トラブルシューティング

テーマエディタで問題が発生している場合は、その問題が以下に表示されているかどうかを確認してください。

一般的な問題

問題: ページを読み込むことができませんでした

ページがサポートされていないURLにリダイレクトされています

ショップと連携していないURLにユーザーをリダイレクトするコードがストアフロントに含まれている場合は、テーマエディタにアクセスし、にリダイレクトが無効になっているかどうかを確認してください。

たとえば、このタイプのリダイレクトをストアフロントに追加することで、購入者のロケーションに応じて異なるShopifyストアに購入者を誘導できます。このタイプのリダイレクトコードは、テーマまたはインストールしたアプリのいずれかに含めることができます。

リダイレクトが編集操作に干渉しないようにするために、テーマのJavaScriptコード内で、window.location.href =window.parent.location.href =に置き換えてください。それができない場合は、テーマエディタにアクセスし、リダイレクトを無効にするJavaScriptのwindow.Shopify.designMode変数を参照してください。この変数はストアフロントがエディタに読み込まれた場合にtrueに設定され、読み込まれなかった場合にfalseに設定されます。

エラーが発生したためページを読み込むことができませんでした

さまざまな理由により、テーマエディタでページの読み込みに失敗することがあります。一般的な問題には、以下のものが含まれます。

  • ネットワーク接続に関する問題
  • テーマに無効なLiquidコードが含まれている。

これらの問題がエラーの原因ではないことが確認できた場合、テーマエディタの [テーマアクション] > [テーマのプレビュー] に移動し、オンラインストアにアクセスしてみてください。ページの読み込みに失敗した場合、Shopify サポートに連絡し、ストアフロントに関連したサポートを受けてください。

HTMLエラーが見つかりました

テーマエディタでテーマ設定を変更すると、エディタに「HTMLエラーが見つかりました」という警告メッセージが表示されることがあります。

HTMLエラーのバナー

このエラーメッセージは、テーマコードに構文エラーが見つかったときに表示されます。この問題を解決するには、エラーメッセージで参照されているLiquidファイルのコードを確認します。上記の例では、slideshow.liquidがそれに当たります。

テーマコードで問題を見つける

  1. エラーメッセージでリンクされている.liquidセクションファイルをクリックします。クリックすると、[HTML/CSSの編集ページ] に移動し、ファイルがコードエディタで開きます。

  2. ファイルのコードをよく調べ、無効なHTMLまたはLiquidを探してください。コードエディタでは、考えられる構文エラーが赤色で表示されます。一般的な問題には、次の要素が含まれます。

  • 余分なHTML終了タグ (例: 開始タグなしの</div>終了タグ) <div>
  • 余分なHTML開始タグ (例: 終了タグなしの<div>開始タグ) </div>
  • 不正な形式のHTMLタグ (例: クラスなしの<div class="my-class") >
  • 不正な形式のLiquidコード
  • 含まれたテーマスニペットファイルの壊れたHTML
  1. 問題が見つかったら、テーマファイルのコードを修正します。

  2. [保存] をクリックします。

  3. [カスタマイズ] をクリックしてテーマエディタに戻り、エラーメッセージがなくなったことを確認します。

その他のソリューション

これまでの手順に従っても問題を解決できない場合、次のオプションを検討してください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す