Shopify Flow

ストアレベルでShopify Flowを使用するには、Shopify アプリストアからFlowアプリをダウンロードします。

オートメーションを作成するには、トリガー、条件、またアクションを選択します。

トリガーは、注文を作成したりアプリにお客様を追加したりするなどのイベントです。これは、ストアやアプリで実行されます。

条件により、特定の条件が満たされる場合にのみ、ワークフローがアクションを実行することを確認できます。

アクションとは、Shopifyストアやアプリのオブジェクトへの変更を行うことができるタスクのことです。

トリガー - Shopifyのイベントまたはアプリからのワークフローを開始します。条件 - ワークフローを実行するかどうかを決定する条件を設定します。アクション - ストアまたはアプリで実行されたタスクでワークフローを終了します。

組織レベルでのFlow

プラス: この機能強化は、2020年4月14日より、複数のストアを持つShopify Plusのプランに導入されています。組織の管理画面が利用可能になると、組織のストアオーナーに通知が送信されます。組織レベルでFlowを使用するには、組織の管理画面のFlowページに移動します。

組織レベルのFlowメニュー項目を表示する画像

Flowの組織レベルのアクセス権がある場合は、Flowを使用して組織内のすべてのストアで次のアクションを実行することができます。

  • ワークフローを作成および編集する
  • Flowアプリをインストールせずにストアでワークフローを有効にする
  • ストア間でワークフローを直接コピーする

このアクセスにより、ユーザーは各ストアに個別にログインすることなく任意のストアのワークフローを管理することができます。

特定のストアでのみユーザーがFlowにアクセスできるようにする場合は、そのストアにFlowアプリをインストールして、Flowへの組織レベルのアクセスではなく、ストアレベルのアプリへのアクセスを許可することができます。

関連リンク

開発者用関連リンク

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す