ストアで複数の通貨による販売を有効化する

Shopify ペイメントの設定を編集して複数の通貨で販売できるようにし、オンラインストアのテーマに通貨セレクターを追加します。

複数の通貨で販売を開始する前に、お客様の利用体験をテストします。Shopifyは、複数の通貨で販売するために、1つではなく2つの通貨の値 (ストアとお客様) をサポートしています。

複数の通貨での販売を有効にする手順

ステップ1: Shopify ペイメントを設定して複数の通貨を使用する

ストアで受け入れる通貨ごとに国と地域を追加することで、複数の通貨を有効にできます。

  1. [Shopify ペイメント] セクションで、[管理] をクリックします。3. [国/地域] セクションで、[国/地域を追加する] をクリックします。4. サポートされている国と地域のリストから、サポートする国または地域を選択します。4. [国/地域を追加する] をクリックします。

ステップ2: 通貨セレクターを有効にする

通貨セレクターを使用すると、お客様が現地通貨を選択できるようになります。ほとんどのテーマには、複数の通貨で販売するための通貨セレクターが含まれていません。Geolocationアプリを使用して通貨セレクターを追加したり、Shopifyパートナーと協力してテーマに通貨セレクターを追加したりすることができます。最初の国や地域を追加すると、デフォルトでGeolocationアプリがインストールされます。

詳細については、「通貨セレクターを有効にする」を参照してください。

ステップ3: 端数処理と国際価格を設定する

国際価格モデルをカスタマイズするために使用できる機能は、ストアのShopifyのプランによって異なります。

行を結合する
ベーシック スタンダード プレミアム Shopify Plus
国と地域のページを表示
価格の端数処理に関する設定
カスタムの端数処理の設定
価格調整の設定
国と地域の商品価格の設定

有効にする通貨ごとに端数処理を設定して、変換された価格の一貫性を高めることができます。また、カスタマイズされた端数処理を作成して、新しい通貨で価格を表示する方法を管理することもできます。たとえば、すべての価格の末尾を0.95ドルにする場合、カスタムの端数処理として0.95ドルを作成します。

国や地域の商品価格と価格調整を個別に設定することで、国際価格モデルを管理できます。商品価格と割引前価格を設定することで、商品のCSVファイルを使用して、国や地域の商品価格を指定できます。商品の基準価格に対する割合の増減が価格調整です。価格調整は、国や地域のお客様に販売される全商品に適用されます。

ステップ4: 顧客の利用体験をテストする

自分が顧客だと仮定してオンラインストアにアクセスし、異なる通貨を選択してお客様の利用体験をテストします。価格が異なる通貨で期待どおりに表示されていることや、アプリとカスタマイズが期待どおりに機能していることを確認します。

他のサービスへの接続

ストアでAPIを使用して通貨データをERPなどの別のシステムまたはサービスに送信する場合、これらのシステムに送信される値の通貨が正しいことをテストする必要があります。

その他の考慮事項

複数の通貨での販売に関して、次の点にご注意ください。

  • ギフトカードディスカウントが複数の通貨でどのように機能するかを確認します。

  • 複数の通貨での販売は、オンラインストアでのみサポートされています。下書き注文は常にストアの通貨を使用します。同様に、Shopify POSではストア通貨のみが使用されています。卸売チャネルを含むいかなるチャネルでも、複数の通貨で販売することはできません。

  • プライベートアプリを使用する場合は、APIの変更を確認してアプリが正常に機能していることを確認します。公開アプリを使用する場合は、アプリをテストしてお客様の利用体験に影響がないことを確認します。

詳しくはこちら

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す