テーマの翻訳

Shopifyのテーマは英語ですが、さまざまな言語に対応しているテーマもあります。英語以外の言語に対応しているテーマには、連絡先情報、カートやチェックアウト情報など、オンラインストア用の翻訳済みテキストコンテンツがすべて含まれています。

複数言語に対応しているテーマを選択する場合、テーマの言語を変更できます。選んだテーマがご希望の言語に対応していない場合、自分で翻訳を作成できます。

オンラインストアでは、有効にできる言語は1つです。

テーマの言語を選択する

公開されたテーマの言語を選択できます。翻訳したいテーマが公開されていない場合は、これらの手順を実行する前にテーマを公開する必要があります。

手順:

  1. 公開したテーマの [アクション] > [言語を編集する] をクリックします。

  2. [テーマ言語を変更する] をクリックします。

    言語エディタ内のテーマ言語を変更するリンク

  3. [言語] のドロップダウンメニューをクリックすると、そのテーマで利用できる言語がすべて表示されます。

    利用可能な言語のドロップダウンメニューを表示しているウィンドウ

  4. ご希望の言語を選択し、[保存] をクリックします。使用する言語がリストに含まれていない場合、テーマの翻訳を作成する必要があります。

テーマの翻訳を作成する

公開されたテーマのカスタム翻訳を作成できます。翻訳したいテーマが公開されていない場合は、これらの手順を実行する前にテーマを公開する必要があります。

チェックアウトとシステムメッセージを翻訳するオプションしかないテーマもあります。こうしたテーマをすべて翻訳する必要がある場合は、テーマ用のロケールファイルを作成する必要があります。

手順:

  1. 公開されたテーマの場合、[アクション] ドロップダウンメニューをクリックし、[言語を編集する] を選択します。

  2. [テーマ言語を変更する] をクリックします。

    言語エディタ内のテーマ言語を変更するリンク

  3. [言語] をクリックします。

    利用可能な言語のドロップダウンメニューを表示しているウィンドウ

  4. [他の言語] をクリックします。

  5. 2番目と3番目のドロップダウンメニューから、以下のように選択します。

- 言語: 言語を1つ選びます。 - 地域: 特定の地域 (該当する場合) を選択するか、すべての地域のバリエーションを選択するには [すべて]、作成している言語バージョンのカスタム名を作成するには [カスタム] を選択します。

  1. 保存をクリック

  2. 言語エディタを使用して、テーマテキストの翻訳を入力します。変更は自動的に保存されます。

  3. テーマのテキストコンテンツすべての翻訳を完了するために、未完了の翻訳を検索できます。

言語エディタを使用して翻訳済みコンテンツを追加する

自分の翻訳かダウンロードした翻訳かにかかわらず、テーマ内の言語を確認して更新できます。

翻訳を作成あるいは更新する場合、テキストブロックに翻訳済みのコンテンツを追加する必要があります。

  • 翻訳するコンテンツを見つける
  • コンテンツタイプ

翻訳するコンテンツを見つける

言語エディタを使用して、翻訳したいテーマのテキストコンテンツを見つけることができます。

コンテンツタイプ

翻訳対象コンテンツの基本的なタイプは3種類です。

  • プレーンテキスト
  • HTML
  • Liquid

テキストフィールドに翻訳を入力することで、各テキストを翻訳できます。

テーマ内のすべてのフィールドを翻訳する必要はありません。変更は自動的に保存されるため、いつでも中断することが可能です。変更を加える場合、既存の翻訳にアクセス可能です。

未翻訳のフィールドには、テーマで使用するデフォルトの言語が適用されます。

プレーンテキストを直接翻訳することができますが、テキストブロックにHTMLやLiquidが含まれている場合、特に慎重に作業する必要があります。

プレーンテキストを翻訳する

オンラインストアのテキストの大半には、HTMLやLiquidを使用する必要はありません。プレーンテキストブロックに翻訳を入力する場合、他の言語で同じ意味のテキストと置き換えるだけです。

HTMLを含むテキストブロック

テキストブロックにHTMLが含まれている場合、単語やフレーズは山カッコ (< >) で囲まれます。

翻訳するブロックで、HTMLがどのように使用されているかを把握する必要があります。コンテンツの大半は元の英語のまま残しておく必要がありますが、翻訳するHTMLタグ内には英語の単語が含まれている場合があります。

HTMLを含むテキストブロックは通常、以下のような理由で使用されています。

  • オンラインストアの別の場所、あるいは別のウェブサイトへのリンクを作成している
  • テキストの書式を追加している

HTMLリンク名を翻訳する

HTMLリンクはタグに囲まれており、そのタグの先頭は「&lt;a href=」、末尾は「&lt;&#47;a&gt;」となっています。

翻訳の際は、リンクの名前のみを翻訳し、その他の要素は翻訳する必要はありません。お客様がストア上でご覧になるのは、リンク名の部分のみです。

HTMLリンク名の例

この例では、Continuebrowsinghereの単語を、適切な翻訳と置き換えます。

リンク内の転送先アドレス (ターゲットとも呼ばれる) は、翻訳しないでください。転送先アドレスは、お客様がリンクをクリックした際に移動する場所です。転送先アドレスは常に引用符で囲まれており、特定のURLを示しています。

HTML転送先アドレスの例

HTMLでスタイル付けされたテキストを翻訳する

HTMLは、文字やフレーズの強調、書式の追加、記号の表示に使用される場合があります。HTMLでスタイル付けされた文字のみを翻訳し、コードやタグは翻訳する必要はありません。例を参照して、翻訳する部分と翻訳しない部分を確認してください。

HTMLによるスタイル付けの例

以下の例では、文字を太字にするために、タグ「<strong>」を使用しています。

HTMLのstrongタグの例

この場合、On Saleの単語のみ翻訳します。

以下の例では、左右の矢印を生成するために、HTMLコード「&larr;」と「&rarr;」を使用しています。

HTMLの矢印記号の例

ここでは、Previous ProductNext Productのフレーズのみ翻訳します。

以下の例では、ファイル名collection-sidebar.liquidを太字にするために、HTML <strong> タグを使用しています。

Liquidファイル名の前後を囲むHTMLのstrongタグの例

このファイル名は、Liquidのテンプレートファイルです。ファイル名は、ファイルの名前と一致させる必要がある場合のみ翻訳します。たとえば、独自にファイルを作成したため、HTML内のファイル名を変更する必要がある場合などです。

HTMLタグや記号コードは翻訳しないでください。これらはブラウザーで使用され、お客様に表示されることはありません。

Liquidを含むテキストブロック

Liquidのタグ、オブジェクト、フィルターは、翻訳しないでください。

Liquidは、各コンテキストでウェブサイトの外観を管理するテンプレート言語です。Liquidコンテンツは、以下のような記号のセットに挟まれています。

  • {{および}} - {%および%} - {%-および-%}

以下の例をご覧ください。

Liquidの例

以下の例では、Liquid周囲のテキストのみ翻訳することができます。{{ date }}は変更できません。

以下の例では、テキストフィールドにおいてプレーンテキスト、HTML、Liquidが併用されています。

HTMLとLiquidを含むテキストの例

この例は複雑に見えますが、翻訳が必要な単語はonのみです。

翻訳を確認して更新する

翻訳がテーマ上で閲覧可能になると、表示や変更を行うことができます。たとえば、翻訳が未完了の場合、引き続き変更を加えることができます。

翻訳を確認して更新するには、以下の手順を実行します。

  1. 編集したいテーマを見つけて、[アクション][言語を編集する] の順にクリックします。

現在の言語で翻訳に追加するか、[テーマ言語を変更する] をクリックして言語エディタで別の言語を選択します。

不明フィールドや完了済みフィールドの翻訳を検索する

言語エディタで言語が [未完了] と表示されている場合、未翻訳のテキストフィールドがあります。これらのフィールドは、翻訳しない限り、テーマのデフォルト言語で表示されます。

新たに翻訳中の場合、単純検索を使用して、すべての不明フィールドをすばやく見つけることができ、完了済みの翻訳も確認できます。

手順:

  1. 編集したいテーマを見つけて、[アクション][言語を編集する] の順にクリックします。

  2. [このページを絞り込む] をクリックします。

  3. [翻訳を絞り込む] をクリックします。

  4. 2番目のドロップダウンメニューから不明あるいは完了済みを選びます。

  5. [フィルターを追加] をクリックします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す