ストアを一時停止または閉鎖する

ストアオーナーであり、ストアが対象資格を満たしている場合、管理画面でストアを一時停止するか完全に閉鎖することができます。

次の方法でストアを一時停止することができます。

次の方法でストアを閉鎖できます。

無料体験中で料金プランを選択していない場合、アカウントをキャンセルするための措置を講じる必要はありません。無料体験中にストアを一時停止することはできません。

ストアの一時停止または閉鎖の詳細については、Shopify サポートにお問い合わせください

自分に合ったPauseプランを決定する

Shopify Plusには利用できません。

ストアを一時停止するには2つの方法があります。必要に応じて適切なプランを選択してください。

Pause and Buildプラン

Pause and Buildプランでは、ストアフロントを一時停止して、減額されたサブスクリプション料金によりストアでの作業を行うことができます。管理画面にアクセスしてストアを最適化して商品を編集できますが、チェックアウトは無効になっています。これにより、お客様はストアにアクセスして商品を閲覧できますが、商品を購入することはできません。

たとえば、ストアが季節限定であったり、特定の期間だけ開かれていたりする場合は、Pause and Buildプランが適切な選択肢となる場合があります。

無料体験の終了後、ストアが有料プランを少なくとも60日間利用している場合は、Pause and Buildプランのみを選択できます。

プランを一時停止する

Pauseプランでは、3か月間ストアを一時停止でき、サブスクリプション料金を支払う必要がありません。一時停止中はストアを完全に閉めて、ほかの優先すべきことに集中できます。

Pause and Buildプランとは異なり、Pauseプランでは管理画面へのアクセス、ストアでの作業、お客様への販売はできません。

ストアへの訪問者には、ストアが一時的に閉鎖されていることを通知するメッセージが表示されます。訪問者のメールアドレスを収集して、ストアを再開したときに知らせたり、ほかにも今後のコミュニケーションに使用したりできます。

ログインして新しいプランを選択することにより、3か月以内であればいつでもストアを再開することができます。ただし、3か月以内にストアを再開しないことを決定した場合は、Pause and Buildプランにアップグレードされます。これによりサブスクリプション料金が減額されます。アップグレード後もお客様に表示されるストアフロントは閉ざされたままですが、管理画面にアクセスしてストアで作業をして、販売を再開するための準備を整えることができます。

無料体験の終了後、ストアが有料プランを少なくとも60日間利用している場合は、Pauseプランのみを選択できます。

ストアを一時停止して作業を続行する

Pause and Buildプランでは、ストアを月額9米ドルの減額された費用で運営を続けることができます。管理画面にアクセスして必要なときに商品を編集できますが、チェックアウトは無効になっています。これにより、お客様は商品を見ることができますが、購入することはできません。

Pause and Buildプランでは、以下の操作ができます。

  • 管理画面にアクセスする。
  • サイトのパフォーマンスに関する基本的なレポートにアクセスする。
  • オンラインストアフロントを表示する。
  • 下書き注文を使用して手動の決済方法を受け入れる。

ただし、オンラインストアのチェックアウト、POS、ディスカウント、カゴ落ちのリカバリー、ギフトカード、およびFacebookとGoogleに商品を公開するなどの外部サービスの統合は使用できません。

手順:

ストアは一時停止され、サブスクリプション料金は減額されます。商品の販売を再開する場合は、新しいプランを選択していつでもストアを再開できます。

Pause and Buildプランの期間中にストアで作業する

Pause and Buildプランの期間中、お客様は商品を見ることはできますが購入できません。顧客体験を改善するために、テーマをカスタマイズして商品価格を非表示にし、[カートに追加する] ボタンを非表示にして、ストアの一時停止中にお客様が購入を試みないようにすることができます。

ストアの一時停止中に商品を表示したくない場合は、オンラインストアをパスワードで保護することができます。こうすると、ストアの一時停止中は商品がお客様に表示されることはありません。パスワードページをカスタマイズして、ストアの一時停止中にお客様に表示するメッセージを作成できます。

ストアの一時停止後も、すべてのアプリは引き続き有効です。アプリを一時停止したい場合は、個別にキャンセルする必要があります。

一時停止して構築した後にストアを再開する

ストアを再開する準備ができたら、ログインし、最適な新しいプランを選択してください。

手順:

  1. ストアオーナーとしてログインします。

  2. 管理画面で [設定] をクリックし、[プランと権限]をクリックします。

  3. プランの詳細セクションで [プランを選択する] をクリックします。

  4. 利用可能なオプションで料金プランを選択します。

プランを選択すると、販売を再開できます。

一時停止中のストアのパスワードを設定した場合、オンラインストアのパスワードを削除できます。

ストアを完全に一時停止して閉鎖する

アクティブなマーチャントの場合は、Pauseプランでストアを完全に一時停止して閉鎖することができます。ストアは最長3か月間一時停止され、この期間中はサブスクリプションの請求はありません。3か月間はいつでもストアを再開することができます。3か月後にストアを再開しない場合、月額9米ドルのPause and Buildプランにアップグレードされます。

ストアを一時停止すると、アプリの請求が一時停止されます。保留中のアプリ料金がある場合、ストアを一時停止した際に請求されます。Pauseプランを使用している間は、管理画面にアクセスしたり、ストアで作業したり、お客様に販売したりできません。

開始する前に、パスワードページを作成して、すぐに再開することを訪問者に伝えることを検討してください。ストアの一時停止中は、パスワードページにアクセスしたり編集したりすることはできません。ストアの一時停止中は、パスワードページにアクセスしたり編集したりすることはできません。

手順:

ストアは一時停止しています。

一時停止して閉鎖後にストアを再開する

ストアを再開する準備ができたら、ログインし、最適な新しいプランを選択してください。

手順:

  1. ストアオーナーとしてログインします。

  2. 利用可能なオプションで料金プランを選択します。

プランを選択したら、販売を再開する準備が整うまでストアで作業することができます。

一時停止中のストアのパスワードを設定した場合、オンラインストアのパスワードを削除できます。

Shopifyストアを閉じる

オンラインストアの運営を終了する場合、いつでもストアを閉じることができます。ストアの閉鎖後、管理画面にアクセスできなくなります。もう一度ログインする場合、クレジットカードの詳細を入力してストアを再有効化する必要があります。

オンラインストアを閉鎖すると、同じストア名、または同じmyshopifyドメインを使用する新しいオンラインストアを作成することはできません。

ストアを閉鎖する前に、以下の点を考慮してください。

  • 未払い料金を精算してください。アカウントに未払い料金が残っていなければ、ストア閉鎖後の請求はありません。請求書の詳細については、「Shopify請求書について理解する」を参照してください。

  • CSVファイルをエクスポートして、ストア情報を保存してください。請求履歴をエクスポートすると、請求書を保存できます。

  • Shopify以外に支払い情報がある外部アプリが存在する場合は、ストアを閉じた後に外部から請求されないように、それらのアプリでサービスをキャンセルします。

  • ギフトカードを販売する場合は、未払いのカードを解決する必要があるかもしれません。未払いのカードを解決するために必要な情報が含まれているストアのギフトカードのCSVファイルをエクスポートすることができます。

  • Shopifyで購入したカスタムドメインがある場合は、それを別のプロバイダーに移管できます。

  • 外部サービスから購入したカスタムドメインがある場合、管理画面でストアから削除できます。Shopifyストアを閉鎖する前にストアからドメインを削除しない場合、他のウェブサイトでそのドメインを使用できない可能性があります。

  • 予期しない請求を回避するために、レジストラのウェブサイトでカスタムドメインの自動更新を無効にしてください。

  • ストアを閉鎖してドメインを新しいプラットフォームに移管する場合、ストアの閉鎖後90日間は、ShopifyのHTTP Strict Transfer Security (HSTS) ポリシーがドメインで有効のままとなることにご留意ください。このポリシーにより、あなたのビジネスとお客様に関する情報が安全に保たれます。

ドメインを、HTTPSを使用する別のプラットフォームに移行する場合、追加の手順を取る必要はありません。

ドメインを、HTTPSを使用していないプラットフォームに移管すると、その後90日間は、ドメインにアクセスするたびにブラウザーにエラーメッセージが表示されるようになります。エラーメッセージには、サイトが信頼されていない、または証明書が有効でないことが示される場合があります。90日の期間が経過するまで待つか、HTTPSをサポートするプラットフォームにドメインを移管することを検討してください。

手順:

  1. パスワードを入力して続行します。

  2. この時点でShopifyにお問い合わせいただければ、何かお手伝いできることがないか確認させていただきます。ストアを閉じる場合、ドロップダウンメニューから理由を選択し、[ストアを閉じる] をクリックします。

ストアが閉じられていることを確認するには、ストアのURLに移動し、ストアが表示されなくなっていることを確認します。

ShopifyストアをExchangeマーケットプレイスで販売する

Shopifyストアを運営したくないが、ビジネスを販売することに興味がある場合は、ShopifyのExchangeマーケットプレイスがお手伝いします。ビジネスをExchangeにリストアップすることは、オンラインで販売するのに便利な方法であり、ExchangeはEscrow.comと提携していて、決済、リスティング、移管プロセスを簡単で安全に行えます。Exchangeの詳細を確認し、あなたのビジネスが対象となるかどうかは、「Exchangeマーケットプレイスでビジネスを販売する」を参照してください。

Shopifyストアの凍結を解除する

支払い期限を過ぎた場合、または支払いが3回失敗した場合、Shopifyの決済が完了するまでストアは凍結されます。請求期日までストアは凍結されません。ストアが凍結された場合、管理画面にアクセスできなくなり、お客様にストアが表示されなくなります。

Shopifyは、UTCタイムゾーンで請求します。決済で3回目の最終試行に失敗した場合は、支払いの請求期限の午前0時 (UTC) にストアは自動的に凍結されます。北アメリカのように現地タイムゾーンがUTC時間より遅い地域では、ストアは1日早く凍結される見込みです。ストアの凍結を解除するために請求を支払う必要があります。

手順:

  1. ストアオーナーとしてログインします。

  2. アカウントの未払い残高を正常に支払います。

複数の請求が未払いとなっている場合、その各請求書に対して支払うようにするなら、ストアの凍結が解除されます。請求書をダウンロードするには、請求履歴をエクスポートします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す