アメリカの税のネクサス

あなたのビジネスと州との間にネクサスあるいは連携がある場合、物品税の請求が必要な可能性があります。

ストアや倉庫がその州に実際に存在する場合、慣例ではネクサスが発生します。いくつかの州には、ネクサスの幅広い定義があり、次のいずれかを含めることができます。

  • 販売の勧誘
  • フルフィルメントサービス
  • 在庫の有無
  • 従業員の存在

2018年6月、米国最高裁判所は、州が取引の量または価値に基づいて物品税を徴収するようオンライン販売者に要求できるとの裁定を下しました。これはエコノミックネクサスとしても呼ばれます。この裁定がビジネスに与える影響については、Shopifyのブログ記事の「South Dakota v Wayfair: Economic Nexus、Sales Tax&ecommerce (サウスダコタ州 vs Wayfair: エコノミックネクサス、物品税およびEコマース)」を参照してください。

ネクサスの有無についてご不明な点は、税務専門家にご相談ください。

ネクサスの税金を設定する

ストアのロケーションとShopifyのプランに応じて、さまざまな方法でネクサスを処理するように税を設定することができます。

配送先と配送元の州

アメリカでネクサスを使用しており、自動課税を利用している場合、税金の設定は、所在する州のタイプによって異なります。

  • 州が配送先の州である場合、そのネクサスの郵便番号を使用して、物理的な所在を追加します。税金は、購入者がどこにいるかに基づいて計算されます。
  • 州が配送元の州である場合、そのネクサスの郵便番号を使用して、物理的な所在を追加します。州内で行われた販売の税金は、ネクサスの所在場所に基づいて計算されます。
  • 1つの税率しか適用されない州では、その州の郵便番号を使用する物理的な所在を追加します。適宜、対象となる商品を含むコレクションに税の優先適用を追加できます。優先適用の作成の詳細については、「税の優先適用と免除」を参照してください。

Shopify Plus

ストアがShopify Plusになっている場合は、Avalara AvaTaxをプランに有料で追加することができます。Avalaraを使用して、エコノミックネクサスに該当する州の税管轄地を作成することができます。

関連リンク

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す