CSVファイルの使用

CSV (カンマ区切り値) ファイルを使用して、商品をShopifyストアにインポートし、ストアから商品をエクスポートします。CSVファイルを使用すると、多数の商品とその詳細を一度にインポートまたはエクスポートできます。この操作は、Shopifyと別のシステム間で多量の商品情報をやりとりする場合に役立ちます。

CSVファイルを開いて編集する方法について学びます。

CSVファイルのサンプルを入手する

商品のCSVファイルのサンプルをダウンロードして表示し、テンプレートとして使用できます。

  • サンプルファイルには、1つのサンプル商品と幾つかのバリエーションが含まれます。インポートファイルには、より多くの商品とバリエーションが含まれている可能性があります。サンプルファイルを使用して独自のインポートファイルを作成する場合は、すべてのサンプル商品を削除してください。

  • サンプルファイルには、Variant Inventory Qty列が含まれています。この列は、単一のロケーションを持つストアにのみ使用されます。複数のロケーションを使用していて、在庫数量をインポートまたはエクスポートする場合、在庫CSVファイルを使用してください。

商品のCSVファイル形式

商品のCSVファイルの最初の行には、表に記載されているフィールドヘッダーを、同じ順序でカンマで区切って含める必要があります。ファイル内の後続の行には、同じフィールドをまったく同じ順序で使用する商品のデータを含める必要があります。

列が空白で、CSVファイルをアップロードするときに同じハンドルを持つ商品を上書きすることを選択した場合、その列に関連するShopifyストアのデータが削除される可能性があります。詳細については、下の表を参照してください。

Handle

ハンドル名は商品ごとに固有の名前です。文字、ダッシュ記号、数字を使用できますが、スペースやその他の文字 (ピリオドを含む) は使用できません。ハンドル名は各商品のURLで使用されます。

たとえば「女性用スノーボード」のハンドル名はwomens-snowboardで、商品のURLはhttps://yourstore.myshopify.com/products/womens-snowboardになります。

異なるハンドル名で始まるCSVファイル内の行すべては新しい商品として扱われます。商品に複数の画像を追加するには、同じハンドル名を持つ複数の行を追加する必要があります。

Handle列を空白のままにすることや、欠落した状態にすることはできません。

Title

商品のタイトル。例: 女性用スノーボード

Title列を空白のままにすることや、欠落した状態にすることはできません。

Body (HTML)

HTML形式での商品の説明。これはフォーマットせずプレーンテキストにすることもできます。

Body (HTML)列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存の記載内容が削除されます。

Vendor (最小2文字)

商品の販売元の名前。たとえばJohn's Apparel

Vendor列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存の販売元名が削除されます。

Type

商品タイプ。たとえばスノーボード

Type列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存の商品タイプが削除されます。

Tags

商品にタグ付けするために使用されるタグをカンマで区切ったリストです。ほとんどのスプレッドシートアプリケーションでは、タグに自動的に引用符が追加されます。プレーンテキストエディタを使用している場合は、引用符を手動で追加する必要があります。たとえば、"tag1, tag2, tag3"などです。

Tags列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存の商品タグが削除されます。

Published

商品がオンラインストアで公開されているかどうかを示します。有効な値は、商品がオンラインストアに公開されている場合はTRUE、商品が非表示の場合はFALSEです。

Published列を欠落した状態にすることはできません。このフィールドを空白のままにすると、商品が公開されます。

Option1 Name

商品にオプションがある場合は、その名前を入力します。たとえば、

Option1 Name列を空白のままにすることや、欠落した状態にすることはできません。オプションが1つだけの商品の場合、この列にTitleを設定してください。

Option1 Value

この列の情報を変更すると、既存のバリエーションIDが削除され、新規バリエーションIDが作成されます。バリエーションIDの変更により、バリエーションIDに対するサードパーティの依存関係が壊れる可能性があります。

商品にオプションがある場合は、その値を入力します。たとえば、

Option1 Value列を空白のままにすることや、欠落した状態にすることはできません。オプションが1つだけの商品の場合、この列にDefault Titleを設定してください。

Option2 Name

商品に2番目のオプションがある場合は、その名前を入力します。たとえば、サイズ

Option2 Name列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存のOption2の名前が削除されます。

Option2 Value

この列の情報を変更すると、既存のバリエーションIDが削除され、新規バリエーションIDが作成されます。バリエーションIDの変更により、バリエーションIDに対するサードパーティの依存関係が壊れる可能性があります。

商品に2番目のオプションがある場合は、その値を入力します。たとえば、

Option2 Value列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存のOption2の値が削除されます。

Option3 Name

商品に3番目のオプションがある場合は、その名前を入力します。

Option3 Name列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存のOption3の名前が削除されます。

Option3 Value

この列の情報を変更すると、既存のバリエーションIDが削除され、新規バリエーションIDが作成されます。バリエーションIDの変更により、バリエーションIDに対するサードパーティの依存関係が壊れる可能性があります。

商品に3番目のオプションがある場合は、その値を入力します。

Option3 Value列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存のOption3の値が削除されます。

Variant SKU

商品のSKUまたはそのバリエーション。在庫追跡サービスで在庫を追跡するために使用されます。

カスタムフルフィルメントサービスを使用している場合は、このフィールドを空白のままにすることはできません。

Variant SKU列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存のVariant SKUが削除されます。

Variant Grams

グラム単位での商品または重量のバリエーションです。測定単位を指定したり、小数点以下を使用したりしないでください。たとえば、5.125 kgの重量の場合は5125と入力します。

Shopifyは、別の単位を指定された場合でも、常に重量をグラム単位でインポートおよびエクスポートします。配送業者が計算した送料を提供する場合や、外部のフルフィルメントサービスを使用する場合は、正確な重量を使用してください。

Variant Grams列を空白のままにすることや、欠落した状態にすることはできません。値が0の場合でも、値は必要です。

Variant Inventory Tracker

バリエーションまたは商品の在庫追跡を含みます。有効な値には、shopifyshipwireamazon_marketplace_webがあります。在庫を追跡しない場合、値は空白です。

Variant Inventory Tracker列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠けている列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、既存の在庫追跡オプションが削除され、在庫は追跡されなくなります。

Variant Inventory Qty

商品またはバリエーションの在庫にあるアイテム数です。この列は、単一のロケーションを持つストア以外では使用されません。

ストアが複数のロケーションで在庫管理を行っている場合、この列は含まれません。在庫数量をインポートまたはエクスポートする場合は、在庫CSVファイルを使用してください。

ストアにロケーションが1つしかない場合、Variant Inventory Qty列を空白にすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠けている列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、商品の既存の在庫数量が削除されます。

Variant Inventory Policy

その商品またはバリエーションの在庫レベルが0に達した場合の注文の処理方法です。deny在庫ポリシーが設定されたバリエーションは、その在庫レベルが0に達した後は購入できなくなります。continue在庫ポリシーが設定されたバリエーションは、その在庫レベルが0に達した後も購入でき、負の在庫レベルが許容されます。

Variant Inventory Policy列を空白のままにすることや、欠落した状態にすることはできません。

Variant Fulfillment Service

使用された商品またはバリエーションのフルフィルメントサービス。有効な値は、manualshipwirewebgistixamazon_marketplace_webです。

カスタムフルフィルメントサービスを使用する場合は、この列にサービスの名前を追加します。カスタム名には小文字のみを使用してください。スペースを使用できないのでダッシュ記号 (-) に置き換えてください。ピリオドなどの特殊文字は削除されます。たとえばフルフィルメントサービスの名前が「Joan's Fulfillment」の場合、joans-fulfillmentをCSVファイルに入力してください。

この列にサービス名を追加する前に、管理画面でカスタムフルフィルメントサービスを設定してください。

Variant Fulfillment Service列を空白のままにすることや、欠落した状態にすることはできません。

Variant Price

商品またはバリエーションの価格です。通貨記号は入れず、価格のみを入れます。たとえば、9.99などです。

Variant Price列を空白のままにすることや、欠落した状態にすることはできません。

Variant Compare at Price

商品またはバリエーションの「割引前価格」です。通貨記号は入れず、価格のみを入れます。たとえば、9.99などです。

Variant Compare at Price列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存の「割引前価格」が削除されます。

Variant Requires Shipping

配送を要求するためのオプションです。有効な値はTRUEFALSE、または空白 (FALSEに等しい) です。

Variant Requires Shipping列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。

Variant Taxable

このバリエーションに税を適用します。有効な値はTRUEFALSE、または空白 (FALSEに等しい) です。

Variant Taxable列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。

Variant Barcode

商品のバーコード、ISBN、またはUPC。

Variant Barcode列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存のバーコードが削除されます。

Image Src

商品画像のURLを入力します。Shopifyは、インポート中に画像をダウンロードして、ストアに再アップロードします。これらの画像はバリエーション固有ではありません。[バリエーションの画像の列] でバリエーションの画像を指定してください。

画像がストアにアップロードされた後で画像ファイル名を変更することはできません。サフィックスが_thumb_small、または_mediumという名前の画像はアップロードしないでください。

Image Src列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存の画像が削除されます。

Image Position

商品ページに表示する画像の順序を表す番号を入力します。画像は、画像位置の値が1から順に小さい順に表示されます。たとえば、最初に表示させたい商品画像には1を入力します。

Image Position列は空白のままにすることも、欠落した状態にすることもできます。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにある商品画像の既存の画像位置が削除されます。

Image Alt Text

代替テキストは画像を説明するもので、商品説明の重要な部分です。なんらかの理由で画像を読み込めない場合は、代わりに代替テキストが表示されます。また、視覚障害のあるお客様に画像を説明するための支援技術としても使用されています。代替テキストを含むとウェブサイトのSEOが向上します。代替テキストは簡潔かつ説明的にしてください。最大512文字ですが、125文字以下を推奨します。

Image Alt Text列を空白のままにすることはできますが、欠落した状態にすることはできません。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠けている列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存の画像代替テキストが削除されます。

Gift Card

商品がギフトカードであるかどうかを明示します。有効な値はTRUE、またはFALSEです。この列を追加すると、Body列やTags列などの他のギフトカードの詳細を編集し、その変更をインポートすることもできます。ギフトカードを作成して有効にすることができるのは、管理画面だけです。商品CSVファイルをインポートした後、最初はギフトカードを作成することができません。

Gift Card列は空白のままにすることも、欠落した状態にすることもできます。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存のギフトカード値が削除されます。

SEO Title

SEO Titleは、ページタイトルフィールドにある検索結果のプレビューヘッダーの商品詳細ページにあります。SEO Titleには70文字 (文字と数字) までの文字数制限があります。商品をインポートするときに、SEO Titleフィールドを空白のままにすると、フィールドに商品名が自動的に入力されます。

SEO Title列は空白のままにすることも、欠落した状態にすることもできます。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに [同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存のSEOタイトルが削除されます。

SEO Description

SEO Descriptionは、メタディスクリプションフィールドにある検索結果のプレビューヘッダーの商品詳細ページにもあります。SEO Descriptionには320文字 (文字と数字) までの文字数制限があります。商品をインポートするときに、SEO Descriptionフィールドを空白のままにすると、商品説明がフィールドに自動入力されます。

SEO Description列は空白のままにすることも、欠落した状態にすることもできます。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存のSEOディスクリプションが削除されます。

Googleショッピングのメタフィールド

アプリによりGoogleショッピングのフィールドが使用される場合があり、それにより商品をGoogle Merchant Centerと同期できます。ただし、ShopifyのGoogleチャネルでは、これらのメタフィールドを使用しません。このフィールドが必要であることをアプリが通知しなければ、このアプリの名前のGoogleショッピングを含む列のフィールドを無視できます。

Google Shopping Metafields列は空白のままにすることも、欠落した状態にすることもできます。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠けている列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存のメタフィールドが削除されます。

Variant Image

バリエーションの画像のURLです。URLを追加する場合は、機能する画像URLを追加する必要があります。

Variant Image列は空白のままにすることも、欠落した状態にすることもできます。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらのバリエーション用に使用される既存の画像が削除されます。

Variant Weight Unit

有効な値はgkglbozです。

Variant Weight Unit列は空白のままにすることも、欠落した状態にすることもできます。このフィールドを空白のままにした場合、Variant Weight Unitkgになります。

Variant Tax Code (Shopify Plus)

商品に税を適用するためのAvalaraのコードです。このフィールドは、Shopify PlusAvalara AvaTaxを統合するストアにインポートする場合、またはそのストアからエクスポートする場合以外には適用されません。

Avalaraを使用するストアから商品をエクスポートしてCSVファイルを作成すると、[Variant Tax Code]フィールドが入力されます。このCSVファイルをAvalaraが設定されていないストアにインポートすると、インポートは失敗します。

Variant Tax Code列は空白のままにすることも、欠落した状態にすることもできます。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存の税コードが削除されます。

Cost per item

商品やバリエーションにかかる費用です。通貨記号は入れず、費用のみを入れます。たとえば、9.99などです。

Cost per item列は空白のままにすることも、欠落した状態にすることもできます。この列を空白のままにし、CSVファイルをアップロードするときに、[同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠落している列には既存の値が使用されます。] をオンにすると、Shopifyストアにあるこれらの商品用に使用される既存の費用が削除されます。

コレクション列の例外

CSVファイルのアップロード中に商品をコレクションに組み込むには、ヘッダー名Collectionで、CSVファイルの任意の場所に新しい列を追加します。これは、フォーマットを崩さないCSVファイルに追加できる唯一の列です。

Collection (must create a new column, can be left blank) その商品の追加を希望するコレクションの名前を入力します。既存の自動コレクションの場合、商品がコレクションの条件を満たしている必要があります。そのコレクションが存在しない場合は、手動コレクションが作成されます。1つのコレクションにのみ商品を追加できます。

商品のCSVファイルを作成する

各商品について、それが単一の商品か、バリエーションのある商品かを判断する必要があります。

  • 単一の商品 (バリエーションなし)

    バリエーションのない商品をアップロードする場合は、最初の行に最初の画像のURLを入れ、商品のフィールドすべて (前述) を入力します。次の行には追加画像ごとにハンドルとURLのみを入力します。

  • バリエーションのある商品

    バリエーションのある商品をアップロードする場合は、最初の画像のURLとともに、商品のフィールドすべて (前述) を最初の行に入力します。続く行にはハンドル名を入力します。Title、Body (HTML)、Vendor、およびTagsの各列は省略します。他のバリエーションの詳細と各画像のURLを記入してください。

すべての商品と画像を追加したら、LF改行を使用してUTF-8形式でCSVファイルを保存します。エンコーディングがよく分からない場合は、スプレッドシートまたはテキストエディタのプログラムに関するドキュメントを参照してください。

CSVファイルの例を表示するには、この商品のCSVファイルのサンプルをダウンロードし、Googleスプレッドシートまたは別のスプレッドシートプログラムで開きます。

画像を準備する

テキスト以外をCSVファイルに含めることはできません。そのため、商品画像すべてが既存のウェブサイトにあるかどうかを確認する必要があります。それらの画像URLは、CSVファイルのインポート処理中にのみ使用されます (つまり、インポートが完了すれば削除できます)。

  • ファイルがコンピュータ上にある場合は、そのファイルをShopifyストアまたは別の画像ホスティングサービスにアップロードしてURLをリンクしてください。

  • 別のプラットフォームからShopifyに切り替える場合は、現在の画像URLをコピーしてCSVファイル内で使用できます。

  • Shopifyから商品をエクスポートして商品のCSVファイルを作成した場合、画像は既にウェブサイト上にあるので、何も行う必要はありません。

各商品画像のURLがある場合は、CSVファイルの作成を開始できます。

CSVファイルに複数の商品画像を追加する

管理画面に画像をアップロードすることで、CSVファイルに商品画像を追加できます。CSVファイルを使用してShopifyストアを構築する場合、構築プロセスが少し異なります。以下の点をご確認ください。

  • CSVファイルの編集方法を知っている必要があります。フォーマットしたバージョンのCSVファイルを表示するには、ShopifyではGoogleスプレッドシートの使用をおすすめしています。

  • 1つの商品に対して最大250枚までの画像を追加できます。

  • 商品画像は、一般にアクセス可能なURL、つまり、先頭にhttps://プロトコルが付いたパスワード保護のないURLのページにアップロードする必要があります。これを行うには、管理画面のファイルページに画像をアップロードします。するとURLが自動的に生成されます。[ファイルをアップロードする] をクリックすると、数百の画像を一括でアップロードすることができます。

複数の画像を追加するには、次の操作をしてください。

  1. 新しい行を挿入します (画像ごとに1つ) 。
  2. 「Handle」をコピーして貼り付けます。
  3. 画像URLをコピーして貼り付けます。

新しい行を挿入する (画像ごとに1つ)

  1. GoogleスプレッドシートなどのスプレッドシートプログラムでCSVファイルを開きます。

  2. 画像を追加する商品を見つけます。

  3. 次の行で、行番号をクリックしてドラッグし、複数の行を選択します。追加する画像数と同じ数の行を選択します。

  4. これらの行を強調表示したまま、強調表示された領域内を右クリックして、上にX行を挿入を選択します。

    これで、画像を追加する商品の下に、3つの空行が作成されます。

「Handle」をコピーして貼り付ける

目的の商品の「Handle」をコピーし、新しい行の列Aに貼り付けます。

画像URLをコピーして貼り付ける

  1. ファイルページでShopifyに画像をアップロードします。

  2. 次に、一度に1つの画像URLを強調表示してコピーします。

  3. スプレッドシートソフトウェアに戻り、横にスクロールしてCSVファイルの最終列に移動します。

  4. "Image Src" (Image Sourceの略) の列の各行に、画像URLを貼り付けます。

  5. 商品のすべての画像に手順2〜4を繰り返します。

  6. (任意): 次の列の「Image Alt Text」の下にあるフィールドに入力して、SEOを向上させます。画像の代替テキストの詳細情報は、こちらをクリックしてください

その後、ファイルを保存してShopifyにインポートします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す