3ds MaxおよびSubstance Painterを使用してGLBファイルを作成する

3ds MaxとSubstance Painterを使用して、3D WarehouseにアップロードできるGLBファイルをエクスポートします。

3ds Maxでエクスポートするモデルを準備する

エクスポートのためにモデルを準備するには、そのモデルのメッシュが単一であり、単一の素材が適用されていることを確認する必要があります。

手順:

  1. [ファイル] > [インポート...] > [インポート...] の順にクリックします。
  2. モデルファイルを選択してから、[開く] をクリックします。
  3. OBJインポートオプションのダイアログで、[単一のメッシュとしてインポートする] のチェックボックスをオンにします。
  4. [インポート] をクリックします。
  5. モデルを0-1空間に展開します。UVがオーバーラップしていないことを確認します:
    UVWエディタの編集を使用して、X軸とY軸の0と1の間にUVを配置します。
  6. 単一の素材をモデル全体に適用します。

3ds Maxからメッシュをエクスポートする

  1. [ファイル] > [エクスポート...] > [エクスポート...] の順にクリックします。
  2. ファイル名とモデルをエクスポートする場所を入力します。
  3. タイプとして保存ドロップダウンメニューから [OBJ-Export (.OBJ)] を選択します。
  4. [Save] をクリック
  5. OBJエクスポートオプションダイアログボックスで、デフォルトのオプションのまま [エクスポート] をクリックします。

Substance PainterにOBJファイルをインポートする

  1. [ファイル] > [新規] の順にクリックして、新しいSubstance Painterプロジェクトを作成します。
  2. 新規ダイアログで、[選択] をクリックしてメッシュを選択します。
  3. 3ds MaxからエクスポートしたOBJファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  4. 新規プロジェクトウィンドウで、[OK] をクリックします。
  5. テクスチャセットリストのパネルにテクスチャセットが1つしかないことをチェックし、メッシュが正しくエクスポートされたことを確認します。

    テクスチャセットが複数ある場合は、複数のテクスチャセットを参照してください。

  6. テクスチャセットセッティングのパネルで、[+] ボタンをクリックしてチャネルを追加します。

    チャネルの見出しの横に [+] ボタンがあります。このボタンをクリックするとドロップダウンメニューが開き、利用可能な追加チャネルが表示されます。

- 必須: Ambient occlusion。 - 任意: Emissive。モデルに発光するコンポーネントが含まれる場合、このチャネルを追加します。 - 任意: Opacity。モデルに透明のコンポーネントが含まれる場合、このチャネルを追加します。

  1. テクスチャセットセッティングのパネルで、[Bake Mesh Maps] をクリックします。

  2. モデルにテクスチャをペイントします。

複数のテクスチャセット

Substance PainterにOBJファイルをインポートすると、1つのテクスチャセットだけが表示されます。

テクスチャセットリストのパネルには、テクスチャセットがリストされています。

複数のテクスチャセットが表示される場合は、3ds Maxからメッシュをエクスポートした時点で、次のいずれかの問題があります。

  • メッシュが単一のオブジェクトに結合されなかった。
  • メッシュに複数のテクスチャが割り当てられていた。

このような場合には、もう一度3ds Maxからモデルをエクスポートして、メッシュが単一のオブジェクトとなり、かつ割り当てられるテクスチャが1つとなるように確認してください。

Substance PainterからglTFファイルをエクスポートする

  1. [ファイル] > [テクスチャをエクスポート] の順にクリックします。
  2. [Config] ドロップダウンメニューから、[glTF PBR Metal Roughness] を選択します。
  3. テクスチャを保存するロケーションを選択します。
  4. ドキュメントサイズを選択して、テクスチャファイルのサイズを決定します。
  1. [エクスポート] をクリックします。

テクスチャファイルを圧縮する

モデルをエクスポートすると、以下のファイルが出力されます。

  • modelName.bin
  • modelName.glb
  • modelName.gltf
  • modelNamebaseColor.png
  • modelNamenormal.png
  • modelName_occlusionRoughnessMetallic.png

glTF PBR Metal Roughnessを設定した場合、Substance PainterはPNGフォーマットでしかテクスチャファイルをエクスポートしません。テクスチャファイルの圧縮や、アルファチャネルが不要なテクスチャのJPG変換も検討してみます。そうすることで合計ファイルサイズが削減され、ダウンロードの高速化とスムーズなインタラクションが実現されます。

ファイルサイズは3MB以下にすることが最適です。

GLBファイルを作成する

  1. https://glb-packer.glitch.me/にアクセスします。
  2. Substance Painterからエクスポートしたファイルを、GLB Packerのウェブページにドラッグアンドドロップします。

out.glbというファイルがコンピューターにダウンロードされます。ダウンロードの完了後は、ファイル名の変更や3D Warehouseへのアップロードが可能となります。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す