Shopify Flowの参考資料

ワークフローを構成する要素について詳しい情報が必要な場合、以下の参考情報をご覧ください。

トリガー

トリガーは、ワークフローを開始するイベントです。トリガーは、Shopifyの内部で発生するイベントの場合と、外部アプリケーション内で発生するイベントの場合があります。各トリガーには、関連するアクション項目があり、それらをワークフローで使用できます。

条件

特定の条件が満たされた場合にのみ、条件に基づいてアクションが起動します。条件は、IF...THEN (もし~なら、~) 文の開始部分のようなものです。条件に基づいて、注文、商品、お客様などイベントに関連するオブジェクトのプロパティだけでなく、トリガーイベントのプロパティも照合できます。

アクション

アクションとは、Shopifyストアやアプリのオブジェクトへの変更を行うことができるタスクのことです。アクションにより、メールやSlackメッセージの送信、外部サービスへのHTTP WebHook呼び出しを行うこともできます。

ワークフローで実行するアクションを選択すると、ワークフローのトリガーに基づいて選択が絞り込まれます。

変数

変数は、ワークフローの実行時に追加される情報を表すプレースホルダーです。変数は、ワークフローに関係するお客様、注文、商品の属性を表します。たとえば、注文番号、注文価格、お客様名の変数があります。

Liquid変数は、繰り返しや条件付きコンテンツに対応した高度な変数です。たとえば、Liquid変数を使用して、注文の各項目の商品名、SKU、価格、数量などの詳細を含むメッセージを作成することができ、受信者はこうした情報を調べる必要がなくなります。

コネクター

コネクターを使用すると、特定のアプリを利用してそのアプリからの情報に基づくトリガーを作成したり、アプリを利用するアクションを作成したりすることができます。トリガーを使用すると、アプリはFlowにデータを送信します。アクションを使用すると、Flowはアプリに情報を送信します。

メッセージ

どのワークフローにも、flow@shopify.comのアドレスから指定した受信者にメールを送信するアクションを含めることができます。メールをパーソナライズしたり、詳細を追加したりするために変数を使用できます。

HTTPリクエスト

ワークフローには、HTTPリクエストを送信してワークフローをウェブサーバーまたはURLに接続するアクションを含めることができます。

ストアの例

Shopify Flowで使用できるワークフローの例をいくつか確認します。

このセクションにあるもの

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す