

その地域の税の設定を確認または変更します。

手順:

  1. 税の地域セクションで、国名の横にある [編集する] をクリックします。国の税金、州や県ごとの地域の税金が表示されます。

  2. 地域の税率の下のドロップダウンメニューからオプションを選択して、税金の請求方法を指定します。

  3. 保存をクリック

デフォルトのVATの名称を変更する

付加価値税を導入している各国については、税のデフォルト名はVATとなっています。短縮されたVATという表記は、注文のチェックアウトページ、お客様の領収書、また注文詳細セクションに表示されます。

税の短縮名が異なる国でShopifyをご利用の場合は、ページで税の短縮名を変更することができます。たとえば、いくつかの国ではVATではなく、IVAという呼称が採用されています。イタリアやスペインなど、管理画面の国に小地域が含まれている場合にのみ、名前を変更できます。オーストリアやノルウェーなど、小地域が含まれていない場合は名前を変更できません。

手順:

  1. 税の地域セクションで、国をクリックします。

  2. 地域ごとに、税の短縮名をVATから変更します。

    VATをIVAに変更する
    地域によって税の名称が異なるため、それぞれの地域に合わせて変更する必要があります。

  3. 保存をクリック

税込価格での免税に関する留意事項

商品価格に税金を含める場合、特定のお客様に対して税抜価格を表示することはできません。たとえば、EU以外のお客様に販売するマーチャントはVATを、あるいは、オーストラリアやニュージーランド以外のお客様に販売するマーチャントはGSTを除外した価格を表示することはできません。

特定のお客様に免税を提供する必要がある場合は、以下のオプションを検討してください。

  • 価格に税金を含めない。
  • テーマを変更して、ストアで免税価格を表示し、Shopify スクリプトを使用して、チェックアウト時に20%のVAT免除を適用する。
  • 追加ストアを使用して、海外の購入者が免税価格を支払うことを許可する。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す