注文をCSVファイルにエクスポートする

Shopify管理画面の注文ページからCSVファイルをエクスポートすることで、注文情報の概要をすべて確認できます。

注文をエクスポートする

注文と取引履歴のエクスポート、または注文の取引履歴のみをエクスポートすることが可能です。CSVファイルの取引履歴には、回収済みの決済データのみが含まれます。エクスポートされた取引履歴には承認データは含まれていません。

手順:

  1. 注文の並び替えと絞り込みを実行します。

  2. 注文ページで [エクスポート] をクリックします。

  3. [注文をエクスポートする] ウィンドウで、以下の手順を実行します。

    1. エクスポートする注文のオプションを選択します。日付順に注文をエクスポートする場合、[日付順にエクスポート] をクリックし、エクスポートする注文の開始日と完了日を設定します。
    2. 注文のエクスポートに使用する形式を選択します。
  4. 注文についての情報をすべてダウンロードする場合は [注文をエクスポートする] をクリックします。取引情報のみをダウンロードする場合は [取引履歴をエクスポートする] をクリックします。

    注文をエクスポートしようとすると、以下のいずれかのシナリオがあります。

- 1ページ分の注文 (最大50件までの注文) をエクスポートすると、CSVファイルがブラウザーによってダウンロードされます。 - 1ページ分以上の注文 (51件以上の注文) をエクスポートすると、CSVファイルはあなたとShopifyのストアオーナーにメールで送信されます。 - エクスポートに失敗した場合は、この情報を含むメールが送信されます。

エクスポートする注文のCSV構造

下記の表には、注文をエクスポートする際に作成されるCSVファイルの形式が表示されています。

注文CSVファイルでは、複数の項目がある注文は別の行に追加の項目が表示されます。フィールドの多くは空欄のままですが、複数アイテムが1回の注文で購入されたことを示しています。

注文エクスポートCSVファイルでの各ヘッダーの説明
ヘッダー 定義
Name ストア管理画面に表示される注文番号。
Phone お客様の電話番号
Email お客様のメールアドレス。
Financial Status 注文の支払い、承認、返金などの有無
Paid at 注文の決済が確定した日付。
Fulfillment Status 発送済、保留中などの注文状況
Fulfilled at 注文のフルフィルメントが完了した日付。
Accepts Marketing ストアからのマーケティングに関するお客様の承諾の有無。
Currency 注文決済時の通貨
Subtotal 配送料や税を除く注文の小計
Shipping 注文の配送料合計
Taxes 注文に適用される税額。
Total 注文の合計金額
Discount Code 注文に適用されたクーポンコード
Discount Amount 注文に適用されるディスカウント金額。
Shipping Method 注文を配送する方法
Created at お客様による注文が完了した日付
Lineitem quantity 項目 (商品メニューからの商品やバリエーション) の数量。
Lineitem name 項目の名称。
Lineitem price 項目の価格
Lineitem compare at price 項目の定価
Lineitem SKU 項目のSKU
Lineitem requires shipping 配送が必要な注文項目かの確認
Lineitem taxable 課税対象の項目かどうかの確認
Lineitem fulfillment status 項目が発送済かの確認。
Billing Name 入力されている場合はお客様の請求先住所の氏名。入力されていない場合はお客様のアカウントの氏名
Billing Street 請求先住所として入力されている住所。
Billing Address1 150 Elgin Stなど請求先住所の1行目
Billing Address2 Suite 800など請求先住所の2行目。この欄は空欄の場合があります
Billing Company お客様の会社名。この欄は空欄の場合があります
Billing City 請求先住所の都市
Billing Zip 請求先住所の郵便番号
Billing Province 請求先の都道府県
Billing Country 請求先の国
Billing Phone 請求先の電話番号
Shipping Name お客様の氏名
Shipping Street 配送先住所として入力されている町名
Shipping Address1 150 Elginなど配送先住所の1行目
Shipping Address2 Suite 800など配送先住所の2行目。この欄は空欄の場合があります
Shipping Company お客様の会社名。この欄は空欄の場合があります
Shipping City 配送先住所の都市
Shipping Zip 配送先住所の郵便番号
Shipping Province 配送先の都道府県
Shipping Country 配送先の国
Shipping Phone 配送先のお客様電話番号
Notes 注文時のメモ
Note Attributes 注文メモの属性値
Cancelled at 注文がキャンセルされた日時
Payment Method 注文の決済方法
Payment Reference 取引のチェックアウトID。この番号はストア管理画面に表示されません
Refunded Amount 注文に適用される返金額
Vendor 項目商品の販売元
Outstanding Balance 一括で支払われなかった注文の未払い額。この列は、ストアにPOS販売チャネルをすでにインストールしている場合にのみ表示されます。
Employee 注文を販売した従業員名
Location 注文を販売したPOSの場所
Device ID 注文の販売に使用されたPOSのデバイスID
Id 注文 ID。
Tags 注文に関連付けられたタグ
Risk Level 注文のリスクレベル
Source 注文のソース: たとえば、ウェブ下書き注文POS
Lineitem discount 項目に適用されたディスカウント金額の合計。
Tax # Name 物品税の名。最大5種類まで
Tax # Value 物品税に課される税額。
Phone お客様の電話番号

取引履歴のCSV構造

下記の表には、注文の取引履歴をエクスポートする際に作成されるCSVファイルの形式が表示されています。

取引履歴エクスポートCSVファイルでの各ヘッダーの説明
ヘッダー 定義
Order 取引のチェックアウトID。この番号は決済サービスによって使用される場合がありますが、通常ストア管理画面には表示されません
Name 取引に関連付けられた注文番号。この注文番号は注文ページに表示されます。
Kind 取引種別。販売、返金、承認など
Gateway 取引を処理する決済サービス
Created At 取引の年月日、時刻、UTC/GMTとの時差
Status 取引の成否の状況
Amount 取引された金額
Currency 取引処理時の通貨
Card Type 該当する場合は使用されたクレジットカードのブランド

テキストエディタを使用してordersのCSVファイルを編集する

スプレッドシートプログラムをお持ちでない場合は、テキストエディタを使用してCSVファイルを編集できます。

ほとんどのコンピューターでは、テキストエディタを用いてCSVファイルを開くことができます。AtomまたはSubmit Textなどのプログラムを使用して、CSVファイルを編集またはデバッグすることも可能です。

テキストエディタを用いてCSVファイルをフォーマットするには

  • 列ヘッダー (First Name,Last Name,Email,Company,Address1など) はカンマで区切る必要があります。
  • タグを列記する場合、"tag1,tag2,tag3"のように引用符で囲む必要があります。
  • 異なるレコードは改行で区切る必要があります。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す