ディスカウントのタイプ

自動ディスカウントとクーポンコードを作成して、お客様に提供することができます。ディスカウントを使用して、販売を促進したり、スペシャルオファーや顧客ロイヤリティ報酬を提供したりすることができます。クーポンコードは個別に作成して提供できるコードであり、自動ディスカウントはチェックアウト時にカートに自動で適用されます。

さまざまなディスカウントクラスおよびディスカウントタイプを作成できます。ディスカウントクラスはディスカウントのカテゴリーのようなものです。作成できるクラスは、注文のディスカウント、商品のディスカウント、配送のディスカウントです。

Xを購入してYをゲット無料配送ディスカウント定額ディスカウントなど、より具体的なディスカウントタイプがあります。

クーポンコード

ストア内の商品、コレクション、またはバリエーションに対して、定額ディスカウントや配送ディスカウントをお客様に対して提供できます。オンラインで販売する場合、「Xを購入してYをゲット」ディスカウントを提供して、お客様が商品を購入するよう促すことができます。

新しいクーポンコードを作成すると、そのコードが管理画面の [ディスカウント] ページ上に表示されます。このクーポンコードを配布するには、お客様にコードをメールで送信するか、オンラインストアに表示することができます。お客様がディスカウントを受け取るには、チェックアウト時にそのコードを入力する必要があります。

クーポンコードを作成する際に、以下を指定できます。

  • コードが有効となる日付
  • コードを使用できる回数
  • コードを使用できる前の最低注文金額
  • ディスカウントを適用できる商品、コレクション、またはバリエーション

お客様はオンラインストアでクーポンコードを利用することができます。Shopify POSを使用している場合は、実店舗でもクーポンコードを利用することができます。ただし「Xを購入してYをゲット」ディスカウントは除きます。

すべてのShopifyプランにクーポンコードが含まれています。

クーポンコードを設定したら、[ディスカウント別の売上] レポートを使用して、クーポンコードの使用頻度を確認できます。

クーポンコードの作成に関する留意事項

クーポンコードを作成する前に、以下の留意事項を確認してください。

  • クーポンコードは、最大100件の特定のお客様、商品、バリエーションに適用できます。
  • クーポンコードの発行上限は、各ストアで2000万件までとなっています。 
  • 自動ディスカウントとクーポンコードは同時に使用できません。
  • クーポンコード名がストアのチェックアウトURLに正しく追加されるようにするため、クーポンコードの名前に特殊文字を使用しないでください。
  • コレクションには、別個のバリエーションを含めることができません。商品バリエーションをディスカウントしたコレクションに追加すると、商品のすべてのバージョンにディスカウントが適用されます。
  • 開始時間と終了時間を指定してディスカウントを作成した場合、その時間は管理画面で選択したタイムゾーンに基づいています。たとえば、ストアのタイムゾーンが東部標準時間 (EST) で11月26日を開始日として選択した場合、11月26日の午前12時にディスカウントが開始されます。

自動ディスカウント

チェックアウト時およびカートに自動的に適用されるディスカウントをお客様に提供できます。定額、または「Xを購入してYをゲット」の自動ディスカウントを作成できます。

自動ディスカウントを正しく適用するために、お客様はすべての対象アイテムをカートに追加してからチェックアウト画面に進む必要があります。ディスカウントの実施条件となる購入アイテムに加え、プロモーションの一環で入手するアイテムもカートに追加しておく必要があります。

有効な自動ディスカウントをいつでも1つだけ持つことができます。自動ディスカウントはクーポンコードよりも優先され、お客様は1回の注文に複数のディスカウントを適用できません。チェックアウトに自動ディスカウントが適用されているお客様はクーポンコードをご利用いただけません。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す