アイテムごとの配送料

サプライヤーは通常、アイテムごとに配送の請求します。注文あたりの商品数が多い場合、サプライヤーから請求される送料が高くなる可能性があります。

サプライヤーが配送料を請求する対象の正確な費用を埋め合わせるために、アイテムごとの配送料戦略を設定できます。これは設定が最も複雑な戦略になる可能性があり、場合によってはShopify アプリストアからの外部アプリケーションが必要になるかもしれません。

アイテムごとの配送料戦略を作成する

Shopifyの配送設定にアイテムごとの料金を追加する前に、考慮すべきことがいくつかあります。次の事項を確認して、あなたに適したアイテムごとの配送戦略を作成してください。

顧客に商品を送る際の費用を把握する

サプライヤーに支払う送料を確認するを参照してください。

アイテムごとの配送戦略では、各配送エリアに商品を配送するのにかかる費用を把握する必要があります。各配送エリアへの配送にかかる金額が同じ場合は、別の戦略を検討できます。詳細については、さまざまな配送戦略を評価するを参照してください。

商品ごとの配送料金を提供する場所を決める

アイテムごとの配送料を提供する国または配送先地域を選択してから、配送エリアを参照してください。

アイテムごとの配送料アプリを選択する

アイテムごとの配送料を設定するのに役立つアプリがたくさんあります。配送料とラベルのアプリを参照してください。

商品価格を見直す

アイテムごとの配送戦略はあなた自身の送料を埋め合わせるのに役立ちますが、この戦略によってもたらされるより高い配送料は、顧客のチェックアウトを妨げる可能性があります。料金をできるだけ低く抑えることで、チェックアウトのコンバージョン率を高く保つことができます。

配送料を低く抑えるための戦略は、送料の一部を顧客に請求する商品額に追加することです。たとえば、サプライヤーから配送エリアへの配送料金の最安値が5ドルの場合、商品の価格に2ドルを追加し、そのエリアへのアイテムごとの送料として3ドルを請求します。商品に費用を追加してより低い配送料を提供することで、顧客がより正確に商品費用を把握できるようになります。

商品価格を調整する場合は、他のエリアの配送料も調整する必要があることに留意してください。この戦略では、チェックアウト時の配送料を安くし、Oberloの送料をカバーするために追加料金の支払いが発生するのを防ぎます。

より高い商品価格とより低い送料の適正なバランスを見つけるのが難しいことがあります。さまざまな金額を試して顧客からのフィードバックを集めると、ストアにとって何が最適かを見つけるのに役立ちます。

自分で一部の商品を保管するかどうかを決定する

さまざまなサプライヤーからの多数の商品が含まれる注文の利益率を維持するためのもう1つの戦略は、商品を自分のロケーションに一括注文して在庫を確保することです。顧客がさまざまなサプライヤーからの商品を注文した場合、手元に商品があるので、自分で商品を梱包して発送することができます。

この方法の利点は、発送するパッケージのブランディングをコントロールできることです。顧客はすべてのアイテムを一度に受け取り、あなたが支払う必要があるのは配送料のみです。

アイテムごとの配送料を作成する

どのように料金を作成するかは、選択する配送料アプリによって異なります。不明な点は、アプリの開発者にお問い合わせください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す