構築中ストアでの注文のテスト

テスト注文を行うことで、注文処理、在庫、配送、メール通知、および税に関する構築中ストアのチェックアウトプロセスと設定がすべて正しいことを確認できます。

構築中ストアは、無制限のテスト取引を処理できます。構築中ストアでテスト注文を行うには、以下の2つの方法があります。

  • ShopifyのBogus Gatewayを使用して、取引のシミュレーションを行います
  • 決済サービスのテストモードを有効にします。

    • Shopify ペイメント
    • 外部決済サービス

構築中ストアで実際の取引を使用してテストすることはできません。実際の取引とは、テストモードが有効になっていない決済サービスを通して処理される取引、および有効なクレジットカード番号など実際の支払い情報を使用する取引です。実際の取引でテストする必要がある場合は、有料プランに構築中ストアを移行する必要があります。

管理画面のREST APIまたはGraphQL APIを使用して注文を作成することもできます。APIを使用して注文を作成すると、チェックアウトが迂回されます。

ShopifyのBogus Gatewayを使用してテストする

構築中ストアのオンラインチェックアウトで取引のシミュレーションを行うには、ShopifyのBogus Gatewayを設定します。Bogus Gatewayは、どのストアでもテスト注文の作成に使用できる決済サービスです。

注文を作成するには、チェックアウト時にテスト用の支払い情報を入力する必要があります。入力する情報に応じて、さまざまな種類の取引シミュレーションを行えます。

手順:

  1. クレジットカード決済サービスを有効にしている場合は、続行する前に無効にしてください。[管理する] > [無効にする] をクリックして (このボタンには、決済サービスの名前も表示されます。Shopify ペイメントを無効にするなど)、無効化を確認します。

  2. 外部プロバイダーセクションが表示されます。そのセクションで、[外部サービスプロバイダーを選択する] をクリックします。

  3. 外部決済サービスページで、[(テスト用) Bogus Gateway] を選択します。

  4. [(テスト用) Bogus Gatewayを有効にする] をクリックします。

  5. オンラインストアへ移動し、お客様と同じように注文を行います。チェクアウトでは、本物の番号ではなく次のクレジットカード情報を入力します。

Bogus Gatewayを使用して、チェックアウトをテストする際に入力するカードの詳細
フィールド名 入力する詳細
カード上の名前 Bogus Gatewayと入力します。
クレジットカード番号

さまざまなタイプを取引のシミュレーションを行うため、これらを順番に入力します。

  • 成功した取引のシミュレーションを行うには、1を入力します。
  • 失敗した取引のシミュレーションを行うには、2を入力します。
  • 例外のシミュレーションを実行するには、3を入力します (プロバイダーにエラーが発生したことを示すメッセージが生成されます)。
CVV 任意の3桁の数字を入力します (たとえば、111)。
有効期限 将来の日付を入力します。
  1. テストを完了した後、管理画面の決済サービスページで [他のプロバイダーを選択する] をクリックしてから、決済サービスをリセットします。

Shopify ペイメントのテストモードを使用してテストする

Shopify ペイメントの設定をテストするには、テストモードを有効にし、テスト用のクレジットカードを使用して決済をシミュレートします。

Shopifyペイメントのテストモードを有効にする

テスト注文を作成する前に、Shopifyペイメントのテストモードを有効にする必要があります。

手順:

  1. Shopify ペイメントセクションで、[管理] をクリックします。

  2. テストモードセクションで、[テストモードを使用する] を選択します。

  3. [保存] をクリック

次のステップ:

テスト用のクレジットカード番号を使用して注文を作成し、取引をシミュレートすることができます。成功した取引、失敗した取引、異なる通貨の取引を作成するためのテスト番号があります。

成功する取引シミュレーションを行う

成功した取引をシミュレートするには、チェックアウト時にクレジットカードの詳細を尋ねられたら、次の情報を使用します。

  • カード名: 少なくとも単語を2つ入力します。
  • 有効期限: 将来の日付を入力します。
  • セキュリティコード: 3桁を入力します。
  • カード番号: 次のいずれかの番号を使用します。
これらのカード番号で成功した取引をシミュレートを行う
カードタイプ クレジット番号をテストする
Visa 4242424242424242
Mastercard 5555555555554444
American Express 378282246310005
Discover 6011111111111117
Diners Club 30569309025904
JCB 3530111333300000

失敗する取引のシミュレーションを行う

チェックアウト中に顧客に表示される可能性のあるクレジットカードのエラーメッセージを表示するには、これらのテスト用のクレジットカード番号を使用して、別の失敗した取引のシミュレーションを行ないます。

  • クレジットカード番号4000000000000002を使用すると、カード拒否のメッセージが生成されます。
  • クレジットカード番号4242424242424241を使用すると、不適切な番号のメッセージが生成されます。
  • クレジットカード番号4000000000000259を使用して、異議が申し立てられた取引についてシミュレーションを行います。
  • 13などの無効な有効期限の月を使用すると、無効な有効期限の月のメッセージが生成されます。
  • 過去の有効期限の年を使用すると、無効な有効期限の年のメッセージが生成されます。
  • 2桁のセキュリティコード番号を使用して、無効なセキュリティコードメッセージを生成します。

外部決済サービスのテストモード

一部の外部決済サービスのテストモードは管理画面で有効にすることができます。構築中ストアでテストを行うためには、外部決済サービスの設定でテストモードを有効にするオプションを有効にしておく必要があります。

特定の外部決済サービスでテストモードを使用する方法の詳細については、決済サービスのドキュメントを参照してください。

外部の決済サービスを使用しており、設定にテストモードを使用するオプションを追加する場合は、パートナーダッシュボードの決済サービスを設定するに決済サンドボックスのURLを追加する必要があります。

実際の取引によるテスト

実際の取引を使用して構築中ストアをテストする必要がある場合は、ストアを有料プランに移行する必要があります。詳細については、「クライアントに構築中ストアを引き渡す」を参照してください。

構築中ストアを有料プランに切り替えた後もストアオーナーでいたい場合、管理画面でプランを選択します。