GoogleマップのAPIキーの登録

マップセクションをテーマに追加して、ビジネスの所在地を表示することができます。Shopifyの無料のテーマの大半には、ホームページに追加できるマップセクションが含まれています。

マップを表示するには、GoogleマップのAPIキーを登録し、テーマエディタのマップセクション設定にそれを含める必要があります。

GoogleマップのPlatformの使用

GoogleのAPIを使用してテーマにマップセクションを追加すると、GoogleマップのPlatform利用規約に同意したことになります。

2018年6月11日付で、GoogleマップのPlatformには、GoogleマップのAPIの構成方法と使用方法に対するいくつかの変更が追加されています。これらのAPIを使用するには、GoogleマップのPlatformに課金アカウントを設定する必要があります。ただし、必ずしもサービスの月額利用料金が請求されるわけではありません。上限までサービス利用料に充てることができる継続的な月次クレジットが提供されます。

料金設定の詳細については、GoogleマップのPlatform、「価格設定と請求に関するドキュメント」を参照してください。

GoogleマップのAPIキーを登録する

GoogleマップのAPIキーを登録できます。

手順:

  1. GoogleマップのPlatformページにアクセスし、[開始] をクリックします。

  2. 商品を [プレイスする] を選択して、無料テーマのマップセクションで作業するために必要なAPIを入手します。

  3. 続行するをクリックします。

  4. プロジェクトを選択するステップでは、名前をGoogle APIの使用に関連付けるよう求められます。新しい名前を作成するか、既存のプロジェクトを選択します。

  5. 利用規約に同意したら、[次へ] をクリックします。

  6. GoogleマップのPlatformで請求先アカウントを作成します。新しいGoogleマップのPlatformでは、請求先アカウントが必要です。詳細については、GoogleマップのPlatform、「価格設定と請求に関するドキュメント」を参照してください。

  7. GoogleマップのPlatformを有効にしたら、新しいGoogleマップのAPIキーをクリップボードにコピーします。

テーマにGoogleマップのAPIキーを追加する

テーマにGoogleマップのAPIキーを追加できます。

手順:

  1. 編集するテーマを見つけて、[カスタマイズ] をクリックします。

  2. [セクション] をクリックします。

  3. [セクションを追加] をクリックします。

  4. [マップ] > [追加] をクリックします。

  5. マップの情報を入力します。GoogleマップのAPIキーフィールドに、GoogleマップのAPIキーを貼り付けます

  6. 保存をクリック

GoogleマップのPlatformのAPISと通信する際にエラーが発生した場合、マップはテーマエディタで指定した背景画像または色に置き換えられます。

APIアクセスをストアのみに制限する

GoogleマップのPlatformでは、APIへのアクセスを制限するように求められます。APIキーはマップセクションの固有IDなので、自分のドメインのみにアクセスを制限して他の人がAPIキーを使用できないように設定できます。

複数のウェブサイトを入力してAPIアクセスを制限する例

手順:

  1. Google APIの資格情報ページに移動します。

  2. メニューからプロジェクトを選択します。

  3. 編集用の生成済みAPIキーを選択します。

  4. アプリケーションの制限で、HTTP参照元 をクリックし、.myshopify.comドメインを含む、ストアに関連付けられているドメインを入力します。たとえば、カスタムドメインがある場合は、https://myCustomDomain.com/*https://shop1.myshopify.com/*の両方を入力します。

  5. 保存をクリック

GoogleマップのPlatform使用に代わる方法

ウェブサイトにマップを表示したいものの、GoogleマップのPlatformのサービスを使用したくない場合は、ページに埋め込みマップを配置することができます。

埋め込みマップはHTMLを使用します <iframe> 。リッチテキスト入力フィールドがある任意のページまたはホームページセクションに配置することができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す