ストアの所有権を移行する

クライアントのストアでの作業が完了したら、パートナーダッシュボードで所有権を移行することができます。

ストアのアカウントアクセスには、オーナーとスタッフの2つのタイプがあります。パートナーとして、あなたは開発ストアのオーナーです。スタッフメンバーとして追加することで、クライアントがストアにアクセスできるようにすることができます。開発ストアでの作業が完了したら、パートナーダッシュボードのクライアントに所有権を移行します。クライアントがShopifyのプランの支払いを開始すると、パートナーダッシュボードを介してストアにアクセスできるコラボレーターアカウントが表示されます。

このセクションにあるもの

始める前に

開発ストアの所有権をクライアントに移行する前に、以下のタスクを完了する必要があります。

  • クライアントが、ShopifyのPOS (POS) システムの使用を考えている場合、ストアにクライアントをスタッフとして追加する際に、クライアントにPOSへのアクセス権を付与し、POSの役割を割り当ててください。

  • 特にクライアントがあなたと異なる国に居住する場合は、クライアントの住所をストア設定に追加する必要があります。場合によっては、間違った住所のストアを移行すると、クライアントへのShopify請求書に追加税が課されることがあります。ストア住所の変更の詳細については、「ストアにビジネス設定を追加する」をご覧ください。

開発ストアの所有権を移行する際の考慮事項

  • ストアを有料プランに切り替えた後も何らかの理由で所有権を保持する場合は、パートナーサポートに連絡して、ストアのコミッションを削除してください。所有権を移行せずに開発ストアを有料プランに切り替える方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

  • ストアの所有権が移行された後のマーチャント、または所有権を維持しているパートナーのいずれかによって、開発ストアが有料プランに移行された後は、そのストアにはShopify 利用規約が適用されます。

  • 所有権を変更する前にShopify Plusプランに切り替えると、ストアオーナーだけでなく組織のオーナーにもなります。管理画面から組織のオーナーを変更することはできません。それで、有料プランに切り替える前に所有権の移行を検討する必要があります。Plusプランに切り替えた後に組織の所有権を移行するには、Shopify Plusサポートにお問い合わせください。

  • クライアントがShopify POSを使用しており、POS Proの機能を必要とする場合、クライアントは、Eコマースプランを選択してから、POS Proの機能を必要とする各ロケーションのPOS Proサブスクリプションを選択する必要があります。ロケーション別にストアのPOSサブスクリプションを管理する方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

  • クライアントが対面販売を不定期に行う予定である場合、POS LiteはShopifyの全プランで利用できるため、マーチャントは対面販売を行い、販売を追跡し、基本的なお客様プロフィールを作成することができます。

  • 開発ストアをライブプランに移行すると、そのストアはキャンペーンや無料体験の対象ではなくなります。

パートナーダッシュボードを使用してストアの所有権を移行する

手順:

  1. パートナーダッシュボードの [ストア] をクリックして、開発ストアの横にある [ログイン] をクリックします。

  2. 管理画面で [設定] をクリックし、[ユーザーと権限] をクリックします。

  3. [ストアオーナー] セクションの [所有権を移行] をクリックします。

  4. 新しいストアオーナーの情報を入力し、[ストアの所有権を移行する] を選択します。

  5. 新しいオーナーがストアのユーザーではない場合は、ストアオーナーの下にある [移行をキャンセル] を選択することにより、所有権が受理されるまで移行を中断することができます。

ストアの所有権を移行した後、クライアントに情報を伝える

ストアをクライアントに移行した後、クライアントには次の情報を必ず伝えてください。

  • URLを含むストアへのアクセス方法 (https://admin.shopify.com/store/{shop})
  • おすすめのShopifyのプラン。マーチャントは、ベーシックプラン、プレミアムプランに加えて、標準のPlusプランも選択できるようになりました。
  • 該当する場合は、クライアントにおすすめのShopify POSのプラン。マーチャントは、不定期の対面販売に加えて、複数の店舗のロケーションでの販売や、互換性のある小売用ハードウェアの購入を可能にするためのサブスクリプションを選択することもできます。
  • その他におすすめするもの (ビジネスの構築に役立つアプリのダウンロード、ウェビナーの視聴、その他のリソースなど)

クライアントと連携して、コラボレーションが不要になった時期を判断し、アカウントを削除することができます。

次へ: ストアの構築を完了した後の手順について学びます。