販売、共有、ターゲット広告

販売:各州の個人情報保護法により、該当する範囲で、会社は個人情報の「販売」に関して明確で目立つ通知を表示し、消費者が個人情報の「販売」からオプトアウトできるようにすることが求められています。州によっては、「販売」とは、金銭またはその他の価値ある報酬を得ることを目的として個人情報を転送または開示することを含むと定義されており、広範囲に適用されます。

共有:カリフォルニア州では、CCPAの改訂版となるCPRAにより、個人情報の「共有」に関して明確に通知してオプトアウトできるようにすることも定められています。この改訂版では、「共有」は「クロスコンテキスト行動広告」を使用する目的で個人情報を開示することと定義されています。また、「クロスコンテキスト行動広告」とは、「消費者が意図的に利用する企業、明確にブランディングされたウェブサイト、アプリケーション、サービス、ならびに、企業以外の組織、明確にブランディングされたウェブサイト、アプリケーション、サービス全体での消費者の行動から取得した消費者の個人情報に基づいて、消費者に広告をターゲティングすること」を意味します。

ターゲット広告:他の4つの州では、消費者の個人データに基づいて選定された広告を消費者に表示することと定義されている「ターゲット広告」と類似する概念を消費者がオプトアウトできるようにしています。その個人データは、消費者の好みや関心事を予測するために、アフィリエイト型ではないウェブサイトやオンラインアプリ全体での消費者の行動から時間の経過とともに取得されます。一般的にターゲット広告には、ファーストパーティーのマーケティング、コンテキスト広告、情報やフィードバックに関する消費者のリクエストに基づく広告の表示は含まれていません。

また、マーチャントはShopify以外でも「ターゲット広告」、「共有」、「販売」に関与することがあります。適宜、法的義務を見定め、これらの活動に関して、消費者が必要な通知を受け取り、オプトアウトできるようにする必要があります。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す