欧州価格表示指令 (European Pricing Indication Directive)

EEAでShopifyを利用して販売する商品の値引きを告知する場合は、ビジネスに適用される法律および規制を遵守する必要があります。これらの法律および規制は、ストアが所在地や販売地によって異なります。欧州経済地域 (EEA) に居住するお客様に販売を行うビジネスに適用される可能性のある法律については、このページで確認してください。

いくつかの管轄区域で商品を販売することで、ビジネスを成長させ、新たなお客様にリーチできます。Shopifyストアの営業が中断することなく確実に行われるようにするには、ビジネスを運営する管轄区域の法律に従うようにしてください。

価格表示指令 (Pricing Indication Directive) の概要

EEAのお客様に販売していて値引きを告知する場合は、その商品の過去30日 (またはそれより長い期間) の最低請求価格を表示する必要があります。最低価格には、30日かそれより長い期間中にプロモーションとして公表された割引価格が含まれます。

価格表示指令では以下のことが禁じられています。

  • 虚偽の値下げ広告を掲載する。
  • ディスカウント前の参照価格を故意に高く設定する。
  • 割引額についてお客様に誤解を与える。

価格表示指令は、商品の値下げに関するあらゆるプロモーションの声明に適用されます。以下に値下げの告知例を記載します。

  • 20%オフなどの割合。
  • 20ユーロオフなど、特定の金額。
  • 以前の高い価格と共に表示される新たに設定した低い価格。たとえば、「ただ今50ユーロ、元の価格100ユーロ」。
  • 低く設定した開始価格を、それより高い将来の請求額と共に表示する。たとえば、「ただ今50ユーロ、100ユーロに値上げ予定」。
  • 値下げされている印象を与えるプロモーション手法。たとえば、フラッシュセール、セール価格、スペシャルオファー、ブラックフライデーセール、サイバーマンデースペシャル、今日だけ付加価値税 (VAT) オフなどの宣伝。

「すべて20%オフ」など、ストア全体に適用される値下げを告知する場合、売り場で、各商品について過去30日またはそれより長い期間におけるその商品の最低請求価格を表示する必要があります。売り場とは、店頭に配置された商品の値札やオンラインストアの商品ページなどが該当します。

プロモーションを実施しない値下げ

告知を伴わない価格の値下げを行う場合、価格表示指令は適用されません。価格表示指令が適用されない値下げの例には、以下のものがあります。

  • 価格が下がったというプロモーションの声明を伴わない価格変動または減少。たとえば、費用の変動による価格の変更。
  • 個人向けの値下げ。たとえば、ロイヤリティプログラムまたは個別のクーポンコードを使用したディスカウント。
  • 他の価格との比較。たとえば、メーカー希望小売価格 (MSRP) または競合他社の価格。
  • 値下げの印象を与えることがなく、価格の比較や有利性に関する一般的なマーケティング文句。たとえば、「ベストプライス」や「最安値」。
  • 組み合わせなどの条件付きのオファー。たとえば、「1個買うと2個無料」または「3個買うと30%オフ」。
  • 商品の販売を行わない外部のメーカーまたは流通業者が支払価格の一部をお客様に返金するキャッシュバックの告知。

ビジネスを運営するEEA加盟国において、価格表示指令を施行する際に適用される国内法の規定を確認してください。国内法の規定に、商品や値下げについて異なる規則や例外が設けられている場合があります。以下に例を記載します。

  • 劣化しやすい、または使用期限が短い商品。
  • 市場に出てから30日未満の商品。
  • 同一キャンペーンの一環として中断なく増加した値引き。たとえば、クリスマスキャンペーンの一環として、12月の初めに10%オフを開始し、同じキャンペーンの一環として、12月中頃にディスカウントが20%オフになり、クリスマス直前には30%オフになる。

国内法によって、以前の最低価格を設定する期間が30日より長く規定されている場合もあります。詳細については、「消費者法データベース」を参照してください。

割引前価格機能の使用

セールの商品を低価格で提供する場合、割引前価格の機能を使用すると、価格表示指令に準拠することができます。過去30日またはそれより長い期間の商品の最低価格をお客様に表示して、新しい値引き価格と比較できます。

  1. 管理画面から、[商品] に移動します。
  2. 商品の名前をクリックします。
  3. [価格] セクションで、[割引前価格] を過去30日またはそれより長い期間の商品の最低価格に設定します。
  4. 商品の価格を新しい販売価格に設定します。
  5. [保存] をクリックします。

メタフィールドを使用した価格比較の表示

メタフィールドをオンラインストアの一部に追加して、値引きの告知前の30日間 (またはそれより長い期間) に請求していた最低価格を表示できます。あるいは、メタフィールドを使用して、MSRPや基本価格など、以前の最低価格以外の価格情報を伝えることができます。カスタムメタフィールドの定義の作成について、詳しくはこちらをご覧ください。

頻繁な値引きについての告知

値下げを告知する前に、過去30日またはそれより長い期間の最低請求価格を表示する必要があります。この価格には、以前のディスカウントやプロモーションの一部として提供された最低価格が含まれます。

30日の間に2回以上の値下げを提供する場合は、以前の最低価格と通常販売価格を知らせる方法を検討してください。たとえば、以下の例に示されているとおり、過去の割引後の最低価格にディスカウントを適用できます。

  • 商品価格は150ユーロですが、この商品の過去30日間の最低価格は100ユーロです。
  • その商品を過去30日の最低価格 (100ユーロ) の50%で提供することにします。

この例では、価格表示指令に従って、商品の最低価格 (100ユーロ) にディスカウントを適用する必要があります。最低価格の100ユーロを開示せずに、通常販売価格の150ユーロに50%のディスカウントを適用することはできません。

別の方法としては、ディスカウントが適用された通常販売価格と、以前の最低価格の両方を明示することができます。たとえば、通常販売価格の150ユーロの50%オフを告知し、過去30日のプロモーション中の最低価格は100ユーロである場合、商品ページにそれらを説明する情報を追加できます。この情報によって、お客様は商品の過去30日間の異なる提供価格を理解できます。たとえば、「通常販売価格150ユーロのところ、50%オフの75ユーロで購入できます。過去30日間のプロモーション最安値は100ユーロでした」とします。

30日の間に2回以上の値引きを行う場合は、割引前価格機能のみを利用することは避けてください。この機能を使用しても、通常販売価格と以前の最低価格の両方を表示することはできません。代わりに、テーマを編集して、ディスカウントを提供している各商品ページ上に通常販売価格と以前の最低価格の両方を表示することもできます。ストアのテーマを編集する方法について詳しくはこちらをご覧ください。

MSRPまたは競合他社の価格

提供価格をMSRPや競合他社の価格など外部の価格と比較する場合は、価格表示指令の対象にはなりません。ただし、外部の価格との比較は、Directive 2005/29/EC – 不公正取引方法指令 (UCPD) の対象となります。UCPDでは、価格、価格の計算方法、特定の価格優位性の存在について、お客様に誤解を与えることが禁じられています。

提供価格を外部の価格と比較する場合、比較の表示方法がお客様に値引きしている印象を与えるものではないことを確認ください。誤解を与える表示方法が原因で、一般的なお客様が価格の比較を値引きと認識してしまう場合、その価格の比較はUCPDと価格表示指令の両方に違反している可能性があります。

また、割引前価格機能を使用して、値引きではなく外部の価格を表示する場合、お客様に誤解を与えないよう、比較内容を明示する必要があります。

ロイヤリティプログラムと個人向けのオファー

価格表示指令は、値引きの告知を対象としています。価格表示指令は、ロイヤリティプログラムの一環として提供される個人向けの値引きには適用されません。また、価格表示指令は、お客様が以下のいずれかを受け取った場合など、個人向けあるいはターゲットを限定したプロモーションに適用されません。

  • 購入後、今後使用できる個人用のクーポンコード。
  • 誕生日やその他の場面で使用できる個人用のディスカウント。
  • 事前に告知されておらず、購入時に個人に適用される値引き。

リソース

価格表示指令およびUCPDに関する具体的な情報は、次のリソースからオンラインで見つけることができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す