CCPAとGDPRの比較

CCPAは、2018年5月に施行された欧州連合の一般データ保護規則 (GDPR) に類似しており、どちらもお客様に自身のデータに関する権利を与え、責任を定義しています。ただしGDPRでは、個人データが国境を越える際にデータが保護されていることを確認する要件や、データ漏洩が発生したときにビジネスが個人や規制当局に通知するための特定のルールが設けられています。ShopifyがGDPR対応の準備として実施した事項の詳細については、GDPRに関するShopifyのホワイトペーパーを参照してください。

GDPRに対して実施した準備の多くはCCPAにも適用されるものの、GDPRに準拠しているからといってCCPAに準拠しているわけではありません。GDPRは欧州の居住者に適用されますが、CCPAはカリフォルニア州の住民に適用されます。GDPRはデータ主体の個人データに適用されますが、CCPAはお客様と世帯の個人情報に適用されます。GDPRは、国境を越えたデータ転送に関する要件を設定していますが、CCPAではデータの販売に関して制限が課せられています。さらに、GDPRとCCPAでは、漏洩の際に異なる通知要件が設定されているとともに、コンプライアンスに対する罰則も異なっています。

詳細については、CCPAに関するShopifyのホワイトペーパー (英語) をダウンロードしてください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す