消費者保護

このページでは、ビジネスに適用される可能性がある消費者保護法について確認します。消費者保護法は、消費者の権利と公共の安全を促進するものであり、地域によって異なります。

いくつかの管轄区域で商品を販売することで、ビジネスを成長させ、新しいお客様にアプローチすることができます。Shopifyストアを中断することなく確実に使用するには、ビジネスを運営する管轄区域で消費者保護法に従うようにしてください。

連絡先情報

オンラインストアには、最新かつ正確な連絡先情報を記載する必要があります。この情報には次の点が含まれます。

  • ビジネス名
  • 質問、苦情、申し立てについて顧客が問い合わせることができるメールアドレス
  • ビジネスの実際の住所

連絡先情報は公開され、かつ見つけやすいものである必要があります。

返金ポリシー

オンラインストアでは、返金ポリシーについての情報が最新、正確、公開済みであり、簡単に見つけることができるように記載する必要があります。

返金、プライバシー、利用規約、配送、法的ストアポリシーなどのストアポリシーをオンラインストアに追加することについて詳しくは、こちらをご覧ください。

注文のフルフィルメントと配達

オンラインストアでは、注文のフルフィルメント、配達、および配送予定タイムラインなど、関連する他の考慮事項についての情報を追加する必要があります。顧客が購入を完了する前に、どのくらいの時間がかかるかを明確にする必要があります。

顧客の注文に関する変更または遅延がある場合は、この情報を顧客に伝える必要があります。

商品パフォーマンスに関する宣伝文句

商品について宣伝する内容は、事実で文書化された根拠に基づいているべきです。一部の管轄区域では、法律により宣伝内容に関する十分かつ適切な試験が要求される場合もあります。

Shopifyの適正利用規約について詳しくはこちらをご覧ください。

商品の回収

ビジネスを運営する管轄区域では、商品のリコールに目を配る必要があります。

販売商品、または過去に販売した商品がリコールされた場合、オンラインストアからリコールされた商品を直ちに削除する必要があります。

法律で要求されている場合は、リコールされた商品を購入したお客様に通知し、これからの手順についてアドバイスする必要がある場合があります。

消費者保護のリソース

管轄区域の消費者認知度に関するガイドラインについては、次のような特定の情報をオンラインで見つけることができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す