CSVファイルの使用

CSV(カンマ区切り値)ファイルを使用して、商品をストアにインポートし、ストアから商品をエクスポートします。CSVファイルを使用すると、多数の商品とその詳細を一度にインポートまたはエクスポートできます。これはShopifyと別のシステム間で多量の商品情報をやりとりする場合に役立ちます。

CSVファイル

CSVはコンマ区切りの値のことで、スプレッドシートのファイル形式 (.csv) を表します。CSVファイルを使用して、商品、顧客、在庫、注文 (エクスポートのみ)、およびディスカウント (エクスポートのみ) をインポートおよびエクスポートすることができます。

他のeコマースプラットフォームからShopifyに切り替えるとき、お客様アカウントのリストをインポートするとき、またはスプレッドシートを使用して商品をアップロードするときなど、さまざまな状況で役立ちます。

CSVファイルは最初は手ごわいと感じるかもしれませんが、形式や機能を理解するならば、いろいろなタスクに使いたくなることでしょう。

CSVファイルにはUTF-8エンコーディングを使用してください。

CSVファイルでは、各エントリーはスプレッドシートのセルを表し、各行は新しい行を表し、各コンマは、1つのエントリーが終わり、もう1つのエントリーが始まる位置を表します。

たとえば、次のようなエントリーの入った顧客CSVファイルがあったとします。

これは、スプレッドシートプログラムでは次のように表示されます。

CSVファイルをGoogleスプレッドシートにインポートする

管理画面からCSVファイルをエクスポートすると、このファイルは、コンピューターのネイティブテキストエディタでCSVファイルとして開かれます。別のテキストエディタを使用することもできますが、スプレッドシートプログラムを使用してCSVファイルの表示や編集するようお勧めします。

手順:

  1. Googleアカウントにログインします

  2. Googleスプレッドシートページで、新しいスプレッドシートを開始するセクションの [空白] をクリックします。

  3. 無題のスプレッドシートページから [ファイル] > [インポート...] を選択します。

  4. 編集するCSVファイルを見つけて選択します。

  5. [ファイルをインポート] ダイアログの [インポート動作][区切り文字][テキストを数字と日付に変換] で、任意のオプションを選択します。

  6. [インポート] をクリックします。

CSVは、アップロードすると次のような表示になります。

ここからCSVを編集できます。完了したら、Googleスプレッドシートから.csvファイル形式でエクスポートできます。

Googleスプレッドシートを使用してCSVファイルをエクスポートする

GoogleスプレッドシートでCSVファイルを表示または編集しているときに、ファイルをCSVファイルとしてコンピューターにエクスポートできます。

手順:

  • CSVのスプレッドシートページで、[ファイル] > [形式を指定してダウンロード] > [カンマ区切り値 (.csv、現在のシート)] を選択します。

    CSVファイルはダウンロードフォルダに表示されます。

CSVファイルのサンプルを入手する

商品のCSVファイルのサンプルをダウンロードして表示し、テンプレートとして使用できます。

  • サンプルファイルには、1つのサンプル商品と幾つかのバリエーションが含まれます。インポートファイルには、より多くの商品とバリエーションが含まれている可能性があります。サンプルファイルを使用して独自のインポートファイルを作成する場合は、すべてのサンプル商品を削除してください。

  • サンプルファイルには、Variant Inventory Qty列が含まれています。この列は、単一のロケーションを持つストアにのみ使用されます。複数のロケーションを使用していて、在庫数量をインポートまたはエクスポートする場合、在庫CSVファイルを使用してください。

商品のCSVファイル形式

商品のCSVの最初の行には、表に記載されているフィールドヘッダーを、同じ順序でカンマで区切って組み込む必要があります。ファイル内の後続の行には、使用する商品のデータが同じフィールドに同じ順序で含める必要があります。

Handle ハンドル名は各商品に固有の名前です。文字、ダッシュ記号、数字は使用できますがスペースは使用できません。ハンドル名は各商品のURLで使用されます。たとえば「女性用スノーボード」のハンドル名はwomens-snowboardで、商品のURLはhttps://yourstore.myshopify.com/products/womens-snowboardになります。

異なるハンドル名で始まるCSV内の行はすべて新しい商品として扱われます。商品に複数の画像を追加するには、同じハンドル名を持つ複数の行を追加する必要があります。

Title 商品のタイトル。例: 女性用スノーボード
Body (HTML) HTML形式での商品の説明。これはフォーマットせずプレーンテキストにすることもできます。
Vendor (最小2文字) 商品の販売元の名前。たとえばJohn's Apparel
Type 商品の種類。たとえばスノーボード
Tags (空白のままにすることができます) 商品にタグ付けするために使用されるタグをカンマで区切ったリスト。ほとんどのスプレッドシートアプリケーションでは、自動的にタグに引用符が追加されます。プレーンテキストエディターを使用している場合は引用符を手動で追加する必要があります。たとえば、"tag1, tag2, tag3"
Published 商品がオンラインストアで公開されているかどうかを示します。有効な値は、商品がオンラインストアに公開されている場合はTRUE、商品が非表示の場合はFALSEです。フィールドを空白のままにすると商品が公開されます。
Option1 Name 商品にオプションがある場合は、その名前を入力します。たとえば、

オプションが1つだけの商品の場合、Titleに設定してください。

Option1 Value 商品にオプションがある場合は、その値を入力します。たとえば、

オプションが1つだけの商品の場合、Default Titleに設定してください。

Option2 Name (空白のままにすることができます) 商品に2番目のオプションがある場合は、その名前を入力します。たとえば、サイズ
Option2 Value (空白のままにすることができます) 商品に2番目のオプションがある場合は、その値を入力します。たとえば、
Option3 Name (空白のままにすることができます) 商品に3番目のオプションがある場合は、その名前を入力します。
Option3 Value (空白のままにすることができます) 商品に3番目のオプションがある場合は、その値を入力します。
Variant SKU (空白のままにすることができます)

商品のSKUまたはそのバリエーション。在庫追跡サービスで在庫を追跡するために使用されます。

カスタムフルフィルメントサービスを使用している場合は、このフィールドを空白のままにすることはできません。

Variant Grams

グラム単位での商品または重量のバリエーション。測定単位を指定したり、小数点以下を使用したりしないでください。たとえば、5.125 kgの重量の場合は5125と入力します。

Shopifyは、別の単位を指定された場合でも、常に重量をグラム単位でインポートおよびエクスポートします。配送業者が計算した送料を提供する場合や、外部のフルフィルメントサービスを使用する場合は、正確な重量を使用してください。

Variant Inventory Tracker (空白のままにすることができます) バリエーションまたは商品の在庫追跡を含みます。有効な値には、shopifyshipwireamazon_marketplace_webが含まれ、在庫が追跡されない場合は空白です。
Variant Inventory Qty

商品またはバリエーションの在庫にあるアイテム数です。この列は、単一のロケーションを持つストアにのみ使用されます。

ストアが複数のロケーションで在庫管理を行っている場合、この列は含まれません。在庫数量をインポートまたはエクスポートする場合は、在庫CSVファイルを使用してください。

Variant Inventory Policy 商品またはバリエーションの在庫レベルが0に達した場合の注文の処理方法。有効な値はdenyまたはcontinueです。denyは在庫が0に達したときに販売を停止し、continueは在庫レベルがマイナスになるまで販売を継続します。
Variant Fulfillment Service

使用された商品またはバリエーションのフルフィルメントサービス。有効な値は、manualshipwirewebgistixamazon_marketplace_webです。カスタムフルフィルメントサービスを使用する場合は、この列にサービスの名前を追加します。カスタム名には小文字のみを使用してください。スペースは使用できないのでダッシュ記号 (-) に置き換えてください。ピリオドなどの特殊文字は削除されます。たとえばフルフィルメントサービスの名前が「Mr.Fulfiller」の場合、mr-fulfillerをCSVファイルに入力してください。

この列にサービス名を追加する前に、管理画面でカスタムフルフィルメントサービスを設定してください。

Variant Price 商品またはバリエーションの価格です。通貨記号は含めません。たとえば、9.99
Variant Compare at Price 商品またはバリエーションの「価格を比較」です。通貨記号は含めません。たとえば、9.99
Variant Requires Shipping (blank = FALSE) 配送を要求するオプション。有効な値はTRUEFALSE、または空白です。
Variant Taxable (blank = FALSE) このバリエーションに税を適用します。有効な値はTRUEFALSE、または空白です。
Variant Barcode (空白のままにすることができます) 商品のバーコード、ISBN、またはUPC。
Image Src (can be left blank)

商品画像のURLを入力します。Shopifyがインポート中に画像をダウンロードして、ストアに再アップロードします。これらの画像はバリエーション固有ではありません。[バリエーションの画像の列]にバリエーションの画像を指定してください。

画像がストアにアップロードされた後で画像ファイル名を変更することはできません。サフィックスが_thumb_small、または_mediumという名前の画像はアップロードしないでください。

Image Position 商品ページに表示する画像の順序を表す番号を入力します。画像は、画像位置の値が1から順に小さい順に表示されます。たとえば、最初に表示させたい商品画像には1を入力します。
Image Alt Text (空白のままにすることができます) alt属性は画像を説明するもので、商品説明の重要な部分です。なんらかの理由で画像を読み込めない場合は、代わりにalt属性が表示されます。また、視覚障害のあるお客様に画像を説明するための支援技術としても使用されています。alt属性を含むとウェブサイトのSEOが向上します。alt属性は簡潔かつ説明的にしてください。最大512文字ですが、125文字以下を推奨します。
Gift Card 商品がギフトカードであるかどうかを示します。有効な値はTRUE、またはFALSEです。この列を追加すると、本文やタグ列などの他のギフトカードの詳細を編集し、その変更をインポートすることもできます。ギフトカードを作成して有効にすることができるのは、管理画面だけです。商品CSVのインポートで最初にギフトカードを作成することはできません。
SEO Title SEOタイトルは、ページタイトルフィールドの検索結果のプレビューヘッダー下の商品の詳細ページにあります。SEOタイトルには70までの文字数制限(文字と数字)があります。商品をインポートするときにこのフィールドを空白のままにすると、フィールドに商品タイトルが自動的に入力されます。
SEO Description SEOディスクリプションは、メタディスクリプションフィールド検索結果のプレビューヘッダー下の商品の詳細ページにあります。SEOディスクリプションには320までの文字数制限(文字と数字)があります。商品をインポートするときにこのフィールドを空白のままにすると、商品ディスクリプションがフィールドに自動入力されます。
Googleショッピングのメタフィールド アプリによりGoogleショッピングのフィールドが使用される場合があり、それにより商品をGoogle Merchant Centerと同期できます。ただし、ShopifyのGoogleショッピングアプリでは、これらのメタフィールドを使用しません。このフィールドが必要であることをアプリが通知しなければ、このアプリの名前のGoogleショッピングを含む列のフィールドを無視できます。
Variant Image バリエーションの画像のURL。
Variant Weight Unit (can be left blank) 有効な値はgkglb、およびozです。このフィールドを空白のままにすると、バリエーションの重量単位kgです。
Variant Tax Code SHOPIFY PLUS

商品に税を適用するためのAvalaraのコード。このフィールドは、Shopify PlusAvalara AvaTaxとの統合を使用するストアにインポートする場合、またはエクスポートする場合にのみ適用されます。

Avalaraを使用するストアから商品をエクスポートしてCSVファイルを作成すると、[Variant Tax Code]フィールドが入力されます。このCSVファイルをAvalaraが設定されていないストアにインポートすると、インポートは失敗します。

Cost per item 商品やバリエーションにかかる費用です。通貨記号は含めません。たとえば、9.99

コレクション列の例外

CSVアップロード中に商品をコレクションに組み込むには、ヘッダー名Collectionで、CSVファイルの任意の場所に追加します。これは、フォーマットを崩さないCSVに追加できる唯一の列です。

Collection (新しい列を作成する必要があります。空白のままにすることもできます) この商品を追加するコレクションの名前を入力します。既存の自動コレクションの場合、商品がコレクションの条件を満たしている必要があります。そのコレクションが存在しない場合は、手動コレクションが作成されます。1つのコレクションにのみ商品を追加できます。

商品のCSVファイルを作成する

各商品について、それが単一の商品か、バリエーションのある商品かを判断する必要があります。

  • 単一の商品 (バリエーションなし)

    バリエーションのない商品をアップロードする場合は、最初の行に最初の画像のURLを入れ、商品のすべてのフィールド (前述) を入力します。次の行には追加画像ごとにハンドル名とURLを入力します。

  • バリエーションのある商品

    バリエーションのある商品をアップロードする場合は、最初の行に最初の画像のURLを入れ、商品のすべてのフィールド (前述) を入力します。続く行にはハンドル名を入力します。次に、Title、Body (HTML)、Vendor、およびTagsの各列は省略します。ほかのバリエーションの詳細と各画像のURLを記入してください。

すべての商品と画像を追加したら、LF改行を使用してUTF-8形式でCSVファイルを保存します。エンコーディングがよくわからない場合は、スプレッドシートまたはテキストエディタのドキュメントを参照してください。

CSVファイルのサンプルを表示するには、商品ページの [インポート] をクリックし、CSVテンプレートのサンプルリンクをクリックします。

画像を準備する

CSVファイルに含められるのは、テキストのみです。そのため、すべての商品画像が既存のウェブサイトにあることを確認する必要があります。画像URLは、CSVのインポート処理中にのみ使用されます (つまり、インポートが完了すれば削除できます)。

  • ファイルがコンピュータ上にある場合は、そのファイルをShopifyストアまたは別の画像ホスティングサービスにアップロードしてURLをリンクしてください。

  • 別のプラットフォームからShopifyに切り替える場合は、現在の画像URLをコピーしてCSVファイル内で使用できます。

  • Shopifyから商品をエクスポートして商品のCSVファイルを作成した場合、画像は既にウェブサイト上にあるので、何も行う必要はありません。

各商品画像のURLがある場合は、CSVファイルの作成を開始できます。

CSVファイルに複数の商品画像を追加する

管理画面へ画像をアップロードすることで、CSVに商品画像を追加できます。CSVファイルを使用してストアを構築する場合、プロセスが少し異なります。知っておくべきことは次のとおりです。

  • CSVファイルの編集方法を知っている必要があります。フォーマットしたバージョンのCSVファイルを表示するには、ShopifyではGoogleスプレッドシートの使用をおすすめしています。

  • 商品画像は一般にアクセス可能なURLにアップロードしてください。つまり、パスワード保護のないhttps://プロトコルに続くものです。そのための最善の方法は、管理画面のファイルページに画像をアップロードすることです。URLが自動的に生成されます。

ファイルをアップロードをクリックすると、数百枚の画像をまとめてアップロードすることができます。ファイルを選択しすぎると(通常300以上)アップロードに失敗する可能性があります。

複数の画像を追加するには、次の操作をしてください。

  1. 新しい行を挿入します (画像ごとに1つ) 。
  2. 「Handle」をコピーして貼り付けます。
  3. 画像URLをコピーして貼り付けます。

新しい行を挿入する (画像ごとに1つ)

  1. お手持ちのスプレッドシートソフトウェアでCSVファイルを開きます。ShopifyではGoogleスプレッドシートの使用を推奨しています。

  2. 画像を追加する商品を見つけます。この例では「黒と白のブレスレットパック」とします。

  3. 次の行で、行番号をクリックしてドラッグし、複数の行を選択します。追加する画像数と同じ数の行を選択します。

  4. これらの行を強調表示したまま、強調表示された領域内を右クリックして、上にX行を挿入を選択します。

    これで、画像を追加する商品の下に、3つの空行が作成されます。

「Handle」をコピーして貼り付ける

目的の商品の「Handle」をコピーし、新しい行の列Aに貼り付けます。

画像URLをコピーして貼り付ける

  1. ファイルページでShopifyに画像をアップロードします。

  2. 次に、一度に1つの画像URLを強調表示してコピーします。

  3. スプレッドシートソフトウェアに戻り、横にスクロールしてCSVファイルの最終列に移動します。

  4. "Image Src" (Image Sourceの略) の列の各行に、画像URLを貼り付けます。

  5. 商品のすべての画像に手順2〜4を繰り返します。

  6. (任意): 次の列の「Image Alt Text」の下にあるフィールドに入力して、SEOを向上させます。画像altテキストの詳細情報は、こちらをクリックしてください

その後、ファイルを保存してShopifyにインポートします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す