卸売販売

Shopifyを使用して、ご自身の商品 (または他社の商品) を、別のビジネスに対して売ることができます。Shopifyでは、クーポンコードを使用することから始まり、パスワード保護した個別のストアフロントを作成することに至るまで、お客様の卸売商品を売るための多くの方法が用意されています。そのため、ご自身の卸売事業の規模と諸要素に適したオプションを選択することができます。

クーポンコードを使用する

卸売価格を提供する最も簡単な方法は、オンラインストアのクーポンコードを作成して卸売顧客に送信する方法です。この方法は、以下の場合に有効です。

  • 一定の割合のディスカウントに基づくものなど、簡単な価格設定戦略がある場合。たとえば、卸売価格が常に小売価格の40%である場合に該当します。
  • 卸売商品やお客様の数が比較的少なく、頻繁に価格を変更することはないため、注文を手動で管理できる場合。たとえば、20個の商品のみ販売する場合、商品ごとに異なるクーポンコードを作成できます。
  • 卸売の体験中であり、アイデアをさっそく試してみたい場合。

クーポンコードを使用して、卸売顧客の代わりに注文を作成することもできます。この場合、顧客が注文書を送信し確認することになります。依頼に基づいて下書き注文を作成した後、請求書を顧客にメールで送信します。注文を自分で作成できるので、配送料など、注文に表示される内容を管理できます。また、最小注文数と最大注文数の徹底にもつながります。

顧客にコードを送信する前に、配送規則には卸売注文に適用する料金が含まれていることを確認してください。

卸売アプリで請求書を送信する

Shopify アプリストアで公開されている卸売アプリを使用すると、以下のタスクをサポートできます。

  • 管理画面で設定した決済サービスを使用して、支払い用の請求書を送信
  • 電信送金などの別の決済方法を使用して請求書の支払いを行える、編集した請求書メールの送信
  • 決済を受け取るときに、支払い済または部分的に支払い済とした請求書のマーク

別のストアを開く

別のShopifyストアを開くこともできます。卸売業用に編集することもできます。

これにより、卸売店の外観と雰囲気を完全にコントロールできます。

プラス: Shopify Plusプランを使用しており、卸売チャネルでニーズを満たせない場合はこの方法が良いでしょう。Plusマーチャントは、拡張ストアを使用してこうした別のストアを作成できます。

別のストアを卸売店に使用できるようにセットアップすると、既存のストアから新しいストアに内容の一部またはすべてを移すことで、時間と労力を節約できます。ただし、企業間取引 (B2B) 販売に新しいストアを適応させるためには、開発者やデザイナーが必要になるでしょう。

次の方法で、ストアを卸売用にカスタマイズすることができます。

  • ストアをパスワードで保護し、テーマをカスタマイズすることにより、小売顧客に対して卸売商品とその価格を非表示にできます。
  • 2つのストアの間で、商品と在庫を同期します。個別にストアを使用していると、すべての在庫と商品の情報が、元のストアとは切り離されたものとなってしまいます。そこで、2つのストアを管理する代わりに、小売業、卸売業の商品、在庫を、アプリで同期することができます。より安定したニーズがある場合、在庫管理システム (IMS) ソリューションを使用することができます。IMSソリューションを使用すると、マーケットプレイス、在庫、POS、決済処理、会計ソリューションを一元管理したソースに統合することで、すべての在庫とストア情報をまとめることができます。

卸売チャネルを追加する

Shopify卸売チャネルを使用して、オンラインストアの拡張機能であるパスワードで保護した個別のストアを作成することができます。

プラス: この方法はShopify Plusプランでのみ利用可能となっており、そのプランのビジネスではおすすめの方法です。詳しくは、卸売チャネルをご覧ください。

さらに詳しく

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す