Avalara AvaTaxによる税務サービス

Avalara AvaTaxは、税金の計算や記入処理を自動で行う、物品税のソフトウェアです。Avalaraにより、12,000か所を超える課税管轄地域の税率がリアルタイムで提供されます (Shopifyの税率は郵便番号に基づきます)。

プラス: Avalara AvaTaxは、Shopify Plusプランでのみ利用可能な有料サービスです。Avalaraがプランの一部であり、税務サービス税の設定ページに表示されない場合は、Shopify Plusサポートにお問い合わせください。

ストアがShopify PlusでAvalara AvaTaxのアカウントをお持ちの場合、プランのAvalara AvaTaxを有効化できます。有効にした後、管理画面でAvalaraを使用して、Shopify組み込みの税金のエンジンではなく、Avalaraのサービスを使用してストアの税金を請求できます。Avalara AvaTaxは、Shopify POS (Android/iOS版) にも対応しています。

以下の目的でAvalara AvaTaxを使用できます。

  • 12,000か所を超える管轄地域から正確かつ最新の税コードを取得する
  • 税金の規定を微調整してビジネスのニーズに合わせる
  • ビジネスの税金に関する正確なレポートを作成する

現在、Avalaraがプランの一部ではなく、追加したい場合は、Shopify Plusサポートにお問い合わせください。

税金の計算

税金の計算に使用するサービスは、販売に使用するチャネルおよび外部サービスでの設定によって異なります。特定の注文の税金を計算するために使用したサービスを確認するには、管理画面の注文管理ページから注文を開き、支払い済セクションで税金欄を見つけます。

  • 注文の税金をFacebookやAvalaraなどの外部サービスが計算した場合は、税金の横にツールチップ (ⓘ) が表示されます。ツールチップにカーソルを合わせて、税金を計算したサービスを確認します。
  • 注文の税金をShopifyが計算した場合、または課税されない場合、ツールチップは表示されません。

各種制限および既知の問題

  • Avalara AvaTaxアプリはVATに対応していますが、VATの免税には対応していません。Avalaraを使用してVATを計算できますが、免税に関する報告および返金に必要なVAT IDを収集することはできません。
  • アイテムの選択または数量の補充をせずに注文の金額を返金する場合、返金される税金の額は特定のアイテムには適用されず、AvaTaxコンソールでは返品ドキュメントが作成されません。
  • Avalara AvaTaxを使用する場合であっても、Shopifyの税の設定を行う必要があります。Avalaraが一時的に利用不可能となった場合、注文の税計算にはShopifyの税率が使用されます。
  • 一部の外部サービスではAvalaraに報告するため、注文情報が重複する場合があります。Avalaraに注文を報告するサービスをご利用の場合、Shopifyが重複して注文の報告をしないようにShopifyの設定を変更できます。管理画面で、[設定] > [税金] の順に移動してAvalaraの設定を開き、[AvaTaxにドキュメントを送信する] のチェックを外します。
  • Shopify ペイメントがテストモード期間中に行われた注文は、Avalaraによって計算されますが、Avalaraには情報が提供されず、Avalaraで表示されません。

詳しくはこちら

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す