関税と輸入税

国外に配送する場合、お客様は荷物を受け取る際に追加の関税と輸入税が請求される場合があります。チェックアウト時に関税と輸入税を請求するには、要件を満たしている必要があります。チェックアウト時の関税と輸入税の請求を設定する前に、関税と輸入税に関するこの情報を確認してください。

配送業者

配送業者は商品を輸送するサービスを提供します。越境して配送される商品について、配送業者は通関業者として機能し、関税と輸入税の徴収を担当します。配送業者は、荷物に適用されるインコタームズに応じて、販売者または購入者からこれらの手数料を徴収します。

配送業者は、提供するサービスに対して仲介手数料および支払い手数料を請求する場合があります。

インコタームズ

関税と輸入税を処理するために使用される方法は、貿易取引条件解釈の国際規則、またはインコタームズと呼ばれます。インコタームズによって、お客様への請求方法、配送業者の関税と輸入税の徴収方法が定められます。

以下は、最も頻繁に使用される2つのインコタームです。

  • 仕向地持ち込み渡し関税込み条件 (DDP)。この条件では、商品が越境したときに支払わなければならない輸入の費用 (関税、輸入税、仲介手数料/支払い手数料など) が存在する場合、売り手が費用を負担する責任を負います。チェックアウトプロセス中にこれらの請求に対する支払いを徴収することができます。DDPインコタームが適用可能な場合、DDPインコタームに則ることで、お客様に商品の合計価格を提示し、配送の遅延を防ぐのに役立ちます。
  • 仕向け地持ち込み渡し条件 (DAP)、仕向け地持ち込み渡し (関税抜き) 条件 (DDU) とも呼ばれます。この条件の場合、売り手は商品の配送にのみ責任を負い、お客様が配達時に輸入の費用 (関税、輸入税、仲介手数料/支払い手数料など) を配送業者に支払う責任を負うことになります。前もって関税が支払われていない場合、配送業者によっては配達時に関税を徴収するための追加料金を請求することがあります。DAPインコタームに則った場合、お客様は追加料金の請求をされる可能性があります。

お客様が追加料金を支払わなくてもよいようにするため、チェックアウト時に該当する関税と輸入税を請求できます。配送業者は後で関税と輸入税をあなたに請求し、あなたはお客様から徴収した料金を支払うことができます。

税関手数料

さまざまな輸入元から商品を輸入する際、以下を含む手数料が請求される場合があります。

荷物に適用される税関手数料は、配送先、金額、商品を輸送する配送業者によって異なります。

低価格商品の税金および輸入税

関税手数料の税金部分は、非課税基準額 (国や地域によって異なる閾値) に応じて、低価格商品の税金または輸入税のいずれかになります。

低価格商品の税金

あなたがその国や地域で税金を徴収するための登録をしている場合、国や地域によっては、非課税基準額以下の荷物に低価格商品の税金が課されます。例を挙げると、欧州連合では低価格商品の税金の閾値に従って150ユーロ以下の越境注文にはVATが徴収され、イギリスでは低価格商品の税金の閾値に従って、135イギリスポンド以下の越境注文にVATが徴収されます。

低価格商品の税金は、以下の国で課税されます。

  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • スイス
  • ノルウェー
  • 欧州連合
  • イギリス

ほとんどの場合、低価格商品の税金が課税される地域への荷物にはDDPインコタームの使用が推奨されています。そのような理由で、基準税額を超えた注文に対しては、チェックアウト時に関税と輸入税も計算されます。

たとえば、欧州連合への荷物に対してDDPインコタームを使用すると、以下のようになります。

  • VATが150ユーロ以下の注文に課税されます。
  • 輸入VATと関税が150ユーロを超える注文に課税されます。

イギリスへの荷物に対してDDPインコタームを使用すると、以下のようになります。

  • 税金の設定でイギリスの税務登録情報を入力した場合、VATが135ポンド以下の注文に課税されます。
  • 輸入VATと関税が135イギリスポンドを超える注文に対して課税されます。

低価格商品の税金は、大抵の場合、納税申告書を使用して税務当局に納付します。税金を徴収し納付する必要があるかどうかを判断するのはマーチャントです。低価格商品の税金を徴収するための登録をすべきかどうか分からない場合や、低価格商品の税金を納付する方法が分からない場合、その国や地域の税務当局または地元の税理士にお問い合わせください。

低価格商品の税金が適用された注文の返金を処理する場合、国や地域の税務当局に連絡し、納付した税金を回収します。税金の支払いのためにすでに登録されている国でのみ、税金を納付または回収することができます。

輸入税

輸入税は、非課税限度額を超過している荷物について国や地域の関税当局が請求します。多くの場合、輸入税はVATまたはGSTなど現地の物品税に相当するものです。輸入税が適用され、なおかつ発送済みの注文の返金を処理する場合、国や地域の関税当局に連絡し、納付した税金を回収します。

関税

関税は、非課税限度額以上の荷物について受け取り側の国や地域の税関当局が荷物に課す請求額です。関税は以下の要素に基づいて計算されます。

  • 商品の申告金額および送料
  • HSコード (商品の名称および分類についての統一システム) によって決定された商品カテゴリー
  • 配送元の国または地域
  • 配送先の国の関税率
  • 該当する通商条約

商品の申告金額に基づいて計算される関税と輸入税は、ディスカウントや無料アイテムの影響を受ける可能性があります。

仲介手数料と支払い手数料

配送業者は、提供するサービスに対して仲介手数料と支払い手数料を請求する場合があります。チェックアウト時の関税と輸入税の請求を有効にしても、この請求額は含まれていません。お客様に仲介手数料と支払い手数料を請求する必要がある場合は、手数料の費用を配送料に追加することを検討できます。

国際配送契約

国際配送契約は、購入者と売り手間の商品の輸送に使用されます。この契約によって、だれが輸送中の商品に関する責任を負うかが定められます。

以下は、最も一般的な2つの契約です。

  • 運賃保険料込み条件 (CIF)。この契約では、売り手が商品を受け取るまで、売り手が保険その他の費用を負担します。
  • 本船渡し条件 (FOB)。この契約では、商品が配送された時点で、購入者が保険その他の費用を負担します。

ほとんどの国や地域では、荷物が関税と輸入税の基準額以上かを決定する際、配送、取り扱い、保険の費用を計算に含めます (CIF)。それらの費用を除外する国や地域もあります (FOB)。どちらの契約を利用できるかわからない場合は、配送業者に問い合わせてください。配送、取り扱い、保険の費用を含めない代表的な国や地域は、以下のとおりです。

  • カナダ
  • アメリカ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • 南アフリカ

配送条件について、お客様に通知を確実に行うようにしてください。

関税と輸入税が適用される最低注文金額

すべての注文が関税と輸入税の対象になるわけではありません。多くの国や地域には、関税と輸入税が適用される前に、最低注文金額となる非課税基準額が設定されています。以下の表では、非課税基準額のいくつかの例が示されています。

非課税基準額の例
関税の非課税基準額 輸入税の非課税基準額
アメリカ 800米ドル 800米ドル
カナダ 20カナダドル 20カナダドル
メキシコ 50米ドル 117米ドル
オーストラリア 1,000オーストラリアドル 0オーストラリアドル
中国 50人民元 50人民元
香港 0香港ドル 0香港ドル
アイルランド 150ユーロ 22ユーロ
日本 10,000円 10,000円
スウェーデン 1,600スウェーデンクローナ 300スウェーデンクローナ
スイス 5スイスフラン 5スイスフラン

非課税基準額は、国や地域によって異なります。荷物の発送元によっては、非課税基準額に影響を及ぼす特定の規則があります。たとえば、メキシコやアメリカからカナダに配送される商品は、商品の価格が150カナダドル以上の場合は関税の対象となり、商品の価格が40カナダドル以上の場合は輸入税の対象となります。

発送先の国や地域の非課税基準額が不明な場合は、発送先の国または地域の税務当局のウェブサイトを確認するか、地元の税務専門家にお問い合わせください。

このセクションにあるもの

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す