Shopifyの標準商品分類

商品カテゴリーは、Shopifyの標準商品分類における商品の標準カテゴリーです。すべての商品をShopifyの標準商品分類の特定のカテゴリーに割り当てる必要があります。

商品カテゴリーとサブカテゴリーの一覧を表示するには、Shopifyの標準商品分類を参照してください。

Shopifyの標準カテゴリーは、以下の目的で使用されます。

  • 商品属性 (カテゴリーメタフィールドとして参照) を使用できるようにして、各商品カテゴリーにマッピングします。
  • Shopify内で商品を管理しやすくなります。たとえば、自動コレクションが作成される条件として使用したり、商品リストの絞り込みに使用したりできます。
  • FacebookやGoogleなど、標準化された商品タイプを要求している他のチャネルで商品を販売することが容易になります。
  • 商品に課税される税率を決定します (Shopify Taxを使用している場合)。商品には特別な税率または免除が適用される場合があります。商品が正しく分類されている場合、チェックアウト時に最も正確な税率が徴収されます。売上税の徴収の過不足が生じると、ビジネスに財務的責任または法的責任が生じる可能性があります。

商品カテゴリーの一例は「アパレル・アクセサリー > 衣料品 > シャツ・トップス」です。

一部の標準的な商品カテゴリーには、デフォルトのエントリーで利用可能なカテゴリーメタフィールドがあります。たとえば、商品カテゴリーを「アパレル・アクセサリー > 衣料品 > シャツ・トップス」と追加した場合、「サイズ」、「ネックライン」、「袖丈の種類」、「トップス丈の種類」、「年齢層」、「布・生地」、「ターゲットの性別」、「服の特徴」、「」に関するカテゴリーメタフィールドを追加できます。カテゴリーメタフィールドには、デフォルトのメタオブジェクトエントリーが存在します。このエントリーは、そのまま使用することも、カスタマイズして使用することもできます。たとえば、「」という色がブランディングに沿わない場合、「グラファイト」という色に変更することができます。これらのカテゴリーメタフィールドは、お客様が必要な商品をすぐに見つけることができるよう、ストアフロントで使用します。バリエーションのオプションとして色エントリーを使用する場合、ストアフロントの商品ページに色オプションの見本としてバリエーションのオプションを表示できます。

商品カテゴリーと商品タイプの違いは何ですか?

それぞれの商品に設定できるのは、商品カテゴリーを1つ、そして商品タイプを1つのみです。商品カテゴリーは、Shopifyの標準商品分類における標準フィールドであり、税金の計算やFacebookなどの販売チャネルで商品を販売する際に役立ちます。商品タイプは、商品に固有のカスタムフィールドです。商品タイプと商品カテゴリーの両方を使用して、ストアの整理に役立てることができます。

商品タイプについて詳しくはこちらをご覧ください。

商品カテゴリーを使用する際の考慮事項

Googleなどのアプリやチャネルを設定すると、商品と同期するために、Shopifyに入力した商品の詳細がインポートされます。アプリやチャネルに正確な情報をインポートできるように、商品に関する質の高いデータを送信するようにしてください。

商品カテゴリーを追加する前に、以下の考慮事項を確認してください。

  • Shopifyの標準商品分類に掲載されている、事前定義されたShopify商品カテゴリーのみを使用してください。
  • CSVで、商品カテゴリーのID番号かパスのいずれかを送信できます。両方は送信できません。IDとパスはいずれもShopifyの標準商品分類に掲載されています。
  • 商品を最もよく描写した商品カテゴリーを使用します。商品の主な機能に基づいてカテゴリーを選択します。たとえば、商品が、ライトなど他の機能も付いている目覚まし時計の場合、主な機能は目覚まし時計です。この場合、目覚まし時計カテゴリーを使用します。CSVで、フォーマット「ホーム・ガーデン > インテリア雑貨 > 時計 > 目覚まし時計」 (またはID 3097) を使用します。
  • できるだけ具体的なカテゴリーを使用してください。たとえば、目覚まし時計の場合は、目覚まし時計カテゴリーを使用します。CSVで、フォーマット「ホーム・ガーデン > インテリア雑貨 > 時計 > 目覚まし時計」 (またはID 3097) を使用します。単に「時計」 (またはID:3096) を使用しないでください。
  • あなたの言語で商品カテゴリーの分類が使用できない場合、英語の値か数字のIDを使用します。
  • 商品にGoogle商品カテゴリーを適用していて、この分類を引き続き使用する場合、Shopifyは正確な商品のカテゴリーをあなたの商品にマッピングします。あなたのGoogle 商品カテゴリーは、Googleの値 (英語)またはID番号と一致している必要があります。利用できるカテゴリーおよびIDについては、「Google商品カテゴリー」の分類を参照してください。
  • お客様がInstagramやFacebook上で直接チェックアウトする場合、標準のShopify商品カテゴリーをすでに提供している場合でも、税務上の理由により、Google 商品カテゴリを提供する必要があります。
  • すべての商品にShopify商品カテゴリーを割り当てる必要があります。カテゴリーが割り当てられていない商品は、「未分類」として保存されます。これは、商品がCSVまたはアプリで作成される場合にも発生します。商品を「未分類」として保存したくない場合は、商品カテゴリーを追加できます。

商品カテゴリーの自動提案

商品を作成し、名前や説明を入力して商品の画像を追加すると、この情報はShopify Magicが推奨する商品カテゴリーの生成に使用されます。推奨されるカテゴリーを使用するか、商品をできるだけ具体的に表したカテゴリーを選択することができます。

また、Shopify Magicは、商品の詳細に基づいて商品に関連するカテゴリーメタフィールドと値を追加します。それらのカテゴリーメタフィールドを保存し、他のカテゴリーメタフィールドを商品に追加することもできます。

商品カテゴリーを追加する

各商品に商品カテゴリーを割り当てるまで、各商品の候補が表示され、承認するか拒否するかを選択できます。あるいは、商品に「未分類」というラベルがつけられる場合があります。候補が不的確な場合、または商品カテゴリーを閲覧してより的確な商品タイプを探したい場合は、最適な商品カテゴリーを検索できます。

手順

既存の商品カテゴリーを移行する

Shopifyの新たな標準商品分類のリリースにより、以前に使用した商品カテゴリーの一部が変更された可能性があります。

以前に使用したカテゴリーが変更された場合、商品の詳細に最も一致するカテゴリーが提案されます。カテゴリーが割り当てられていない商品は、「未分類」として保存されます。これは、商品がCSVまたはアプリで作成される場合にも発生します。

これらの推奨カテゴリーと未分類の商品を見直し、商品と一致していることを確認することは重要です。商品を見直す際、以下のいずれかの操作を実行できます。

  • 推奨カテゴリーの承諾:提案されたカテゴリーが商品に対して正確である場合は、その提案に同意することができます。
  • 新しいカテゴリーの検索:提案されたカテゴリーが適切ではない場合、商品が「未分類」の場合、または他のカテゴリーを検索する場合は、管理画面の商品ページから [カテゴリー] ドロップダウンメニューを確認できます。また、Shopifyの標準商品分類を確認して、商品に適用するさらに適切なカテゴリーを見つける方法もあります。

Shopifyの新たな標準商品分類で変更されたカテゴリーについて詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリーメタフィールド

カテゴリーメタフィールドは、Shopifyの標準商品分類の特定の商品カテゴリーにマッピングされます。カテゴリーメタフィールドは、分類では商品属性と呼ばれ、商品に正しい情報を追加して、マーチャントのサイト、マーケットプレイス、また検索エンジンの利用者が商品をより見つけやすくするのに役立ちます。

たとえば、商品カテゴリーを「アパレル・アクセサリー > 衣料品 > シャツ・トップス」と追加した場合、「衣服の寸法」、「ネックライン」、「袖丈の種類」などのカテゴリーメタフィールドを追加できます。Shopify Magicの予測に基づいて、いくつかのカテゴリーメタフィールドはデフォルトで追加されます。その他のカテゴリーメタフィールドは提案され、ご自身のストアに追加するかどうかを選択できます。カテゴリーメタフィールドには、デフォルトのエントリーが存在します。このエントリーは、そのまま使用することも、カスタマイズして使用することもできます。

カテゴリーメタフィールドは商品のバリエーションのオプションに関連付けることができ、エントリーはオプション値に関連付けることができます。つまり、色を「」から「グラファイト」に編集すると、その色が使用されているすべての場所でバリエーションの値が更新されます。バリエーションのオプションとして色エントリーを使用する場合、ストアフロントの商品ページに色オプションの見本としてバリエーションのオプションを表示できます。

カテゴリーメタフィールドを追加する

いずれかの商品に標準カテゴリーを割り当てる際、カテゴリーメタフィールドを追加できます。

商品の詳細に追加された情報に基づいて、[カテゴリー] フィールドにカテゴリーの候補が表示される場合があります。商品を保存すると、未編集の提案内容が確定されます。

手順

商品カテゴリーを一括編集する

商品のカテゴリーは、一度に1つずつ編集する代わりに、一括で編集できます。

手順

  1. 管理画面から [商品] をクリックします。
  2. 以下の操作のいずれかを実行して、変更する商品を選択します。

    • 特定の商品のみを編集するには、各商品の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。
    • 1つの商品のバリエーションのみを編集するには、その商品のみを選択します。
    • ページ上のすべてのアイテムを選択するには、商品リストの上部のチェックボックスにチェックを入れます。
    • ストアのすべての商品を選択するには、商品リストの上部のチェックボックスにチェックを入れ、[50件を超えるすべてのアイテムをストアから選択する] をクリックします。
  3. [一括編集] をクリックします。

  4. ビューに [商品カテゴリー] 列がなければ、[列] をクリックして [商品カテゴリー] を選択します。

  5. 商品の [商品カテゴリー] 列で、以下の操作を行います。

    • 必要に応じて、自動生成された各推奨を承認または拒否します。
    • 商品カテゴリーリストのドロップダウンメニューをクリックします。商品カテゴリーを選択します。[すべて閲覧する] をクリックすると、リストを展開したり、カテゴリーを検索したりできます。
  6. [保存] をクリックします。

CSVファイルを使用して商品カテゴリーを管理する

CSV商品インポートを使用して、商品カテゴリーと商品タイプをインポートできます。さらに、CSVファイル内の商品カテゴリーと商品タイプを追加および編集できます。

使用している商品カテゴリーの値がShopifyの事前定義リストと一致していることを確かめるには、Shopifyの標準商品分類を参照してください。

商品にGoogle商品カテゴリーを適用していて、この分類を引き続き使用したい場合、この分類が提供される分類値 (英語) または固有ID (UID) と完全に一致していれば、Shopifyは正確な商品カテゴリーをあなたの商品にマッピングします。

CSVファイルでは、以下の操作を実行できます。

  • 更新したCSVのgoogle_product_categoryフィールドと、正確なGoogle 商品カテゴリを照合します。
  • Google 商品カテゴリからサポートされているカテゴリーを入力します。
  • Shopifyの商品カテゴリーで行うのと同じように、カテゴリーパスまたはID番号を提供します。

商品情報を格納したCSVファイルのサンプルをダウンロードして表示し、テンプレートとして使用できます。

Shopifyの標準商品分類に関する制限事項

新しいShopifyの標準商品分類で作成した商品オプションには、以下の制限があります。

  • Shopifyの標準商品分類を使用してDawnの見本をより優れたものにするには、最新バージョンを使用する必要があります。
  • 新しいカテゴリーは販売チャネルに対応していない可能性があります。公開済みの商品のカテゴリーを変更する前に、商品の販売チャネルを確認してください。
  • 現在、測定単位と寸法タイプの属性は利用できません。
  • 現在、カスタム属性には対応していません。
  • Search and DiscoveryとShopify BundlesのShopifyアプリでは、属性を利用できません。

追加リソース

  • カスタムLiquidが実装された見本を使用するには、Liquidドキュメントを参照してください。このガイドも参照できます。
  • サードパーティのテーマを使用している場合、見本に対応しているか確かめるには、テーマのリリースノートを参照してください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す